• はてぶ
  • あとで
【開催中】幻想的な炎を描いた作品。「チームラボプラネッツ」にて新たな2作品が登場!

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、炎を描いた2つの作品《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と《憑依する炎》が、2021年4月7日(水)から登場します。燃焼によって発生する光や熱の現象である「炎」が、燃焼する気体の分子の動きによって描いた線の集合体として表現されています。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「チームラボプラネッツ」にて新2作品登場!

展示期間 : 2021年4月7日(水)〜

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、炎を描いた2つの作品《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と《憑依する炎》が、2021年4月7日(水)から登場します。燃焼によって発生する光や熱の現象である「炎」が、燃焼する気体の分子の動きによって描いた線の集合体として表現されています。
《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》は、屋外に展示されたパブリックアートで、入館の有無に関わらず、どなたでも鑑賞いただける作品です。
こちらは、《憑依する炎》。チームラボが考える、燃焼する気体の分子の動きによる線によって描かれた「超主観空間」を体感することができますよ。

春限定で桜に変化している作品

季節とともに移ろう作品では、4月30日(金)まで、桜が広がる春限定の空間に変化しています。巨大なドーム空間の作品には、空間いっぱいに桜が咲き渡り、来場者がはだしになって水の中を歩く作品では、水面を泳ぐ鯉が人々にぶつかると、桜に変化して散っていきます。
この期間でしか見ることができない作品なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

■「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」
会期: 〜2022年末
所在地: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間 : 3月31日(水)まで:10:00 - 18:00、4月1日(木)から4月23日(金)まで:平日10:00 - 18:00 土日祝9:00 - 19:00、4月24日(土)から5月9日(日)まで:9:00 - 19:00
*最終入場は閉館の30分前
休館日:2021年4月6日(火)
料金 : 大人(18歳以上) 3,200円、大学生・専門学生 2,500円、中学生・高校生 2,000円、小人(4歳 – 12歳) 300円、3歳以下 無料、シニア(65歳以上) 2,400円、障がい者割引 1,600円
  • 東京都江東区豊洲6-1-16

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する