• はてぶ
  • あとで
【終了】緑感じる究極の贅沢空間。ふふ熱海 別邸「木の間の月」誕生

2021年4月20日(火)、ふふ 熱海のプライベート性をさらに究極に追及した、滞在型・究極のスモールラグジュアリーリゾート、ふふ熱海 別邸「木の間の月」が誕生します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ふふ熱海 別邸「木の間の月」誕生

開業日:2021年4月20日(火)

2021年4月20日(火)、ふふ 熱海のプライベート性をさらに究極に追及した、滞在型・究極のスモールラグジュアリーリゾート、ふふ熱海 別邸「木の間の月」が誕生します。「ふふ」といえば、奈良や日光などに昨年開業し、大きな話題を呼びましたよね。
上層階でも地に根づく緑、木漏れ日、地、風を感じることができるよう、全室にプライベートガーデンテラスを備えているそう。テラスに直接植樹される四季折々の数十種類にもなる木々や草花が、光を反射し、きらりと壁に映し出す光景は、空の高さを改めて実感できる特別な空間を創出します。
お食事どころでは、鮨の匠が近海の獲れたての海鮮で腕をふるいます。4つのカウンターがあり、席はハイバックチェアでプライベート性を保っています。酒器や料理を盛る器も厳選し、ふふの味わいを一層際立てているそうですよ。宿泊する方は、チェックイン前にランチ利用することも可能です。(11:00~13:30L.O)
温泉は、ふふ 熱海と同じ自家源泉を引いた露天風呂を備えていますが、これまでとは違い、まるで外と一体になったかのような造りになっています。幻想的な月明かりを楽しみながら、温泉に入るという贅沢な時間が過ごせますよ。

また一歩先の贅沢へ

いかがでしたか?青空と温泉、シャンパンと読書、風とお昼寝、初川のせせらぎ、鳥の声と目覚めのコーヒーなど、ふふ 熱海から進化させた機能や客室が用意されたこちらのスポット。是非、究極のスモールラグジュアリーリゾートに足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細情報

■ふふ熱海 別邸「木の間の月」
開業予定日:2021年4月20日(火)
所在地:静岡県熱海市水口町11-48
お部屋:全6室 3タイプ
料金:¥110,000~ ※1泊2食付

静岡県熱海市水口町11-48

写真を投稿する
3.08 00

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する