• はてぶ
  • あとで
カルボナーラ好き、大集合!都内の絶品カルボナーラ5選

濃厚で、クリーミーなカルボナーラが好きな人は多いのではないでしょうか?都内にはカルボナーラを食べることができるオシャレなお店がたくさんあるのです。そこで今回はカルボナーラを食べることができるお店を5選ご紹介いたします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

お腹いっぱいカルボナーラを食べたい

モッチモチの麺に、濃厚なパスタのソースがたまらないカルボナーラはファンが多いのではないでしょうか?都内には、わざわざ食べに行きたいお店がたくさんあります。皆さんもぜひ、次回の参考にしてみてくださいね。

生カルボナーラ専門店 / 明治神宮前

専門店で味わうカルボナーラ

まず最初にご紹介するのは、「生カルボナーラ専門店」です。こちらは店名になっている通り、カルボナーラの専門店でなんと言ってもこちらの特徴は、麺です!モッチモチの平打ち麺は、歯応えが抜群なのです。

トッピングで味変も。

濃厚なソースと卵黄が絡まり、まろやかな味わいになります。自分でトッピングを乗せることもできるので、カルボナーラといえども幅が広がりますよ。カルボナーラ好きにはたまらない専門店ならではの味わいを楽しむことができます。

詳細情報

アクセス : 明治神宮前駅から徒歩6分
予算 : ¥1,000~¥1,999
予約 : 不可

麺散 / 明治神宮前

うどん専門店でもカルボナーラ

続いてご紹介するのは、「麺散(めんちらし)」です。カルボナーラはパスタだけではなく、うどんでも味わうことができるのです。こちらの麺散はうどんの専門店。店内は明治神宮前らしいスタイリッシュでオシャレな雰囲気です。

醤油ベースで食べやすい

たっぷりのバターと濃厚なチーズが醤油ベースのソースとよく合います。厚切りのベーコンは旨味がたっぷりです。コシの強い麺なので食べ応えは抜群ですよ。和風テイストのカルボナーラなので、最後まで飽きずにいただくことができます。

詳細情報

アクセス : 明治神宮前駅から徒歩5分
予算 : ¥500〜2,000
予約 : 不可

東京都渋谷区神宮前6-13-7

3.94 18227

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

Sento Bene / 外苑前

海外風オシャレイタリアン

続いてご紹介するのは、「Sento Bene(セントベーネ)」です。席数が多いこちらは、シックで大人な雰囲気でまるで海外に来たかのような気分を味わうことができます。こちらでいただくことができるのはこだわりが詰まっている一品。

本格派の濃厚パスタ

こちらでいただくことのできるパスタは、チーズやたまごなど、素材の味を感じることができるカルボナーラになっています。ソースがたっぷりかかっているのが嬉しいですね。雰囲気が良い場所でいただくパスタは格別です。

詳細情報

アクセス : 外苑前駅から徒歩5分
予算 : ランチ¥1,000~¥1,999 ディナー¥4,000~¥4,999
予約 : 可
tabelogで見る

東京都渋谷区神宮前3-1-28 ベルタウン青山 2階

3.46 222

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

カルボ / 浅草

もっちり、香ばしい麺

続いてご紹介するのは、「カルボ」です。こちらは、メニューが4種類のみのパスタ専門店になっています。こちらの特徴は、茹でた麺を炒めるので香ばしい味がするのです。歯応えのあるパスタなので食べ応えは抜群です。

ボリューム満点のカルボ

4種類のパスタの中でも人気のメニューが、店名にもなっている「カルボ」です。クリーミーなソースに歯応えのある麺が絡みます。サイズも大、中、小ありトッピングも種類豊富!ガッツリ食べたい方におすすめです。

詳細情報

アクセス : 浅草駅から徒歩7分
予算 : ¥650〜2,000
予約 : 不可

東京都台東区浅草3-42-6 大島ビル1階

3.30 113

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

VIA Brianza / 麻布十番

大人な雰囲気のイタリアン

続いてご紹介するのは、「VIA Brianza (ヴィア ブリアンツァ)」です。高級感あふれる店内は、デートや記念日にぴったりな大人な雰囲気。そんなこちらは、本格的なイタリアンをいただくことができます。

