• はてぶ
  • あとで
琵琶湖のほとりで快適ステイ。「グランドーム滋賀高島」オープン

2021年4月28日(水)、琵琶湖を間近に感じる全6室のグランピング施設「グランドーム滋賀高島」がオープンします。全室琵琶湖を臨むお部屋にはプライベートガーデン、プライベートキャンプファイヤー、プライベートバーなどを備えており、アクティビティをお部屋内で楽しめる新たなグランピングスタイルを体験できますよ。(なお情報は記事公開時点のものです。詳しくは、事前に公式ホームページなどで確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

琵琶湖のほとりに「グランドーム滋賀高島」誕生

オープン日:2021年4月28日(水)

2021年4月28日(水)、琵琶湖を間近に感じる全6室のグランピング施設「グランドーム滋賀高島」がオープンします。
お部屋は全部で3タイプ。2ベッドタイプ、4ベッドタイプ、8ベッドタイプで用途によって使い分けられ、カップルなど少人数での利用から大人数グループ利用まで対応しています。
悪天候でも安心な半室内の食事棟を完備。お箸や食器類はもちろん、キャンプ用のクッカーなども用意してあるので、食材持ち込み派でも安心です。また食事棟には、プライベートバーがあり、ビールなどアルコール類をゆっくりと楽しむことができますよ。
お部屋にはプライベートガーデン、ファイヤーピットを備えており、焚き火づくり体験や珈琲焙煎体験など様々なアクティビティを体験することもできるんです!
地元滋賀県産の食材をふんだんに使ったグランピングBBQにも注目。滋賀県のブランド和牛の近江牛、琵琶湖産ビワマス、地元産の野菜など地元食材をふんだんに使用した豪華なラインナップとなっています。食事は自分たちで作りたいという方は、『素泊り・食材持込み』で滞在することも可能です。
また、こちらの芝生広場の中心に位置する直径約10mの透明なドーム型テントは漫画や雑誌なども読めるカフェ&バーなんです。タブレット端末を設置しており、気軽に読みたい本や漫画などを楽しめ、ドリンクはコーヒー、ジュース等のソフトドリンクやアルコール類まで無料で用意してあります。

琵琶湖の自然を満喫して

いかがでしたか?穏やかな琵琶湖のほとりでのんびり自然を感じつつ、手ぶらで来ても快適に贅沢ステイが楽しめるこちらのグランピング施設。家族や友達、恋人などの大切な人と一緒に訪れて、是非楽しい思い出をつくってくださいね。

詳細情報

■グランドーム滋賀高島
オープン日:2021年4月28日(水)
所在地:滋賀県高島市永田1-19
棟数:6棟
料金:11,800円~(素泊まり利用時:1人・税別)
食事料金:夕食8,000円~、朝食1,500円~ (1人・税別)
チェックイン/アウト:15時/10時
  • 滋賀県高島市安曇川町下小川2248-2(白浜荘オートキャンプ場内)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する