• はてぶ
  • あとで
6月中ならココは絶対おさえて!死ぬまでに見るべき”東北絶景”7選

東北地方が絶景スポットの宝庫だってご存知でしたか?神秘的な湖や断崖絶壁にそびえ立つお寺……あなたも雄大な自然に圧倒されること間違いナシ!今回は、その中でも6月中が見頃な旬のスポットを7つご紹介!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①八幡平ドラゴンアイ/岩手県

まずご紹介するのは、「八幡平ドラゴンアイ」です。1年の間で5月下旬~6月上旬の2週間ほどしかお目にかかれない、今が旬の絶景スポットです!”ドラゴンアイ”とは、八幡平山頂付近にある「鏡沼」の雪解けの様子を指したもの。中心部分からドーナツ状に溶けていくさまが神秘的で、まるでドラゴンの眼のように見えるのです!
外国人観光客のSNSから広がり、限られた期間のみ出現する希少さが世界的ブームに!雪の白さ、雪解け水の青さのコントラストは息を吞むほど美しい!6月と言っても山頂はまだまだ寒いので、しっかりと装備を固めて向かうことをオススメします!

詳細情報

②霧幻峡の渡し/福島県

次にご紹介するのは、「霧幻峡(むげんきょう)の渡し」です。”霧幻峡”とは、福島県只見川沿いの渓谷のこと。早朝・夕方に幻想的な川霧が立ち込めることからこう呼ばれるようになりました。見頃は6月~9月!手漕ぎの渡し船に乗って霧の中を周遊することもできます。こちらは金山町観光協会に予約を入れてくださいね!
また、霧幻峡はパワースポットとしての一面もあります。もとは集落がありましたが、昭和39年に裏山の土砂崩れで廃村になった過去を持っています。その廃村集落には今も神社やお地蔵様が残っており、災厄から逃れたものとしてありがたがられているのです。ぜひ願い事を叶えに足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

福島県大沼郡三島町早戸

3.07 02

③奥入瀬渓流/青森県

次にご紹介するのは、「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」です。青森・秋田の両県にまたがる十和田湖から流れ出る奥入瀬川。特別名勝や天然記念物など、国から保護される雄大な自然が特徴です。中でも6月は新緑が眩しく、探索にぴったりな陽気のためオススメです!
見どころは「阿修羅の流れ(あしゅらのながれ)」!大自然の中を水流が阿修羅のように激しく流れる様は圧巻です。阿修羅の流れから進み、奥入瀬川の源である十和田湖に近づくと「銚子大滝」が姿を現します。幅20m、落差7mの大迫力。夏でも涼しさを感じられる絶好スポットで、マイナスイオンを感じてみては?

詳細情報

④五色沼湖沼群/福島県

次にご紹介するのは、「五色沼湖沼群(ごしきぬまこしょうぐん)」です。青や緑など、見る度に様々な色に変化して見える神秘的な湖沼!周辺の湖沼をまとめて”五色沼”と呼びます。なかでも初夏はトレッキングコースが新緑で美しく輝き、歩きやすいためオススメ!
30ほどある湖沼群の中から、「青沼」をご紹介!名の通り青く澄み、光の反射でキラキラ輝く湖畔はまさに絶景!季節・光の当たり具合によって、コバルトブルーやエメラルドなど、さまざまな青を見せてくれます。また、ボート乗り場周辺でハート柄の鯉に遭遇すると幸せになるとか……?

詳細情報

⑤雲昌寺/秋田県

次にご紹介するのは、「雲昌寺(うんしょうじ)」です。副住職の方が15年以上手塩にかけて育てた、境内いっぱいのアジサイを楽しめます。1500株以上もあるアジサイはすべて青一色!有名観光サイトで国内ベスト絶景に輝いた、死ぬまでに一度訪れたいスポットです!(2021年5月12日現在、県内からの観覧のみとなっています。感染状況が緩和した際には雲昌寺公式HPでご確認ください。)
開催日は2021年6月12日(土)~2021年7月18日(日)の約1ヶ月間。18:45~21:30の時間は夜間のライトアップも行っています!あじさいだけでなく、堂々とそびえ立つ山門や境内7ヶ所にあるハートの石もぜひ鑑賞してみてくださいね!

詳細情報

⑥宝珠山立石寺/山形県

次にご紹介するのは、「宝珠山立石寺(ほうじゅさん りゃっしゃくじ)」です。登山口~大仏殿のある奥之院までおよそ1時間ほどの道のりは絶景の連続!夏に訪れた松尾芭蕉がこの景色に感動し、詠んだ句が”おくのほそ道” に残っているほどです。
昔、修行僧たちの修行の場であった立石寺。1015段の階段を上った先にようやく奥之院が姿を現します。最も象徴的なのは、断崖絶壁の百丈岩にそびえ立つ開山堂と五大堂!山内随一の展望台であり、奥羽山脈が一望できる最高のロケーションです!

詳細情報

⑦巨釜半造・折石/宮城県

最後にご紹介するのは、「巨釜半造・折石(おおがまはんぞう・おれいし)」です。唐桑半島の中ごろ、三陸復興国立公園の名勝です。浜から沖を見たときに、まるで大きな窯の中でお湯が煮えているように見えることから巨釜半造と呼ばれています!
大理石の石柱、「折石」は高さ16メートルの大迫力!大海原にそびえ立つ姿は、自然の力強さ・雄大さを感じられ圧巻のひとこと!明治29年の三陸大津波の際に先端が2メートルほど折れたことからその名が付きました。

詳細情報

宮城県気仙沼市唐桑町浦

3.03 08

最後に

いかがでしたか?今回は6月中に訪れたい観光スポットをご紹介しました!湖や川など、大自然を満喫し尽くせるスポットの数々、ぜひ足を運んでみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する