たまごの旨味をしっかり味わう

こちらでいただくことができる、ローマ風濃厚卵のカルボナーラスパゲティはたまごの旨味をしっかりと感じることができます。たっぷりとかかった胡椒がアクセントになっていますよ。上品な味のカルボナーラをこちらで味わえます。

詳細情報

アクセス : 麻布十番駅から徒歩1分
予算 : ランチ¥1,000~¥1,999 ディナー¥6,000~¥7,999
予約 : 可

東京都港区麻布十番2-17-8 パークIビル1階

3.41 245
素晴らしい接客のイタリアンランチ

(味の感想は★からです) 今回のお店は【VIA Brianza】さん。 麻布十番にありますは、コスパの良いイタリアンが頂ける人気のレストラン。 基本的に予約は必須。 一人だと食べログのweb予約からは、予約できませんが、電話でなら対応していただける様です。優しみ。 時刻は12時ごろ。 予約無しでお店に向かうと、席は満席。 ですが、テラスなら大丈夫ですよ!とのことなので、寒空の中ではありましたが、お外で頂くことに。 私は【ピッコロコース】をオーダー。 前菜は【スペシャリテ トリュフと卵のオーブン焼き(+500円)】 パスタは【ローマ風 伝統のカルボナーラ】 デザートは【ティラミス】を頂くことに。 私みたいなコミュ障が評価していいものではないとは思いますが、店員さんの接客が皆さん素晴らしいですね。ちょうど良い距離感。気さくさ。過ごしやすいことこの上ない。 注文してひと段落していたら、フォカッチャとザッポリーネと呼ばれる揚げパン到着。 それではいただきます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★ ★・ピッコロコース 1800円 ・フォカッチャ、ザッポリーネ ザッポリーネは磯辺揚げの様なテイスト。 サクサクで噛み締めるたびに、ジュワッと磯の香りが。かなり美味しい。 フォカッチャはみっちりとしたスタンダードタイプ。 のちのちに残して、パスタのソースを掬うと良し。 ・前菜 スペシャリテ トリュフと卵のオーブン焼き(+500円) グラタンに半熟卵、上からたっぷり黒トリュフを削って頂く。 トリュフの香りと芳醇な味わい、半熟卵をしっかりと絡めて頂くオーブン焼きは500円の贅沢ではありません。あっさりとした味わいですが、満足感が高い一品。 ・ローマ風 伝統のカルボナーラ たっぷり濃厚ソースが絡まった王道なカルボナーラ。程よい塩気とチーズ感、少し硬めなパスタの茹で加減と、一切隙のないカルボナーラ。 味わいのバランスが非常に良くて、フォークがマジで止まらない。 本当に一瞬で完食。不思議なもんだぜ。 ・デザート ティラミス ふわふわクリーミーなティラミス。 ティラミスってコーヒー感の強いものを連想しますが、こちらのティラミスは甘さがしっかりと主張していて、クリームのふわふわ感が堪りません。 ちなみにホットコーヒーとの相性がやばいので、ティラミス食べる人は是非コーヒーと一緒に。 途中、店内の席が空いたのですが、すぐに私を店内に案内してくれました。 正直あとデザートだけだったので、申し訳ないなぁって思ってましたが、店員さんのご厚意が嬉しかったですね。結局店内で、冷え切った体も回復しました。ありがたい限りです。 素晴らしいお料理と素晴らしい店員さんの接客。 これが1800円なんですから。そりゃ予約しないと無理に決まってるでしょってなりましたね。ステキなお店です。 麻布十番店の他にも六本木店や、最近だと渋谷にも系列のお店ができたのだそう。是非みなさんも行ってみて下さいまし。 それではごちそう様でした。 美味しかったです。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

いかがでしたか?

いかがでしたか?濃厚で、まろやかな味のカルボナーラはいくらでも食べられそうですね。今回は都内でカルボナーラを食べられるお店を5選ご紹介いたしました。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する