• はてぶ
  • あとで
中世の世界へタイムスリップ。おとぎの国「ローテンブルク」の観光スポット10選

150以上もの観光街道があるドイツの中で特に有名な「ロマンティック街道」に位置するローテンブルク。中世の街並みをほぼそのまま残しているため「中世の宝石箱」とも称されており、美しくも可愛らしい街並みが訪れる人々の目を楽しませてくれます。今回はローテンブルクの観光スポット10選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ローテンブルク城壁

最初にご紹介するのは「城壁ウォーク」。ローテンブルクは全長約4.2kmに渡って城壁に囲まれており、その上を歩くことができます。元々は敵から街を守るために建設されたものなので、戦争当時の様子に思いを馳せながら美しい街の眺めを楽しむことができます。
いくつもある門や塔から上り下りが自由にできるので、城壁の上から気になる建物を見つけたら降りて近くで見てみたり…なんてこともできますよね。上の道と下の道では視点も変わって、たくさんの発見が待っているはず。人一倍満喫したい方はぜひ登ってみてください。

詳細情報

②プレーンライン

続いては、あまりにも可愛らしく、ローテンブルクで最も有名な風景とも言える「プレーンライン」。二つに別れた石畳の道路とその先にあるカラフルな家は必見のスポットです。中世の街並みをぎゅっと凝縮したかのような景観に写真を撮る手が止まらなくなりそうです。
レストランやお土産やさんなどが立ち並ぶこのエリア一帯もまた、どこに目を向けてもメルヘンで、まるで絵本の中に入り込んでしまったかのような感覚に。朝や夜など、人通りの少ない時間帯に訪れてみるのも趣があり、おすすめです。

詳細情報

  • Plönlein, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany
  • +499861404800

③ローテンブルク市庁舎

次にご紹介するのは「市庁舎」。こちらは周りの建物と一味違う秘密があります。建物正面がルネサンス様式、アーケードがバロック様式、展望台のある塔の部分がゴシック様式というように一つの建物に色々な様式が取り入れられているんです!
何よりおすすめなのが、市庁舎の塔の上から見渡すことのできる大パノラマ。220段程の階段を登った先には城壁に囲まれた中世ドイツの街並みが眼下に広がります。文句なしの絶景に圧倒されること間違いなしでしょう。

詳細情報

  • Markt 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber, ドイツ
  • +49 9861 40492

④マルクト広場

続いては、先ほどご紹介した市庁舎の目の前にある旧市街の中心「マルクト広場」。広場を囲うパステルカラーの建物が可愛いですよね。マルクトは「市場」という意味を持つことからも分かるように、決まった曜日に市場などが開かれたりして沢山の人々で賑わいます。
特に注目のイベントは、何と言ってもクリスマスの時期に開催されるクリスマスマーケット。大きなツリーやイルミネーションの暖かい光が広場を包み込み、人々を魅了します。普段からいる本物の馬車に加えてサンタクロースが登場したりと非日常の雰囲気が楽しめます。

詳細情報

  • Marktpl., 91541 Rothenburg ob der Tauber, ドイツ
  • +32 50 44 46 46

⑤市参事会酒宴館

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する