• はてぶ
  • あとで
ガイドブックよりも役に立つ?岐阜出身筆者がリアルに推す1泊2日の女子旅ツアー

皆さん岐阜といえばどんな印象をお持ちですか?「白川郷」と答える方が多いのでは。岐阜には知られざる魅力がいっぱいあるんです!岐阜県出身の筆者が胸をはっておすすめするスポットばかりの、一泊二日の岐阜旅プランをご紹介します。なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

岐阜ってどんなところ?

岐阜市は日本のほぼ真ん中にあり、東京から新幹線で約3時間、大阪からは約1時間半と意外にもアクセスがよく、週末少し遠出をしたいなというときに、岐阜はぴったりの場所なんです!交通費を抑えたい場合には、バスも出ているのでチェックしてみてください!(今回は車での移動を想定しています。)

[11:00] 岐阜駅に到着

朝の移動を終えて到着したのは、岐阜県の玄関口「岐阜駅」です。金ピカの織田信長像がみなさんをお出迎えしてくれます!実際に見ると写真よりも大きくて迫力があるように感じます。ここから今回の岐阜旅はスタートです!

詳細情報

[12:00] 本場ナポリの絶品ピザ堪能

お腹がペコペコでは、せっかくの岐阜旅も楽しめませんよね。そんな時には、岐阜駅から徒歩3分のところにある、「PIZZERIA E TRATTORIA DA ACHIU(ピッツェリア エ トラットリア ダ アチュ)」でランチをいただきましょう。こちらは、本場イタリアのナポリピッツァ協会から、岐阜で初めて認定されたお店なんです。
たくさんの種類のピッツァが用意されている中で、1番人気なのが「フェラリーニ」というピッツアです。4種類ものチーズをふんだんに使用し、その上に甘みのある濃厚生ハムをのせた極上の一品になっています。

詳細情報

[14:00] 岐阜城を散策

お腹が満たされた後は、岐阜のシンボル「岐阜城」へ向かいます。金華山の頂上にある岐阜城は、「織田信長の居城」とも呼ばれており、岐阜の地と深い歴史を持っています。歴史に詳しい方はもちろん、そうでない方もぜひ岐阜城を訪れ、岐阜の歴史を体感してみてください。
金華山の登山ルートを通って岐阜城へ行くこともできるのですが、「金華山ロープーウェー」を使うのがおすすめです。楽に頂上へ行けるだけでなく、秋には紅葉、冬には雪景色など、四季折々の絶景を楽しむことができます。約15分間隔で運行しているのでとても便利です。

詳細情報

[17:00] おしゃれ図書館でちょっと休憩

金華山に登った後は、岐阜市に来たからには絶対訪れてほしい「ぎふメディアコスモス」へ。こちらは、ただの図書館ではなく、滞在型図書館がコンセプトになっていて、訪れた人がリラックスできるように、近未来的なお洒落な空間でありながら、どこか自然のぬくもりを感じさせるような癒し空間になっています。
メディアコスモスの一階にはカフェが併設されています。施設の外も緑が溢れるリラックス空間になっているので、天気のいい日にはコーヒーを買って簡単にピクニックをしたり、ゆったりとお散歩をするのも、地元民がおすすめするツウな楽しみ方です。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する