• はてぶ
  • あとで
【終了】国際的な蘭の祭典!東京ドームで「世界らん展2021-花と緑の祭典-」開催

「世界らん展2021-花と緑の祭典-」が、2021年3月25日(木)~31日(水)の7日間、東京都文京区の東京ドームシティ プリズムホールで開催されます。チケットは世界らん展公式ホームページ及びセブンチケットにて2月16日(火)より発売です。今回は、「いつにない春、いつもの幸せ」をテーマに、春を迎え、変わることなく咲き誇る蘭の美しさに包まれる「いつもの幸せ」をお届けします。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式サイトなどを事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「世界らん展2021-花と緑の祭典-」開催

開催期間:2021年3月25日(木)~31日(水)

「世界らん展2021-花と緑の祭典-」が、2021年3月25日(木)~31日(水)の7日間、東京都文京区の東京ドームシティ プリズムホールで開催されます。チケットは世界らん展公式ホームページ及びセブンチケットにて2月16日(火)より発売です。今回は、「いつにない春、いつもの幸せ」をテーマに、春を迎え、変わることなく咲き誇る蘭の美しさに包まれる「いつもの幸せ」をお届けします。
今回は世界らん展で初めて、春に咲く日本の蘭「えびね」を特集するそう。数百本のカラフルな「えびね」がカーブを描いて並ぶ「スプリング“蘭”ウェイ」は、えびねのお花畑を歩くような春気分が味わえる今回の目玉展示です。また、世界に数株しか存在しない100万円の価値があるえびねや、花が1円玉の半分程度の世界最小のえびねなども展示します。
春に咲く、日本の蘭「えびね」とは、日本に自生する蘭の一種で地下茎がエビのように見えることからえびね(海老根)と名づけられました。その見た目や花色、香りなど品種ごとの特徴の違いが、えびねの魅力です。

前回の展示作品(世界らん展2020会場内)

さらに、フォトスポットとして毎年大人気の、蘭で埋め尽くされたウェルカムゲート「オーキッド・ゲート2021」を始め、美容家IKKO氏が美の世界へ誘う「IKKO美の扉」などの作品も展示します。今年のテーマは“私が想うメイク・ルーム”。赤をベースにした洋風のメイク・ルームには、私物のドレスや着物、コスメなどがスタイリッシュに展示されます。蘭とのコラボレーションをお楽しみください。

前回の展示作品(世界らん展2020会場内)

さらに、ダイナミックで華麗な「フラワーアーティストの世界」にも注目!日本を代表するフラワーアーティストが独自の世界観で構成した作品をお見逃しなく。ダイナミックさと華麗さが融合した空間に浸ることができます。国際的な蘭の祭典を要チェックですよ。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式サイトなどを事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

■世界らん展2021-花と緑の祭典-
会場      :東京ドームシティ プリズムホール
         (東京都文京区後楽1-3-61)
開催期間    :2021年3月25日(木)~31日(水) 会期7日間
開催時間    :9:00~18:00 (26、27日は21:00まで開催)
入場料金    :1,500円(税込)
         ※日時指定入場制(30分毎)※保護者同伴の小学生以下無料
チケット販売場所:世界らん展公式ホームページおよびセブンチケット
3.06 14

公式ホームページはこちら

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する