• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
シャッター切る手が止まらん。フィルム愛好家は神保町をこう歩く

フィルムカメラで収めたくなるのは、やはりレトロな街並みやグルメ。フィルターをかけたような写真の仕上がりは、懐かしい雰囲気をより際立たせてくれます。そんなスポットがたくさんの町、神保町の歩き方を今回はご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

フィルムカメラ片手に集合。

最近、懐かしい雰囲気やレトロさに惹かれてフィルムカメラの虜になる方も多いですよね。筆者もその魅力にやられてしまっています。フィルムカメラを手にしたら、ぜひ行きたいのがレトロな街並み。今回は、そんなレトロさが存分に感じられる神保町の歩き方をご紹介します。

詳細情報

  • 東京都千代田区神田神保町2-2
  • 03-3230-3657(駅事務室)

まずは腹ごしらえ。

ランチョン

神保町駅で集合したら、まずはお昼ご飯を食べに行きましょう!目的地は、神保町駅A5出口から出て、靖国通り沿いに徒歩約1分で到着します。こちらの「ランチョン」というお店は、なんと1909年創業の洋食店なんです。店名は当時常連だった学生がつけてくれたんだそうですよ。お店の背景まで素敵ですよね。
洋食店といえば定番メニューはオムライスですよね。流行に流されない昔ながらのフォルムが美しいです。シンプルな美味しさに改めて気づかされます。外観からメニューまで全てに老舗洋食店らしさが感じられ、シャッターを切りたいポイントが盛り沢山。

詳細情報

  • 東京都千代田区神田神保町1-6
  • 03-3233-0866

老舗画材店を散策。

お腹が満たされたところで、歩きながら様々なお店を見て回りましょう!こちらは、老舗画材店 「文房堂」です。1887年創業で、日本で初めて専門家用油絵具を開発・販売したお店なんだそう。2003年には「千代田区景観まちづくり重要物件」に指定されており、情緒あるこの外観はぜひフィルムで収めておきたいところ。
充実した画材の品揃えを見ていると、カメラだけでなく心に秘められたあなたのアートな情熱が刺激されるかもしれません。今回は、一店舗だけご紹介しましたが、近隣には書店をはじめとした歴史あるお店が軒を連ねています。ぜひ、ブラブラしながらいろいろなお店に立ち寄ってみましょう!

詳細情報

  • 東京都千代田区神田神保町1-21-1
  • 0332913441

夜ご飯まで抜かりなく。

さぼうる2

画材店から始まり、ブラブラ街歩きに疲れてきたタイミングで、早めの夜ご飯にしましょうか。明るい時間の方が写真も綺麗に撮りやすいですよね。夜ご飯の舞台は、1955年創業の「さぼうる2」という喫茶店。ザ・喫茶店な外観と個性的なメニューの数々が人気で、インスタグラムでもたくさんの素敵な写真が投稿されています。
ぜひ、注文したいのがこの「ナポリタン」。みなさん、驚かないでください。これは決して大盛りではありませんよ!サラダとセットでこのボリュームで¥1,000でお釣りが来るのですから、満足感がすごいです。これはフィルムで撮ったら、可愛いに違いありません!

詳細情報

  • 東京都千代田区神田神保町1-11
  • 03-3291-8405

レトロがたまらん。

いかがでしたでしょうか。今回は、フィルムカメラ好きの友達と巡りたい、神保町のおすすめスポットをご紹介しました。レトロな街並みはやはりフィルムとの相性抜群ですよね。ぜひ、素敵なスポットをどんどん開拓してみてください!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する