• はてぶ
  • あとで
居心地良すぎて帰りたくない。おしゃれで自慢したくなる京都のホテル9選

「観光も大事だけど、ホテル選びだって大事にしたい」「おしゃれなホテルでゆっくりくつろぎたい」そんな願いを叶えられる、京都のホテルを紹介します。「ただいま」と言いたくなるホテル、見つけてみませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① BnA Alter Museum / 京都市

まず最初にご紹介するのは「BnA Alter Museum」です。まるで泊まれる美術館。各部屋それぞれアートディレクターがデザインしたもので、多種多様な31種類用意されています。共通のコンセプトはなく、部屋ごとにがらりと雰囲気が変わります。
高円寺、秋葉原にも展開されており、宿泊費がアーティストに還元されるという応援にもなるんです。ホテル内にはバーやカフェラウンジもあり、交流の場としてにぎわいをみせます。作品やアートブックも販売されているため一期一会の出会いを体験できます。

詳細情報

② THE SCREEN / 京都市

次にご紹介するのは「THE SCREEN」です。こちらも13組のクリエイターがデザインをしたゲストルームが特徴。和モダンなデザインから写真のようなスタイリッシュな部屋まで多種多様。
こちらのお部屋は印象的な月が満ち欠けする演出があり、リラックスした時間を過ごすことができます。カフェラウンジ、バーなども用意されており、1日中ラグジュアリーな体験をることができます。

詳細情報

rakutenで見る

京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町640-1

3.14 03

③ サクラテラス ザ アトリエ / 京都

京都駅から徒歩およそ7分の場所にある「サクラテラス ザ アトリエ」は、無駄を省いたシンプルなデザインのホテルです。客室にあるのはベッドとテレビ、洗面台のみで、トイレは各フロアに1カ所あります。
1階には男女別の大浴場とシャワールームがあり、ラウンジではフリードリンクを楽しむこともできます。こじんまりとした客室ながらも、ゆっくりくつろげる空間になっていて、つい写真におさめたくなるような居心地の良いホテルです。

詳細情報

④ アンテルーム / 九条

九条駅から徒歩およそ5分の場所にある「ホテル アンテルーム 京都」は、学生寮をリノベーションして作られたホテルです。アート・カルチャー・和がコンセプトで、館内にはギャラリーや有名デザイナーによるコンセプトルームもあります。
客室はシンプルかつナチュラルなつくりで、落ち着ける空間となっています。すこし北欧テイストな客室が多いので、北欧好きな人におすすめです。朝食レストランや、豊富なドリンクを用意したバーもあり、アートを楽しみながら滞在できるのが魅力のひとつです。

詳細情報

bookingで見る

京都府京都市南区東九条明田町7 ホテルアンテルーム京都

3.85 15201

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ HOTEL SHE, KYOTO / 九条

九条駅から徒歩およそ3分の場所にある「HOTEL SHE, KYOTO」は、ミニマムでおしゃれなブティックホテルです。日本ではじめて、アイスクリームパーラーをホテルに併設しているほか、ホテルオリジナルのTシャツなどのかわいいアイテムも販売しています。
客室には、すべての部屋にレコードプレーヤーがあり、部屋ごとに異なるアートやクッションが置かれています。おしゃれな世界観の中でレコードを聴きながらゆっくりチルアウトできるはず。朝食もおしゃれと評判です。

詳細情報

jalanで見る

京都府京都市南区東九条南烏丸町16

3.65 472

⑥ ホテルカンラ京都 / 五条

「ホテルカンラ京都」は、五条駅から歩いて約1分の場所にあるデザインホテルです。京都伝統の技術を使った和モダンな雰囲気が特徴のホテルで、各客室に畳があって靴を脱いでくつろげるスタイルとなっています。
また、部屋にある浴槽は檜を用いて作ったもの。スパも併設されているので、ゆっくり体を休めたい人におすすめです。館内のレストランでは、京都の旬の食材を使った鉄板料理やイタリアンなどが楽しめます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する