• はてぶ
  • あとで
【開催中】【一時中止中】日本三大奇矯の一つ。山口県の「錦帯橋」にて幻想的なライトアップ開催

2021年8月6日(金)〜2022年1月16日(日)の期間に渡って山口県の観光スポット「錦帯橋(きんたいばし)」にてライトアップが行われます。 「錦帯橋」は山梨県の「猿橋」、富山県の「愛本橋」と並ぶ「日本三大奇矯」に数えられています。※8月11日より河川の増水の影響で一時中止となっています。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどから事前確認することをお勧めします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

錦帯橋のライトアップ開催!

開催期間:2021年8月6日(金)〜2022年1月16日(日)

2021年8月6日(金)〜2022年1月16日(日)の期間に渡って山口県の観光スポット「錦帯橋(きんたいばし)」にてライトアップが行われます。 「錦帯橋」は山梨県の「猿橋」、富山県の「愛本橋」と並ぶ「日本三大奇矯」に数えられています。
「錦帯橋」とは山口県岩国市にある五連アーチが美しい木造橋で、大きさは全長約200メートル、そして幅が5メートルの大きさ。さらにはこの大きさにも関わらず釘を一本も使っていないというから驚きです。石積みの柱と木で造られたその姿は圧巻です。
さらには建設されたのが約250年前の1673年。修復と改修を繰り返し今もなおその姿が残る歴史ある橋なのです。そんな「錦帯橋」のライトアップですが夏から冬と春の年に2回開催されます。今シーズンでオススメはやはり紅葉の見頃である11月ごろ。
紅葉を楽しむなら夜のライトアップももちろん幻想的なのですが、昼間の景色も見逃せません。菌体ばしの近くにある「紅葉谷公園」ではその名の通り美しい紅葉が赤く染まります。赤い紅葉と木造建築の錦帯橋のコントラストは美しい一枚の絵になります。

春の時期には夜桜も

また春のシーズンでは桜の開花時期に合わせてライトアップされます。周辺の公園には3,000本もの桜が開花するので見応えは抜群。錦帯橋の近くに駐車場が用意されていますが秋の紅葉の時期や桜のシーズンは混雑することが考えられるので注意が必要です。

詳細情報

■錦帯橋ライトアップ
開催期間:2021年8月6日(金)〜2022年1月16日(日)
開催場所:山口県岩国市 錦帯橋
※8月11日より河川の増水の影響で一時中止となっています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する