• はてぶ
  • あとで
夏の北海道が最高ってウワサ。わざわざ行きたい北海道ホテルカタログ

夏でも涼しく様々な観光地がある北海道は、夏の旅行先にぴったりですよね。そこで今回は、わざわざ泊まりたくなってしまうような北海道の素敵なホテルをご紹介。札幌や富良野、函館など人気の観光地に合わせて様々なホテルを紹介するので是非参考にしてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. UNWIND SAPPORO / 札幌

ロッジをイメージした空間が可愛すぎる!

札幌市にある「UNWIND(アンワインド)SAPPORO」は、ロッジをイメージしてデザインされたオシャレな空間が魅力のホテル。薪ストーブのあるロビーラウンジや、客室からは木の温もりを感じられ、ほっと心安らