古着と雑貨で満足しないで!「下北沢」で食す魅惑のカレーたち

下北沢といえば何でしょう?古着、雑貨、バンド…などといったサブカルな街と連想する人が多いのではないでしょうか。もちろんそうなのですが、下北沢は実はカレー屋さんがたくさんあることでも有名なんです!丸一日いても飽きないこの街で食べるのは、そう、カレーしかない。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ひと癖もふた癖もある唯一無二の味…。

下北沢で食べるカレーは、これまでに家庭や学校で食べてきたオーソドックスなカレーとは大違い。ご飯が黄色かったり、2種類以上のルーがかかっていたり、はたまた独特のスパイスが効いていたり、と想像の斜め上をゆくのです。奥深いカレーの世界にはまってしまいますよ。

般°若

一瞬「!?」となる黒いカツ。

はじめにご紹介するのは『般°若(ぱんにゃ)』というお店です。お店の名前からしてユニークすぎるこちら、カレーも気になる見た目をしていますね。この「マハーカツカレー」には、サラサラとして赤みがかったルーにターメリックライス、そしてカツを覆う真っ黒な衣の正体は…何とイカスミ!

食べやすいスパイスカレーならここ。

スパイスカレーではありますが、辛さは選べる上に程よいので女性や辛いのが苦手な方でも◎。他にもチキンカレーやキーマカレーがあります。キーマカレーのひき肉にはスパイスがしっかりと染み込み、深い味わいがやみつきになってしまいます!

詳細情報

般°若

東京都世田谷区北沢 2-33-6 スズキビル 1階

3.20 762
うまし

東京で2番目にカレー激戦区はやはり下北沢ではないでしょうか。 この街だけでカレーの百名店何店舗あるんや!ってくらい激戦区です。 そんな下北沢で長く愛される人気カレー屋『般゜若(ぱんにゃ)』さんへ行ってきました。 ▽---------------------▽ ○店名: 般゜若 PANNYA CAFE CURRY ○食べログ評価3.71(2024/03/03時点) ○下北沢駅徒歩5分 ○予算¥2,000/1人 ○東京都世田谷区北沢2-33-6 スズキビル1F ○Instagram→@pannyacurry ○営業時間 [月火] 11:30~15:30 [木~日]11:30~15:30/17:30~22:00 ※定休日:水曜日 ※現金決済のみ △---------------------△ 【予約可否】 予約不可 【混雑状況】 日曜日14:45訪問で店内満席。 店内で待ちます。 【オススメ利用シーン】 同僚、友人、恋人、1人 【注文】 ◆チキンとキーマのカレー ¥1,380 【感想】 いやはや、大満足である! チキンカレーは小麦粉を使わないシャバシャバ系カレー。 キーマはマトンを使用。水分をしっかり飛ばして旨味が凝縮されたドライキーマスタイル。 チキンカレーだけでも美味しいっちゃ美味しいが、どこか物足りなさを感じるものの キーマを合わせるといきなりとんでもなく深い味わいになる面白さ。 アチャールの旨味とシャキシャキ食感もまた良し。 また、こちらは俳優の松尾貴史さんがオーナーを務めているそうです。カレー好きな芸能人って多いですね。 ごちそうさまでした! しっかりがっつり美味しかったです。

カレーの惑星

見た目から惚れる。

続いては『カレーの惑星』をご紹介。こちらは下北沢の中でも言わずと知れた名店なんです。目をひくビジュアルとたしかな味が客足を途絶えさせません。真ん中に丸く盛られたご飯とまわりにかけられたルーが、惑星のように見えてかわいらしいですよね。

いろんな方向からおいしい、楽しい。

ルーは、定番が3つと日替わりが1つの計4つから選ぶことができ、2種がけも可能。一度に2つの味が楽しめる2種がけはお店のおすすめにもなっています。絶品のカレーだけでなく、お酒にも合うスパイシーなポテトサラダや、チーズ・たまごのトッピングもあり、何度も通いたくなるポイントがたくさん!

