• はてぶ
  • あとで
ブレイクタイムこそエレガントに。まったりしたい贅沢カフェをレクチャー

カフェで過ごすのんびりとした時間が至福なひと時。ブレイクタイムこそ、贅沢に優雅な時間を過ごしたいですよね。そんな方におすすめしたい東京都内にある贅沢カフェをご紹介します。(なお、情報は執筆時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前に確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①OGAWA COFFEE Laboratory / 桜新町

まず最初にご紹介するのは、桜新町駅から徒歩3分ほどのところにある「OGAWA COFFEE Laboratory」です。京都発のこちらのお店が東京にもオープンしました。21種類以上のコーヒーを常備しているので、コーヒー好きの方に特におすすめです。
朝7:00のモーニングから夜22:00のディナーまで営業しているのが、嬉しいポイント。夜カフェとして利用するのもおすすめです。朝と夜の雰囲気とお料理の違いを楽しめますよ。コーヒーの種類に迷ったら、店員さんに聞いてみてくださいね。好みにあった豆を教えてくれますよ!

詳細情報

東京都世田谷区新町3-23-8 エスカリエ桜新町 1階

3.65 11245
最高すぎるモーニング

もう念願すぎて…超念願… 平日水曜日に朝10時前にお店に到着しましたが、待たずに入れました。 7:00-11:00のモーニングメニューでした。 2種類のパンを選んで、添えるものを選んで、ドリンクも選べるセットメニュー! 私が頼んだもの ◎フムスとお野菜のベジタブルトーストサンドレモン添え ◎ハイストロングブレンドをフラットホワイト 合計 ¥1490 ◎炭火焼きバタートースト&ブルーベリークリームチーズ ¥1160 まず…接客がすっっっっっっっごく丁寧です。 男性のバリスタさんが接客してくれたのですが、めちゃくちゃ丁寧に説明してくれて。 感動1。 カウンター席は目の前でコーヒーを淹れてくれるのでめちゃくちゃおすすめです。 説明しながら、抽出して素敵なラテアートまで。 でした。本当に可愛い。感動2。 そして肝心の味ですが、本当に全て含めてめちゃくちゃ美味しい、 フラットホワイトなので、きめ細かいフォームにクリーミーな味わい、だけど苦目だけどまろやかで、とっても飲みやすくて本当に美味しい。感動3。 サンドイッチは、野菜が甘い!!!野菜本来の味というか、本来より甘味が強くてしっかり野菜が主役で美味しいサンドイッチ。レモンをかけると倍美味しくなりました。結構ボリューミーです! 友達が食べていた、ブルーベリークリームチーズも天才でした。 パンは全粒粉の方を選びましたが大正解。サクッと軽いパン。でももっちりしていて。 それが濃厚なクリームチーズとめちゃくちゃ合う。 そして感動したのが、タイムの葉が入っててハーブがほんのり香る… これ絶対真似します。そのひねりは!ずるかったです…。感動4。 下北沢にある方よりもめーーーーーーちゃくちゃゆっくり過ごせて、 めーーーーちゃくちゃ接客が素敵だったので…ランチもカフェでも利用したいです。。。 平日だったので作業されている方が多くて一人でも利用しやすそうでした!(でも私はここのカフェの良さを共有したいので絶対友達を連れて行きたい)

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

OGAWA COFFEE LABORATORY のトースト

ランチに利用。 モーニングとギリギリの時間だった時に2組待ちくらいのところへ行ったら先にメニューを渡されてモーニングかランチどっちか選んでください、との事でした。 狭間の時間だと好きな方作ってくれそう。 でも2人いてそれぞれがモーニングとランチはダメで、グループ内で統一しなきゃダメです🙅‍♀️ フムスのベジタブルサンドとグラタン、デザートにプリンを。 斜めに焼き線が入ったTOLO PANのトーストは見るからにざっくりしてそうでヨダレが……🤤 野菜ははみださんばかりというかはみ出してて、サンドイッチの上面はぽろりと崩れるほど。 パン自体は美味しくて見た目もいいんだけど、見た目に反してパサつくというか香りが飛んでるというか微妙な焼きだった……😢 TOLO PANは大好きだからあのもっちり感を活かしてもらえたらいいなー。 あとなんだかξが味気なくて、サンドイッチのまとまりが薄かったかも。 期待値がやたら高かったってのもあるから、次はもっとニュートラルな気持ちで食べにきたい♡ プリンはレトロテイストなもったりねちっとしたタイプ。 他のメニューを今度は試したいな。 モーニングメニューのシンプルなトーストを食べてみたい!

②cafe TEIEN / 目黒

続いてご紹介するのは、目黒駅から徒歩6分ほどのところにある「cafe TEIEN」こちらは、東京都庭園美術館の中にあるカフェ。ガラス張りのカフェからは、美しい庭園を眺めながら優雅な時間を楽しめます。テラス席もあるので、暖かい日におすすめです。
こちらでいただえるケーキは、美術館内のカフェとは思えないクオリティ。宝石のようなキラキラとしたスイーツを堪能できますよ。ケーキの他にも庭園らしい和スイーツも幅広く揃っています。美術館を楽しんだ後、カフェでひと休みしてみてくださいね。

詳細情報

東京都港区白金台5-21-9 東京都庭園美術館 新館1階

3.21 235

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③D&DEPARTMENT PROJECT TOYO / 世田谷

