• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
休日のドライブにうってつけ!富山で行ける果物狩りスポット6選

富山湾の蜃気楼や黒部ダムなどの観光地で有名な富山県。そんな富山で美味しいものといえばかまぼこや海の幸だけではないんです!数は少なくても珠玉の果物狩りスポットがあるってご存知でしたか?口コミで人気の農園から時間無制限で食べ放題のところなど、おすすめの富山の果物狩りスポットを6選形式でご紹介します。海辺もいいけれどたまには少し足を伸ばして、隠れた美味スポットに出かけてみませんか?

このまとめ記事の目次

1:山藤ぶどう園(富山市)

359号線沿いにある『山藤ぶどう園』。こちらは昔からのぶどう園でワインの製造と販売もしているお店。たわわに実ったぶどうの木の下でバーベキューもできるんですね。もちろん、ぶどう狩りもできますよ!

出典:blogs.yahoo.co.jp

ぶどう園には売店やカフェもあります。畑を一望できるカフェは、テラス席がわんこ同伴OK!緑あふれる景色を眺めながら、自家製デザートや軽食、コース料理をいただけます。澄んだ空気の中でいただく料理は、格別です!

出典:www.honda.co.jp
富山でぶどうを食べるならまずここは外せない!富山の果物狩りスポット5選、最初にご紹介するのは「山藤ぶどう園」さん。
口コミでも評判のワイナリーやレストラン、カフェも併設されているほか、広いぶどう畑の下でバーベキュー、時にはコンサートや結婚式も出来るなど催し物もバラエティ豊か。
食べ放題は大人1300円で時間無制限なのでコスパが安い&ゆっくり食べられるのが嬉しいですね。更に園内をオープンカーに乗って見学できるツアーもあるので1日中楽しめる事間違いなしです。
山藤ぶどう園
【所在地】 富山市婦中町吉谷1-1
【電話】 076-469-4539
【営業時間】 ぶどう狩りは9:00~17:00
【定休日】 年中無休
【料金】
●ぶどう狩り食べ放題
大人1,000円 小学生 700円 幼児(3歳以上)1名 500円
●摘み取り・量り売り
ぶどうの品種や量により、1kg 800円~
※摘み取りのみの場合、入園料は無料

2:殿山農園(高岡市)

小高い丘に位置する見晴らしの良い農園。ブドウの栽培に最適の気候風土に恵まれてて、土作りにもこだわっています。20種以上のブドウを栽培しており、8月上旬から10月中旬までの長期間ブドウ狩りが体験できます。

出典:gt-toyama.net

広いブドウ畑の下で気に入った場所を見つけて、早速紙袋で覆われた房に挑んだ。初めに小さい房を摘むよう言われてもその意味がよく分からなかったが、ひと房ほど食べて納得した。甘みが強く、すぐ腹一杯になってしまうのだ。

出典:sirazu.a.la9.jp
気候の関係で他県よりも種類は少ないものの、数種類の果物狩りを楽しめるスポットがこちらの「殿山農園」さん。富山湾を望む小高い丘の上にあるので、素晴らしい景色を見ながら果物狩りが出来ると口コミでも人気のスポットです。
リンゴや桃のもぎ取り体験のほか、ブドウは食べ放題が出来ますよ。果物狩りの他にも芋掘りや釜飯作りなどの体験も出来ます。4人以上のグループから予約申し込みが可能なので、家族やママ友グループとの日帰りツアーにおすすめのスポットですよ。
観光農園 殿山農園
【住所】高岡市太田殿山5243 
【電話】 0766-44-5775
【営業期間】
もも 7月下旬~8月中旬 
ぶどう 8月上旬~10月中旬 
さつまいも 8月中旬~10月中旬
りんご 9月中旬~12月上旬 
※生育状況によって変わります
【営業時間】9時~16時30分
【料金】
もも・りんご 入園料200円
ぶどう 大人1300円 子供900円 幼児600円
さつまいも 一株150円

3:宮島観光栗園(小矢部市)

栗拾いに行ってきました!いっぱい落ちてます。手袋や軍手とか不要です。園の方いわく、イガイガに入ってるのはまだ早いんだって!ほんとにおいしいのは、はじけて飛び出しちゃってます。拾った栗は、お買い上げです。

出典:ameblo.jp

昼近くに訪問したので、落ちている栗は小さめでしたが、結構拾えました。8時半から朝一で行くと大粒の栗があるようです。小さなお子様連れの方は、刺さると痛いので細心のご注意を。石焼いもや栗ご飯なども販売されていました。

出典:yaplog.jp
みずみずしいフルーツもいいけれど、たまには秋の味覚を探しに「栗拾い」はいかがですか?
富山のおすすめ果物狩りスポット6選、3つ目にご紹介するのは「宮島観光栗園」。イガに入ったままの輝く栗を見つけるのも楽しいですよ。
個人なら予約不要で入園料も大人500円と安いので、時間のある日にふらっと行けるのも嬉しいですね。慣れないうちは軍手や手袋を準備していくことをオススメします。
採れたての栗で炊いた栗ごはんや甘皮煮は絶品の味間違いなしです!
宮島観光栗園
【住所】〒932-0013富山県小矢部市清原入山6番地
【電話】090-5684-0300
【営業期間】9月中旬~10月中旬頃まで(年によって異なります)
【営業日】土日祝日 8:30~16:00
(20名以上の団体で予約をすれば平日でも可)
ただし、栗が無くなりしだい閉園します。
【入園料】大人500円(大人:中学生以上) 子供300円
持ち帰り栗1kg 1,000円
栗園オープン時期はブログでお知らせします

