• はてぶ
  • あとで
実は芸術の宝庫⁉観光からアートまで今話題の岐阜の最新観光スポット7選

「岐阜県」と聞いて、まず思い浮かべるものといえば、白川郷、岐阜城、長良川...?そのとおり、岐阜県は歴史のある素敵な県です。ですが!今回はそんな岐阜県で今話題沸騰中の”最新”観光スポットをご紹介します!岐阜県の真なる魅力を一緒に探っていきましょう!(本記事は記事掲載時点の情報に基づき作成されています。詳細は各スポットの公式情報にて事前確認することをおすすめいたします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① モザイクタイルミュージアム / 多治見市

初めにご紹介する岐阜の最新観光スポットは、多治見市にある「モザイクタイルミュージアム」。きらきらと輝くタイルに囲まれ、まるで絵本の世界に迷い込んだよう...!全国一のモザイクタイル生産量を誇る多治見市笠原町が、その魅力を発信すべく建設した博物館です。
世界的に有名な建築家・藤森照信氏が設計に携わり、ユニークで趣向が凝らされたデザインとのこと!タイルを使った工作体験も行っているそうで、老若男女みんなが楽しめるミュージアムとなっています。現在は新型コロナウイルス対策の為、土日祝日は事前予約制となっています。詳細はHPにてご確認下さい。

詳細情報

② 名もなき池(モネの池)/ 関市

続いてご紹介するのは、まるで絵画のように美しい「名もなき池(モネの池)」。関市の根道神社の貯水池である「モネの池」は、SNSやメディアを通して、近年、話題沸騰のスポットです。透明度の高い湧水に睡蓮が反射するこの光景は、まさにあの名画、クロード・モネの「睡蓮」を連想させ、そう呼ばれることとなったんだとか。
睡蓮の花が咲き始める5月頃に見頃を迎えるとのこと!天気がいい日には、コバルトグリーンに照り輝く”モネの池”をお楽しみいただけます。近くに駅がないため、車で行くことを推奨します。休日はかなり込み合っているそうなので、人が少ない早朝の時間帯がおすすめです。

詳細情報

③ 養老天命反転地 / 養老郡

続いてご紹介するのは、養老郡にある「養老天命反転地」。こちらは、世界屈指の芸術家、荒川修作氏と詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年にも及ぶ構想を実現した、”体感型アート作品”です。不思議な仕掛けと見どころたっぷりの館内は、大人も思わず童心に返ってしまうとのこと。
園内はすべて斜面で構成され、トリッキーで刺激的な仕掛けで溢れているそう!まるで、迷路のようなアートに触れて、刺激的な一日を過ごしてはいかがでしょうか。現在、一部屋内施設を閉鎖しているそうです。ご来園の際は、HPから詳細をご確認いただくことをおすすめします。

詳細情報

④ みんなの森 ぎふメディアコスモス / 岐阜市

続いてご紹介するのは、岐阜市にある「みんなの森 ぎふメディアコスモス」。こちらの美しい建物、実は”図書館”なんです!ヒノキが使われた高い天井が、開放的で居心地の良い空間を作り出します。まるで、森の中にいるかのような気分になれるんだとか。
館内は、人目を気にせずリラックスできる変形テーブルや、モダンな椅子など、居心地の良さを作り出す工夫でいっぱい。本の種類も豊富に揃えられており、大人も子供も、お気に入りの本を見つけ、読みふけっているんだそう。アートな空間でお気に入りの一冊と、寛ぎ時間を過ごしてはいかがでしょうか。

詳細情報

⑤ 高山昭和館 / 飛騨高山

続いてご紹介するのは、飛騨高山にある「高山昭和館」。大人も子供も”昭和”を体感できる体験型博物館です。実際に動かして遊べる玩具やテーブル型のレトロゲーム、スマートボールなど、子供は見たことがない玩具に興奮、大人も子供時代を思い出してワクワクが止まらないんだとか!
館内には「小学校ブース」があり、あげぱんやソフト麺、ミルメークなど、昭和の学校給食の定番メニューが味わえるとのこと。昭和を象徴する町並みや玩具に触れ、懐かしい文化や暮らしを学ぶ、そんな体験も岐阜旅行の思い出にいかがでしょうか!

詳細情報

⑥ 土岐プレミアムアウトレット / 土岐市

続いてご紹介するのは、岐阜旅行でお土産買うならここに決まり!土岐市にある「土岐(とき)プレミアムアウトレット」。国内外の有名ブランド約180店舗が揃う、大型アウトレットセンターです。館内は、アメリカ・コロラドをイメージしたオシャレな造りになっているんだそう!
中央アルプスの山々に囲まれ、美しい景色と空気の中で買い物を楽しむことが出来ます。又、ベビーカーの貸し出しや子供広場もあり、ご家族でも安心してお買い物頂けます。旅のついでに、広々とした館内でゆっくりとショッピングなんていかがでしょうか。

詳細情報

⑦ 花フェスタ記念公園 / 可児市

最後にご紹介するのは、可児市にある「花フェスタ記念公園」。世界最大級のバラ園で、バラの品種はなんと800品種を超えるとのこと。その他にも、ネモフィラやコスモス、ひまわりなど、年間通してバラエティ豊かな季節のお花を楽しむことができます。見頃のお花はHPにて、ご確認いただけます!
園内には数々のフォトスポットもあり、まるで海外にいるかのような写真を撮ることが出来るんだとか。また、ピクニックが出来る広場やバラを眺めながらティータイムをできるカフェもあり、お花に囲まれてゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。四季折々のお花をゆったりと見ながら癒されるなんていかがでしょうか。

詳細情報

撮って、学んで、楽しんで。

いかがでしたか。岐阜県には、家族、友達、カップル、誰と一緒に行っても楽しめる観光スポットがたくさんありましたね!豊かな自然に囲まれた話題の観光スポットで、ちょっぴり刺激的な新しい体験をしてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する