• はてぶ
  • あとで
心ときめく私のおうち時間。1月の自粛期間を充実させるためのTo Doリスト

ようやくお出かけできるようになったと思いきや、再びの自粛期間。おうち時間にも慣れてきたとは言え、2度目のステイホーム期間となると、どこか退屈してしまいますよね。今回は2度目となるステイホーム期間を充実させるために行いたい1月のTo Doリストをまとめてみました。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認されることをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

家で過ごす平凡な毎日

緊急事態宣言が出た1月。年明け早々に再び自粛期間に入ることとなりました。おうち時間にも慣れてきたとはいえ、友達や恋人と気軽におでかけし辛くなり、ちょっとした楽しみがなくなってしまった人も多いと思います。これから家での時間をちょっとだけ心ときめくものに変えるためにやりたいことを紹介していきます。

①おうちカフェを開く

日常の空間がおしゃれなカフェに

休日カフェ巡りが好きだったという方は、おうちカフェを開いてみてはいかがでしょう?ただ普通にごはんを作るのではなく、見た目や盛り付け方、お皿などにちょっとした手間を加えることで、ただのごはんからカフェごはんへ様変わりします。

あの味を再現してみよう

何を作ればいいか分からない方は、人気カフェの‟再現メニュー”に挑戦してみてはいかがでしょう?既に行ったことがあるカフェや、気になっているカフェのメニューに見た目から寄せていけば、簡単におしゃれなカフェメニューを作ることができます。おうちカフェで優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

②お取り寄せグルメで食事を豊かに

おうちで楽しむ贅沢グルメ

おうち時間となると、どうしても自炊か近隣のお店のデリバリーに頼りがち。2度目の自粛期間となると、レパートリーが無くなってしまってもう飽きてしまった人も多いのではないのでしょうか?そんな時はお取り寄せをしてみることをおすすめします。お肉や海鮮、お店の味など様々なメニューをおうちで楽しむことができますよ。

日本各地の味を使い慣れた皿の上で

お取り寄せグルメの良さは、家にいながら日本全国の名産を味わうことができる点です。筆者おすすめのやえやまファームの「南ぬ豚 網脂ハンバーグ」は、パイナップルを食べて育った希少な石垣島産アグー豚を使用したハンバーグです。旅行することはできませんが、食卓だけでもプチ旅行気分を味わってみてはいかが?

詳細情報

沖縄県石垣市崎枝屋良部556-111

写真を投稿する
3.03 00

オンラインショップはこちら

③アロマキャンドルを焚いてみる

穏やかに香る上質な香り

在宅ワークが続き、公私を分けることが難しく感じている方も多いのではないのでしょうか?家にいても仕事モードになってしまうという方は、アロマキャンドルを焚いてみてはいかがでしょうか?心地よい香りに癒されておうちモードに切り替えましょう。

癒しのキャンドルの揺らぎ

キャンドルの火の揺らぎには、リラックス効果があると言われています。間接照明と共にキャンドルを灯し、リラックスタイムを過ごしてみましょう。家が職場となった今、なかなか仕事とプライベートを切り替えられないという方は、香りで気分を切り替えてみてはいかが?

④ヨガで体を動かす

運動不足に陥りがちな自粛期間

緊急事態後、在宅ワークに切り替わった方も多いでしょう。通勤する手間が省けた一方で、家にこもりっぱなしになり、動く機会が減ったと感じませんか?そこで運動不足を解消させるために、自室でもやりやすいヨガをはじめてみてはいかがでしょう?

新しい日常の新しい習慣

ヨガ初心者という方であっても、ヨガマットとスマホひとつあれば始めることができます。今は動画サイトなどでもヨガ講座動画が沢山公開されていますので、それらを参考に初めてみてはいかがでしょうか?慣れてきたらテレビ見ながら行うなどの‟ながらヨガ”を日々の生活にも取り入れてみることをおすすめします。

⑤手芸で自分だけの作品を作る

世界に一つだけの‟モノ”作り

おうち時間、なにか生産的なことをやりたいという方は、手芸にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?裁縫や刺しゅうなど様々なものがありますが、手芸大好き筆者のおすすめは編み物です。毛糸と編み針だけあればだれでもつくることができるので、初心者にもおすすめです。

自粛明けに向けた作品作りも

何を作ろうか迷う方は、まずは帽子から挑戦してみてはいかがでしょう?シンプルなデザインであれば、基本的な編み方でサクサク編むことができます。何より出来上がった作品を実際に身に付けることができるので、出来上がった後も楽しむことができます。自分好みの毛糸を見つけたら、自粛明けに被りたい帽子を作ってみませんか?

⑥プロジェクターで映画館気分

大画面で楽しむ映画の世界

おうち時間、映画などを見て過ごす方も多いと思います。今ではスマホやパソコンでも映画を楽しめるようになりましたが、プロジェクターを導入して壁一面に映し出せば、映画館に来たかのようなワクワク感を味わいながら映画を楽しむことができます。

オタ活もワンランク上に

映画だけでなく、コンサートなどもプロジェクターで映し出すと、より大画面で楽しむことができます。オタ活したくともなかなか直接会うことができないこのご時世。大画面で配信コンサートやDVDを見れば、パソコンやテレビなどで見るときとはまた違う臨場感を味わうことができるでしょう。この機会に導入してみてはいかが?

⑦手紙を書いてみる

デジタルの時代にアナログを

友達や大切な人に連絡を取る時はSNSで連絡してしまうデジタル時代。こんな時代だからこそ、たまには手紙を使ってメッセージを伝えてみてはいかがでしょうか?ちょっとした近況や思いを、時にはイラストなどを交えながら筆にしたためてみてはいかがでしょう?

温かみが伝わるメッセージ

昔であれば年賀状で手書きメッセージを友達に送っていた人も多いと思いますが、SNSの普及により年賀状すら出さなくなった方は、ぜひ年賀状代わりに心温まるお手紙を書いてみましょう。時間があれば封蝋にも挑戦して、受け取る人がワクワクするようなものを出してみましょう。

自粛期間を充実させよう

1月の自粛期間を充実させるためのTo Doリストはいかがでしたか?おうち時間に飽きてしまった方は、これらのTo Doリストを参考に、何気ない毎日にちょっとした楽しみを作ってみてはいかがでしょうか?外出できない時間を有意義に過ごすことができますように。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

marroncreamもんぶらんおいしい

このまとめ記事に関して報告する