4:ベリー・ベリー・ヤミー(富山市)

ログハウスのカフェや、ブランコ、芝生広場。そして、整然と並んだ、たくさんのブルーベリーのポットたち!!ポット栽培により、生育に最適な環境で、安定した品質のブルーベリーが楽しめるようです。

出典:toyama.areablog.jp

大自然の中にある農園。地植えじゃなく大きな鉢に入ってて、沢山の品種がありました。木のプレートに品種が書かれていてわかりやすく食べ比べができるのにテンションもあがります!ベビーカーや車椅子が入れる感じがステキ。

出典:goose-gander.hatenablog.com
ジャムやスイーツの飾りでおなじみのブルーベリー。視力が良くなる効能もあり世代を問わず人気のフルーツです。
そんなブルーベリーを思いっきり食べたい時はこちらの「ベリー・ベリー・ヤミー」さんがおすすめです。敷地内の通路も広く、シートが敷かれているのでベビーカーでも利用しやすいほか、芝生の広場もあるので小さい子供連れのファミリーにはうってつけの果物狩りスポットです。
時間無制限で食べ放題というのも嬉しいですね。
口コミでも人気が広がりつつあり、予約もすぐ埋まってしまうので気になる方はお早めにどうぞ!
ベリー・ベリー・ヤミー
【住所】〒939-2367 富山県富山市八尾町松原253-3
【電話】 090-3513-8764
【営業期間】6月20日~8月末
【営業時間】9:30~17:00 完全予約制
【定休日】水曜定休 7月25日以降は無休
【料金】
中学生以上 1,500円
小学生 1,000円
4歳以上 500円
時間無制限 食べ放題

5:立野原観光農園(南砺市)

富山県では、「立野原観光農園」でしかイチゴ狩りができないらしい。富山県民は、今日取れた魚しか食べないグルメな県民。それは、魚に限った話ではありません。イチゴに関しても、今日取ってすぐ食べる。鮮度が命なのです!

出典:toyama-asbb.com

イチゴ狩りを終わった後は、「いちごマルシェ(市場)」を見に行こう!これは、高齢化でイチゴ農家が減る中、食品や雑貨販売、自然体験などのブースを出して人を集めよう!というコンセプトの元、開かれている。

出典:toyama-asbb.com
富山でいちご狩りが出来る唯一のスポットということで人気なのがこちらの「立野原観光農園」。園児や日帰りのツアーでも訪れる人もあり、更に1200円で食べ放題は安い!という口コミで期間中は午後になるといちご不足によりクローズしてしまう日もあるほどの人気果物狩りスポットです。
予約は特に不要ですが午前中に行くのがおすすめ。
富山ではレアな採れたていちごの食べられる果物狩りスポット、初夏の北陸ツアーの目的地にいかがですか?
立野原観光農園
【住所】富山県南砺市土生新2205
【電話】090-9442-3994
【営業時間】9:00~16:00
【営業期間】5月中旬~6月中旬
【料金】1時間食べ放題 大人1200円 子供1000円

6:いなかふれさか(氷見市)

ブルーベリーと山の幸いなかふれさかでは、無農薬栽培のブルーベリーを生産・販売しています。カフェも経営しており、カフェ「風楽里(ふらり)」では、自家製ブルーベリーを使ったデザートや旬の味の料理を楽しむことができます。

出典:www.info-toyama.com

ブルーベリーの農園を見せて頂きました。現在700本以上、約30数品種が植えられているそうです。すべて無農薬!!小鳥のさえずりが聞こえ、爽やかな風が吹くのが気持ちよく、触坂の里山の風景も楽しめる、のどかな場所です。

出典:www.fmtoyama.co.jp
富山の果物狩りスポット6選、最後にご紹介するのは能登半島の入り口にある氷見市の「いなかふれさか」さん。
能登半島で栽培が盛んなブルーベリーの摘み取り体験が出来るほか、ここでは趣のある木造のカフェ「風楽里」でブルーベリーを使ったスイーツやカフェメニューが頂けるのが特長。女子旅ツアーには是非おすすめです!
口コミサイトやガイドブックには載っていない隠れ家的なスポット、夏の能登観光や海を見に来たついでに少し寄り道してリラックスした時間はいかがですか?
いなかふれさか
【住所】〒935-0266 富山県氷見市触坂1585-1
【電話】0766-76-2032
【営業時間】10:00~18:00
【営業日】金~月の午前10時から午後6時まで
【休業日】火曜~木曜日
【料金】摘み取り体験
大人(中学生以上)1200 円 小学生600 円 幼児(4歳以上)400 円
ジャム作り1500円
【駐車場】8台 駐車料金無料
【その他】申し込みは毎年6月1日から電話予約で受付
いかがでしたか?
富山の果物狩りスポットは意外にレア!だからこそ極上の味を堪能できますよ。たまには海辺から山に足を伸ばして旬の味覚を楽しんでみて下さいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 秋といえば“食欲の秋”。これからの季節はたくさんのフルーツが旬を迎える時期...

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する