詳細情報

カレーの惑星

東京都世田谷区北沢3-34-3石川荘1階

3.42 9122
ちっぽけな宇宙

ーSoup Curry心 や 純手打ち 麺と未来 など下北沢の有名店が一挙に並ぶ大通りの奥に、“惑星”が或るのは学生の頃から知っていた。カメラ屋さんの看板の下に作られた宇宙は、ガラス張りになっていて時折アートのようなカレーが覗く。2016年の創業以降、野菜や食用花を使用してお皿の上に作るスパイシーな惑星が下北沢のカレーブームを牽引してきた。このお店ではインドやタイなど様々な国の要素を取り入れた多国籍カレーを提供しており、名物はトマトの酸味とスパイスが病みつきになる「合挽肉のスパイシー焦がしキーマ」。 ◆場所 下北沢駅から徒歩6分 ◆営業時間 11:30 ~ 19:30(L.O.) 日曜営業 ◆定休日 年末年始 ◆混雑状況 平日の夜に足を運びました。 19時半前後に閉店となるようで、19時15分ごろに到着したところ、快く迎えてくれた。 ◆本日は【2種盛り(濃厚えびカレー× 合挽肉のスパイシー焦がしキーマ)】(¥1480)+【スパイシーたまご】(¥110)+【チーズ両方トッピング】(¥200)を注文。 近くを通りがかるとスパイスの香りが鼻腔を抜けるのでずっと気になっていたが、満天の星空の一粒みたいに知らない方が綺麗かもな、なんて想いから長年敢えて足を運んでいなかった『カレーの惑星』に初来店。 今回は【濃厚えびカレー】と【合挽肉のスパイシー焦がしキーマ】の2種盛りをオーダー。 バーナーを炙る音、香ばしい匂い。 カレーを待っている間もスパイスの香りが空腹を刺激する。「もう出来たかな」、と思わずワクワクしてしまう。子供になった気分だ。 まず【濃厚えびカレー】は、食べ始めにバターチキンカレーのような濃厚さとコク深さが舌先に衝撃を与える。甘くて旨くてシンプルに美味しい、これだけでもかなり満足度が高いが、後からガツンとしたスパイスが世界の中に自然と飛び込んでくるから中毒性がある。バーナーで炙ったチーズの香ばしい食感もカレーのルウと相性が良く、内側に潜む海老は生の食感が舌鼓みを打つ味わいだった。 ご飯の上には苺が乗っていたり、副菜のヨーグルトソースの中には林檎が入っていたりフルーツが入っているのもオリジナリティがある。 続いて【合挽肉のスパイシー焦がしキーマ】。こちらはキーマの香ばしく凝縮された旨みと、とろりとしたチーズが重なりスプーンがどんどん進むカレーだ。焦がしキーマというと塩辛い先入観があったが、スパイスが効いているのにバランスが取れていて旨み濃厚。ご飯に合わないわけがない....! 特筆しておきたいのが【スパイシーたまご】。 やや硬さのある白身にとろりと流れる半熟の黄身。たまご自体にしっかり味がついているだけでなくソースが下に引かれていたり、食用花で彩られたその見た目はトッピングというよりもサイドメニューのよう。そのまま食べても美味しいし、カレーと合わせるとまろやかさが生まれる。 キャロットラペや、シャキシャキの豆の煮物など副菜も最後の一杯まで美味しく感じられるトリガーだった。久々にこんなにタイプのカレーと出会った。とても美味しかった。

Rojiura Curry SAMURAI 下北沢店

北海道の本格派が東京でも。

次は『Rojiura Curry SAMURAI(ロジウラカリィ サムライ)下北沢店』をご紹介。こちらは札幌に拠点を置くスープカレーのお店。北海道名物スープカレーの有名店であり、東京にも5店舗進出しています。野菜やチキンなどのゴロゴロとした大きい具が食欲をそそりまくりますね…!

もりもり、満腹、けどヘルシー。

特に人気なメニューが「チキンと一日分の野菜20品目」というもの。名前の通り野菜が20種類も入っているんです!色鮮やかな野菜がてんこ盛りなので、かなりのボリュームですがとってもヘルシーでしかも満足感が素晴らしいんです。ルーはコクがあってじんわりとスパーシーで、スプーンが止まりません…。

