• はてぶ
  • あとで
【開催中】嵐山の夏の風物詩“鵜飼”を鑑賞。星のや京都にて「プライベート鵜飼鑑賞舟」開催

京都・嵐山にある「星のや京都」では、2021年7月1日(木)~9月23日(木)の期間、1日1組限定のアクティビティ「プライベート鵜飼鑑賞舟」が開催されます。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り、三味線の生演奏と鵜飼の情景をイメージした京料理を楽しみながら、鵜飼の賑わいを間近で鑑賞できますよ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「プライベート鵜飼鑑賞舟」開催!

開催期間:2021年7月1日(木)~9月23日(木)

星のや京都
京都・嵐山にある「星のや京都」では、2021年7月1日(木)~9月23日(木)の期間、1日1組限定のアクティビティ「プライベート鵜飼鑑賞舟」が開催されます。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り、三味線の生演奏と鵜飼の情景をイメージした京料理を楽しみながら、鵜飼の賑わいを間近で鑑賞できますよ。
星のや京都
星のや京都の前を流れる大堰川(おおいがわ)で行われる鵜飼は、嵐山の夏の風物詩なんです。星のや京都で行われるこのアクティビティは、篝火(かがりび)の熱を感じるほど近くで鵜飼を鑑賞することができる、夏の嵐山ならではの体験です。

嵐山の料亭が手掛ける京料理で鵜飼を楽しむ

星のや京都
鵜飼を鑑賞しながら、嵐山にある料亭「嵐山熊彦」が手掛けた京料理の弁当とシャンパーニュを味わうことができます。弁当には、鵜飼の情景をイメージした鮎の塩焼き、他にも梅のジュレで食べる鱧や万願寺唐辛子など、京都の夏を代表する食材を色とりどり盛り込んでいます。食事から、夏の宵の華やぎを楽しむことができますよ。

三味線の生演奏と鵜飼の賑わいで高揚感を味わう

星のや京都
星のや京都から鵜飼会場へ向かう間、屋形舟の上では三味線の生演奏が行われます。日中は観光客で賑わう大堰川ですが、夜になると静かになり、三味線の風流な音色が暮れゆく奥嵐山の渓谷にこだまします。鵜飼が始まると、鵜匠による掛け声や太鼓の音で、川の上は日中とは違った賑わいを見せるそうです。

京都の職人の手仕事の粋をあつめた雅な屋形舟

星のや京都
本アクティビティは星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を1組で貸し切るため、くつろぎながら食事や鵜飼鑑賞を楽しむことができます。翡翠は、京都で古くから親しまれてきた建材や装飾を用いて、京都の伝統工芸に囲まれる雅な空間に仕上げた屋形舟です。
星のや京都
舟内には京町屋の犬矢来をイメージした竹の背もたれや、草木花で染め上げた柔らかな風合いのクッションを設えています。また、舟の側面の御簾を降ろすことでプライベートな空間を楽しむこともできます。嵐山の風景を眺めながら、優雅な時間を過ごすことができますよ。
星のや京都

詳細情報

■「プライベート鵜飼鑑賞舟」開催
期間:2021年7月1日(木)~9月23日(木)(除外日:8月16日)
時間:19:00~20:00 ※9月1日からは18:30~19:30
料金:1組1名の場合 1組85,000円、1組2名の場合 1組94,000円、1組3名の場合 1組103,000円 ※税・サービス料・宿泊料別
含まれるもの:屋形舟「翡翠」の貸し切り、三味線の生演奏、弁当、グラスのシャンパ-ニュ
乗降舟場所 :星のや京都
対象:宿泊者
定員:1日1組(1~3名)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する