• はてぶ
  • あとで
金沢を堪能し尽くす3日間!女子旅で行きたい金沢2泊3日プラン

女子旅の定番でもある石川県の「金沢」。旅行プランとしては1泊2日で組まれることが多い金沢ですが、あえて2泊3日でその魅力を余すことなく楽しめるプランを筆者の実体験を元にご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【8:00】東京駅から新幹線で金沢へ

東京から金沢へは、新幹線一本で行くことができます。東京から行く場合、新幹線の所要時間は約3時間と長めなので、観光を楽しむなら朝早めに新幹線に乗るのがオススメですよ。金沢ではバス移動が主なので、着いたらフリーきっぷを購入しましょう。
東口にある、伝統和楽器のひとつである鼓をモチーフにした駅のゲートはとても有名ですよね。実際に行ってみると、想像以上の迫力があり見応え抜群です。着いた記念に是非とも写真を撮りたいスポットです。

詳細情報

【12:00】近江町市場の「いきいき亭」で海鮮ランチ

荷物をホテルに預けたら、早速金沢グルメをいただきましょう。近江町市場には、金沢の有名な海鮮丼やお寿司のお店がたくさんあります。中でもオススメなのが「いきいき亭」。ここでは地魚ばかりを使用した海鮮丼をいただくことができるんです。
海鮮丼は定番のお魚から、その時初めて食べるような珍しいお魚まで様々な種類の海鮮が使用されています。お店は非常に人気なため、待ち時間が発生することもしばしばありますが、電話で呼び出してくれるので待っている間は市場の見学ができますよ。

詳細情報

石川県金沢市青草町88 近江町いちば館 1階

3.55 13127
金沢の地物を使用した絶品海鮮丼!!!

【いきいき亭 近江町店】金沢 (食べログ評価:3.69) 接客も海鮮の味もNo1のお店です! 金沢で取れたての海鮮を堪能することができる海鮮丼の有名店です😋 ★味 石川の地物が使われた14種類の豪華な海鮮丼🐟 希少なクエや甘エビ、寒ぶりなど金沢の新鮮なお刺身を酢飯と共に堪能し、また早朝にとれたてのあじを使ったお味噌汁も絶品です😋 ★メニュー 今回は「いきいき亭丼 ローカル」(2,200円)を注文しました📝 その他にマグロやズワイガニを使用した「いきいき亭丼 ワールド」(3,300円)や1,000円代で堪能できる「ミニ金沢丼」(1,600円)があります🤤 ★お店 2009年4月にオープンし、開店時間が7時からなので早朝から食べることが可能😆 カウンターが10席しかない小さなお店なのですが、お店のホスピタリティーはすごくいいです!!! 海鮮丼のネタの説明やご飯の量などを丁寧に聞いてくれます🍽 金沢の地物を使用した絶品の海鮮丼を!金沢の近江町市場に行った際は是非!!! ★店舗情報★ 🚃【最寄駅】金沢駅(徒歩10-15分) 🏠【住所】石川県金沢市青草町88 近江町いちば館 1F 💰【予算】2,000-3,000円 🍽【評価】食べログ:3.69 Google:4.2 🕛【営業時間】 7:00~15:00

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【14:00】「花恋」で着物を借りて街歩き

お昼を食べてお腹がいっぱいになったら、バスで移動して着物のレンタル屋さんに向かいます。「花恋」は、女子旅に人気の着物レンタルショップ。定番の和柄から、モダンな着物、レトロなレース着物まで多くの種類の着物が取り揃えられています。
着物や髪飾りを選ぶ時間から、とても楽しいです。迷った時は、お店の人が親身になってアドバイスしてくれるので、是非頼ってみてください。ヘアセットをやってもらうことができるプランもありますよ。着付けが終わったら、お待ちかねの街歩き。

詳細情報

石川県金沢市兼六元町2-4

3.07 032

【15:30】日本三名園「兼六園」を見学

着物を着た街歩きでは「ひがし茶屋街」などが人気ですが、あえてオススメしたいのが「兼六園」。レンタル場所から近い割に比較的空いているので、写真を気兼ねなく撮って楽しむことができる上、近くのカフェも待たずに入ることができます。
兼六園は東京ドーム2個分以上の広さを誇っており、とても見ごたえがあります。季節によって表情に変化があるのも魅力ですね。3月には梅の花が咲いており、付近はお花の良い香りが漂っていました。園内には休憩所もあり、お団子や甘酒をいただくことができます。

詳細情報

【18:00】「赤玉」で金沢おでんの夜ごはん

着物を返したら、そろそろお腹が空く頃。片町までバスで移動して「赤玉」へ向かいます。赤玉は、金沢おでんの名店です。席が満席になることも多いので、気持ち早めの来店がオススメですよ。おでんはお任せのセットで頼むこともできますし、単品で注文することもできます。
様々なおでんの具がそろう中で、絶対に注文したいのがお麩です。むっちりとした食感が楽しい生麩や、大きくてふわふわの車麩など、お麩だけでも複数種類があるんですよ。他の都道府県ではなかなかお目にかかれないので、是非この際に食べてみてください。

詳細情報

石川県金沢市片町2-21-2

3.65 13157
お目当ての品がある方は早めの来店を。

開店前に伺ったら、既に行列。開店後は、順番に機械で整理券を発券して順番待ちをします。 順番的にすぐ入れるのでは?と思ったら、甘かった。1時間ちょっと待ちました。発券したら、順番直前に帰ってくればいいので、周囲を散策して待ちました。 18時すぎに入店した段階で、お店の名前にもなっている「赤玉」は売り切れていました。滞在中も、売り切れが次々と出ていました。お目当ての品がある人は、早めの時間に来店した方がよさそうですね。 おでんいろいろ頼みましたが、中でも美味しかったのは、えび真丈。ふわもちで美味しかった。金沢おでん、手始めに有名店から行っていて3店目。出汁の違いとか細かいことはよくわからないですけど、ここのおでん美味しかったですよ。 一品料理も居酒屋並みにたくさんあります。 赤玉風どて焼。市内このお店以外でもどて焼を食べましたが、金沢のどて焼って豚肉なんですね。ここのは、串全部が豚肉でした。味噌、酒粕味が強く、お酒がすすみそうなやつ。私は下戸ですが、こういうの好きです。 (ちなみに、地元愛知だと、どてと言ったら、牛すじやモツの赤味噌煮込みです。) 牛すじ煮込み。醤油系で、深みのある味でした。これも美味しい。 焼きおにぎり。表面ぱりっぱりでした。 食べそびれたものもあるし、美味しかったのでまた伺いたいです。 ちなみに、今回は当日伺って順番待ちをしましたが、予約もできるそう。予約席は2階、カウンター席と座敷席があるようです。 今回は1階。だいたいがカウンター席ですが、小上がり(うろ覚えですが、2卓か3卓ありました)にしてもらいました。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2日目

【9:00】「angolo caffe」で美味しいコーヒーとパンの朝食を

2日目の朝は9時から。ホテルの朝食をいただくのも良いですが、外で食べるなら「angolo caffe(アンゴロカフェ)」がオススメ。町家を改装したこちらのカフェは、歴史とおしゃれが融合していてとても良い雰囲気。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

14Fleurコーヒーとお散歩が好きです。マイブームは高級食パン。

このまとめ記事に関して報告する