• はてぶ
  • あとで
広島で感じる春の訪れ。「縮景園」で楽しむ梅の花

例年広島県広島市にある「縮景園」では2月の上旬〜3月上旬までの1ヶ月間梅の花が見頃を迎えます。園内に にある19種類、146本の梅が植えられており、これは広島市で最大規模です。桜よりも早く楽しめる春の風物詩をぜひ楽しんでみてはいかが?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

春を感じる梅の花

見頃:例年2月上旬から3月上旬頃

例年広島県広島市にある「縮景園」では2月の上旬〜3月上旬までの1ヶ月間梅の花が見頃を迎えます。園内には19種類、146本の梅が植えられており、これは広島市で最大規模です。桜よりも早く楽しめる春の風物詩を楽しみに足を運んでみてはいかが?
「縮景園」とは1620年に作られた大名庭園であり、2020年で400年を迎えました。広島という中国地方の中心地にありながら都会の喧騒を忘れさせてくれる豊かな自然が広がっています。
「縮景園」へのアクセスは広島駅から路面電車に乗り白島線電車「縮景園前」で下車。またおすすめの水上タクシーを利用してみてはいかがですか?広島駅前と縮景園、平和記念公園を結ぶものもあるので観光地巡りにもおすすめです。
園内の中心にある「清風館」は茅葺き屋根で作られた美しい日本建築で、梅の花との相性もバッチリ。普段は入ることができませんが、季節のイベントで開催される「茶会」などで使われます。
そのほかにも「明月亭」や「夕照庵」など園内には見所がたくさん。季節によって姿を変える「縮景園」はちょっとした散歩におすすめ。観光客だけでなく地元の方もぜひ春の訪れを感じてみてくださいね。

詳細情報

■縮景園の梅
見頃:例年2月上旬〜3月上旬
場所:広島県広島市 縮景園

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する