詳細情報

Rojiura Curry SAMURAI 下北沢店

東京都世田谷区北沢3-31-14

3.78 19118
FROM SHIMOKITA

下北沢で最も有名なスープカレー店のひとつ。北海道から下北沢へ進出したスープカレー店の中でも殊に「カレー食堂 心」と「Rojiura Curry SAMURAI」は瞬く間にチェーン展開し現在は様々な場所で食べることができる。スープは化学調味料や小麦粉・油を一切不使用で栄養満点。ゴロゴロとした大きな野菜は北海道産。日本のスープカレーの代表的存在です。 ◆場所 下北沢駅から徒歩7分 ◆営業時間 [平日] 【ランチ】 11:00 ~ 15:30(L.O. 15:00) 【ディナー】17:30〜21:30(L.O. 21:00) 日曜営業 ◆定休日 年末年始 ◆混雑状況 平日の夜に足を運びました。 15分ほど待ちました。 ◆オススメは【侍まつり】(¥1815)+スープ変更【マイルドココナッツ】(¥100)を注文。 Rojiura Curry SAMURAIは店の前に発券機が置いてあり、順番が来ると電話に自動音声の案内が掛かってくる仕組み。 このお店は野菜にこだわりがあり、北海道士別市・名寄市を中心とした契約農家から取り寄せている。一番人気は「一日分の野菜20品目」カレー。しかし、【侍まつり】を強く勧める。 【侍まつり】は野菜12品目に加えて、好きなトッピングを3つ選べるお得なセット。本日は【侍ざんぎ】、【エビ】、【カニクリームコロッケ】をチョイス。普段は辛いカレーをよく食べるが、このお店ではマイルドココナッツスープに辛さ0で甘々にして食べるのがおすすめ。 スープカレーは人参、ゴボウ、オクラ、キクラゲ、パプリカ、キャベツ、ピーマン、カボチャ、ナス、レンコン、大豆、ブロッコリーと野菜が豊富。マイルドココナッツスープにすると、ココナッツジュースのようなまろやかな味わい。驚くほど大きいゴボウは片栗粉でとろりとした食感も感じられるのが嬉しい。またひとつひとつの野菜が大きく、特にキクラゲの大きさには驚くものがある。素揚げしたブロッコリーの満足度も高い。そしてトッピングの侍ザンギは大きめの唐揚げが二つもついている。肉質も申し分ない。また新登場のカニクリームコロッケはサクッとした表面にとろりとしたカニクリーム。カレーによく合う。エビは小海老が3粒ほど。牡蠣などもメニューの中にあったのでそちらを頼むのも良いなと思った。

北沢カレー食堂 茄子おやじ

気取らない安定のおいしさ。

続いてご紹介するのは、『北沢カレー食堂 茄子おやじ』というお店。またもやシモキタらしいユニークな名前のお店です。こちらでいただけるのは、あまりくせがなく王道感のあるカレー。しかし家では再現できない、甘み、辛さ、そしてうまみが全部感じられる絶品ですよ。

盛り付けもお皿もキュート。

“おやじ”なんていうワードが入っていますが、お店はナチュラルでレトロな雰囲気。カレーもルーはぶっかけ型なのになぜかおしゃれさを感じませんか?食べ終わったあとにはこんなお茶目なイラストが顔を出すので、余計に食べる手が早まりますね。

詳細情報

北沢カレー食堂 茄子おやじ

東京都世田谷区代沢5-36-8アルファビル1階

3.31 550
茄子おやじ〜さらば青春の光さん大絶賛の名店!

本日は都内、下北沢にございます 茄子おやじをご紹介。 【住所】〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目36−8 アルファビル 1F 場所は下北沢駅より徒歩5分ほど。 【感想】 さらば青春の光さんのYouTubeチャンネル「裏さらば」でも取り上げられていた超名店! 初めて行きましたがめちゃくちゃ美味しかったです。 ファーストインプレッションはたま甘めな印象でしたが、食べ進めるとだんだん辛さを感じてきました 大満足なカレーでした。 近々必ずまた行きますw ------------------------------------------------------ @foodfantasista インスタの方で毎日投稿にて、日本各地の名店をご紹介しています! エリアは東京都内が多く、価格帯は1,000〜3,000円ぐらいの高コスパなお店が得意です。 ぜひフォローやいいね!をお願いいたします🤭 お店のPRや、「この辺りでおすすめなお店知りませんか?」等の質問もメール•DMで承ります。 お問合せをお待ちしております! [Around 19:00 every day] Introducing famous stores that you can enjoy on a daily basis. For inquiries regarding PR, etc., please email us! ------------------------------------------------------ #下北沢 #都内 #茄子おやじ #下北 #カレー #名店 #グルメ #都内グルメ #渋谷区 #シモキタ #さらば青春の光 #食べログ #裏さらば #東京グルメ #グルメ好きな人と繋がりたい #japan #tokyo #food #japanesefood #instafood #インスタフード #seafoodcurry #ランチ #foodstagram #meet #飯テロ #meetstagram #foodie #カレー好きな人と繋がりたい

旧ヤム邸 シモキタ荘

シモキタ有数の人気店。

最後にご紹介するのは『旧ヤム邸シモキタ荘』。絶品カレーを4店ご紹介してきましたが、こちらは特に筆者のおすすめです!行列も仕方なしのこちらでは、予想もしない味のカレーがいただけます。魚やフルーツが入っていたり、山椒やコショウが効いていたりと、味の想像がつかないというのが正直なところ…。

予想もつかないおいしさ。

ルーの見た目も変わった色や形状なので最初はおそるおそるかもしれません。しかし一口食べてびっくり、本当においしいのです。こんな味になるんだ、という意外性と、基本の味となっているスパイスのうまみが抜群。なんとも言い表し難いおいしさなのでとにもかくにも足をはこんでみてください!