続いてご紹介するのは、大井町線・九品仏駅から徒歩7分ほどのところにある「D&DEPARTMENT PROJECT TOKYO」です。こちらに併設されたカフェ「d食べる研究所」では、韓国風のシンプルなお洒落カフェとなっています。
お洒落なだけでなく、ランチでは、毎月テーマがあり47都道府県の郷土料理の定食を楽しめます。私たちの生活と強く結びつく食文化を考えるきっかけを作ってくれますよ。頭文字のdをかたどったクッキーとデザートまで楽しんでみてくださいね。

詳細情報

東京都世田谷区奥沢8-3-2 D&DEPARTMENT TOKYO 1階

- 09

④Ralph's Coffee Omotesando / 表参道

続いてご紹介するのは、表参道駅から徒歩5分ほどのところにある「Ralph’s Coffee Omotesando」です。人気ブランドのラルフローレンに併設されたカフェで、ラルフローレンらしい落ち着いた緑を基調としたクラシックな雰囲気が特徴的です。
クロワッサンなどのフードメニューからチョコレートケーキやキャロットケーキなどが充実しています。なかでもケーキは、ボリューム満点の大きさ。大満足できること間違いなしです。ドリンクには季節限定のメニューがあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

東京都渋谷区神宮前4-25-15 エスポワール表参道ビル

3.22 15203

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤Cafe Les Jeux Grenier / 南青山

続いてご紹介するのは、表参道駅から徒歩4分ほどのところにある「Cafe Les Jeux Grenier(カフェレジュグルニエ)」です。ひっそりと隠れ家のような雰囲気のあるこちらのお店は、落ち着いた大人の老舗喫茶店です。居心地は抜群です。
こちらでいただけるのは「オレグラッセ」や「ウィンナーコーヒー」など。デザートも「ガトーショコラ」や「プリン」など充実しています。デザートは売り切れてしまうこともあるので、早めに行くのがおすすめですよ。

詳細情報

⑥喫茶半月 / 蔵前

続いてご紹介するのは、蔵前駅から徒歩6分ほどのところにある「喫茶半月」です。こちらは、人気のお菓子屋さん「菓子屋シノノメ」の二階に併設された喫茶店。落ち着いた雰囲気のあるお店で、のんびりとリラックスできること間違いなしです。
こちらでいただけるスイーツがどれも絶品なんですよ!おすすめはシュークリームやロールケーキ。甘すぎないお味が上品で食べやすいのがポイントです。シュークリームは、季節によって味が変わるそうですよ!アンティーク調の喫茶店で、ほっこりひと休みしてみてはいかがですか。

詳細情報

東京都台東区蔵前4-31-112階

4.04 19245

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦珈琲とチョコレート 蕪木 / 蔵前

最後にご紹介するのは、蔵前駅から徒歩7分ほどのところにある「珈琲とチョコレート 蕪木(かぶき)」です。こちらは、こだわりの詰まった自家焙煎珈琲とチョコレートを楽しめるカフェ。シンプルだからこそ、奥深い香りや味を楽しめます。
店内は、少しくらい落ち着いたレトロ感のある空間。静かな空間は、隠れ家的な雰囲気があります。綺麗な二層になったドリンクは、「琥珀の女王」と呼ばれるもの。甘めの飲みやすい珈琲です。お一人で落ち着いた時間を過ごすのもおすすめですよ。

詳細情報

東京都台東区三筋1-12-12

3.67 540

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【珈琲とチョコレート 最高の隠れ家】

📍蕪木 @kabuki__ 〒111-0055 東京都台東区三筋1丁目12−12 👣 浅草線「蔵前駅」A3出口より9分 大江戸線「新御徒町駅」A4出口より9分 ⏰ 月:11:00-18:00(珈琲豆、チョコレートの販売のみ)
水木金:11:00-20:00
土日祝:9:00-20:00
定休日:火曜(祝日は営業) 🪑15席ほど 🙅‍♂️コンセント、Wi-Fi 漸く来れました。蔵前にある蕪木さん。 一度来た時は、臨時休業だったので、今回も入れるかどうか心配でしたが無事。 階上にご案内され、扉を開くと広がる薄暗い静寂な空間。 控えめな声量で案内され、1人掛けの席に着く。 羚羊(かもしか)という深煎りを頂くことに。 猛暑日ではありますが、温かい珈琲を。 大変上品な舌触り。 珈琲という、少し刺激のある飲み物にも関わらず、とてもまろやかで舌上で溶けていくような柔らかさ。 超一流の珈琲職人がネルドリップで淹れる洗練された珈琲。 僕の想像をはるかに凌駕する。 甘味も併せて。チョコレート。 珈琲に合うものをおまかせで頂くことに。 少々苦く、加えて酸を感じるような風味。 珈琲の苦味との調和に舌鼓を打ちました。 珈琲を堪能しながら読書を。 洋書を携行したが、和書にすべきだったと後悔。 雰囲気にそぐわない気がした。 だが悪くない。これもまた一興。 撮影は手元のみ数枚許可をいただけたので一枚だけ。 写真と言葉だけでは形容できない珈琲とチョコレート、そして空間。 “素晴らしい” この一言に尽きます。 ごちそうさまでした。

いかがでしたか?

いかがでしたか?今回は、東京都内でまったりとできる贅沢カフェをご紹介しました。エレガントな時間を過ごせるカフェでひと休みしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する