• はてぶ
  • あとで
四国の魅力、溢れすぎてない?今激アツの四国で注目すべきスポット7選はこれだ。

今や定番の旅行先となりつつある四国地方。今回はそんな四国で、筆者が注目しているスポットを紹介していきます。少しから定番からは外した魅力的なスポットを紹介していくので、既に四国に行ったことがあるという方も参考にしてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

今最もアツい四国の注目スポット教えます。

映える観光スポットが多く、今最もアツいエリアと言っても過言ではない四国。今回は、そんな四国で、筆者が注目している観光スポットをまとめて紹介します。あえて定番すぎるスポットは外したので、あなたのまだ知らない四国の魅力が見つかるはず。

雲の上の図書館 / 高知

たぶん、日本で一番映える図書館

まず紹介するのは、高知にある「梼原町立図書館」、通称「雲の上の図書館」です。こちらの図書館の設計は、世界的な建築家の隈研吾氏が手掛けており、木の温もりを感じる斬新なデザインの空間の中で、読書を楽しむことができるんです。

こんな図書館私の地元にも欲しかった〜。

温かみのある空間が、なんだか本を読む意欲を掻き立てられてますよね。ジャンルごとに分けた本の並べ方も素敵で、「こんな図書館地元に欲しい!」と思ってしまうはず。梼原町には他にも隈研吾氏が設計を手掛けた建物がいくつかあるので、合わせて巡ってみるのもおすすめです◎

詳細情報

  • 高知県高岡郡梼原町梼原1212番地2
  • 0889651900

大川オアシス / 香川

レトロ可愛いの究極、ここにあり。

続いて紹介するのは、香川県にある「大川オアシス」。こちらは、昭和39年に建てられたドライブインが今も現役で活躍しているスポット。昭和の趣をそのまま残す建物の中からは、瀬戸内海の絶景を眺めることができ、レトロな情緒に浸りながら優雅なカフェタイムが過ごせるんです。

海を眺めながら飲むメロンソーダ、うーん最高♡

大川オアシスで是非注文して欲しいのが、こちらのメロンソーダ。ソーダの鮮やかな色合いが海に映えて、最強に可愛くないですか?ドライブインというだけあって、ドライブの途中に立ち寄りやすいロケーションにあるので是非運転に疲れたら立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

  • 香川県さぬき市津田町鶴羽2326-12
  • 0879422193

砂浜美術館 / 高知

え、美術館なのに建物がないって?

続いて紹介するのは、高知県にある「砂浜美術館」。こちらのスポット、美術館と言っても、建物があるわけではないんです。こちらでは、美しく続く砂浜を一つの美術館として捉えており、訪れた人が自分で自然の中にある様々な表情を作品として読み取るというコンセプトなんです。

砂浜にTシャツがずら〜り。

砂浜美術館は、季節によって様々なイベントも開催されています。特に毎年開催されているTシャツアート展では、砂浜にずらりと吊るされたTシャツがはためくユニークな光景が見られます。2021年は、10月30日(土)~11月3日(水)の期間に開催する予定とのことなので、是非この期間に予定を合わせて訪れてみては。

詳細情報

  • 高知県幡多郡黒潮町入野
  • 0880434915

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する