詳細情報

旧ヤム邸シモキタ荘

東京都世田谷区代沢5-29-9 ナイスビル1階

3.60 17133
下北屈指のスパイスカレー。

(味の感想は★からです) 今回のお店は【旧ヤム邸 シモキタ荘】さん。 下北沢にある人気スパイスカレー屋さん。 大阪のスパイスカレー筆頭。2017年に下北沢にオープンしてから現在まで変わらぬ人気店。 ウッディーな景観はカフェのような空間。 ウェィティングボードに記帳もできるし、時間指定も快く承諾してもらいました。 私は【全がけ】をオーダー。旧ヤム邸さんは月替わり?のカレーが3種類。その中からあいがけか全がけを選びます。 ちなみにお米も選べて、私は玄米を選択。 玄米はGABA玄米ライスと呼ばれる初耳の代物。 「スパイスカレーにあう特別な玄米」 の謳い文句に一般消費者である私はまんまと乗せられてしまった。ワクワク。 メニューを見るとかなり趣向を凝らされたカレーばかりで楽しみだ。 ちょっと一息ついていたらカレー到着。 様々なスパイスの香りが私の目を曇らせる。美味しそうだ。 どうでも良いが、店員さんが全員めっちゃ接客が柔らかくてめっちゃ良い。語彙力を失うほどには居心地が良い。 それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・旧ヤム邸 シモキタ荘11月カレー 全がけ   1350円 ・ほうれん草のマスタード和えと食べる発酵白菜と干しエビのアジ感鶏キーマ 鶏キーマらしいさっぱりとした旨味とスパイスとの調和が見事。まさにこの名前の通りほうれん草がかなり良いアクセントになっている。ほうれん草の仄かな塩味や苦味や甘味が、一気にスパイスカレーとご飯との相性を引き上げてくれる。 ・紫芋と林檎のサワーなディップのせ カボチャとムキ栗の和SOY ポークキーマ こちらもベースは実直にポークキーマらしく、豚の強い旨味と比較的強いスパイス感が光る。 時折顔を出す栗やカボチャのほんのりとした甘さもGOOD。 こちらもカレーの上に乗っているディップがとても良い仕事。かなり甘め(あくまで素材本来の)のサワークリーム(で良いのかな?)が強いスパイス感と上手くマッチしていてしっかりとスパイスが効いているのに、どこか食べやすさも感じる。遊び心の中に、しっかりとしたバランス感覚。 ・柿のクリームチャツネ添え バルサミコ酢と軟骨で煮込むロースト牛豚キーマ  シンプルに一番肉の旨味が強く、一番はっきりとスパイス感を感じる。 さすがにこの牛豚キーマだけだと少し辛くなりそうだが、そこはしっかりと考えられていて、他のカレーと交互に頂くことで牛豚キーマのパンチも際立つ。 途中ヤムカレースープをかけて全部を混ぜてセルフねこまんま。これはこれで美味い。 3種類ともお味がかなりしっかりしているので、もしかしたらパクチーみたいな箸休め的なとのがあるとより楽しめるかも。次回はパクチートッピングにしよう。 あと、個人的にGABA玄米ライス、めちゃくちゃ好みでした。かなりお米自体が香ばしくて、少し玄米っぽい癖があるものの、私はそれが堪らなかった。 確かにスパイスカレーとの相性が素晴らしく、特に鶏キーマのようなあっさりテイストのカレーに良く合う印象。 ご飯の上のアチャールもただの飾りではなく、しっかりと甘く美味しい。 かなり細かいところまで気を遣っているお店だなぁって思いましたね。あと店員さんがみんな良い人。これ大事。 それではごちそう様でした。 とても美味しかったです。

今度のシモキタはカレーがメイン。

知る人ぞ知るカレーの街・下北沢で食べられる珠玉の品々、いかがだったでしょうか。意外性のある見た目に興味をそそられた方も多いのでは?ユニークなだけでなく確実においしいのでどのカレーもお試しの価値ありです!(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する