• はてぶ
  • あとで
今どき神社の美スポット!関西地方の「花手水」がみられるスポットまとめ

ここ近年SNSを中心に話題となっている「花手水(はなちょうず)」。昨年以降、参拝者に手や口のお清めを控えてもらう代わりに、手水舎をお花で華やかに浮かべる寺社が増えているんです。今回は、そんな「花手水」発祥の地・京都から、関西地方で「花手水」がみられる寺院や神社を4つご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 柳谷観音 楊谷寺 / 京都

まずご紹介するのは、京都・長岡京にある「柳谷観音 楊谷寺(やなぎだにかんのん ようこくじ)」。こちらは、近年SNSを通して話題となっている花手水の元祖で、季節の花々や植物を生けた風情ある姿はたくさんの人々を魅了しています。
2021年は6月6日からあじさいウイークがはじまるそう。また、毎月17日には「押し花朱印つくり」が行われているので、こちらも思い出づくりにいかがでしょうか。公式サイトでは、花手水の最新情報や過去の花手水のギャラリーをチェックすることができるので、ぜひ足を運ぶ前にご確認くださいね。

詳細情報

② 二尊院 / 京都

お次にご紹介するのは、京都・嵐山近くの嵯峨にある「二尊院(にそんいん)」。小倉山の麓にあるということで、秋になると見事な紅葉を求めて多くの人が訪れますが、そんな二尊院でも、工夫を凝らした花手水が行われているんです。
3月ごろには乙女椿、5月からはなでしこ、6月には紫陽花、、と、季節の移り変わりを感じる花手水に出会えます。「二尊院」の文字が力強く書かれた柄杓も合わせて、写真におさめるのも思い出づくりにいいですね。

詳細情報

③ 北野天満宮 / 京都

そしてお次は、菅原道真公を祀っている天神の総本山として知られる京都屈指の観光スポット「北野天満宮」。京都市街からも足を運びやすいこちらでは、他とは違ったストーリー性のある立体的な花手水が見られます。
また、北野天満宮では、2021年4月10日(土)〜6月27日(日)までの期間、史跡御土居にて「青もみじ苑」が公開されています。初夏を感じる新緑の風景と合わせて、ぜひ花手水を見に足を運んでみてくださいね。

詳細情報

④ 野見神社 / 大阪

大阪で花手水を見られるスポットは、高槻市にある「野見神社(のみじんじゃ)」。こちらの神社では、ビタミンカラーのものから、ピンクを基調とした可愛らしいものまで、近くにある石田花店から奉納される、色鮮やかで遊び心あふれる花手水がみられます。
野見神社の花手水は、およそ1週間に1回のペースで交換されるそう。最新の花手水情報は、野見神社の公式インスタグラム(@nomishrine)や石田花店の公式インスタグラム(@ishida_hanaten)でチェックできますよ。

詳細情報

⑤ 日吉大社 / 滋賀

滋賀県・大津市、比叡山のふもとにある日吉大社は、全国にある日吉・日枝・山王神社の総本宮で由緒ある神社です。こちらでも、1200年以上の歴史のある4月の山王祭の時期をはじめ、不定期に花手水が登場しています。
山王祭に続き、2021年4月27日(火)~6月7日(月)の期間には、爽やかな新緑の季節を感じる「初夏の花手水」が行われています。毎週火曜日にテーマが変わるそうなので、参拝ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

寺社の新たな楽しみ方!

いかがでしたか?「花手水」発祥のお寺から、それぞれ工夫を凝らした花手水を行なっている関西地方の神社をご紹介しました。開催される時期や花の種類などは、是非事前に調べてから足を運んでみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する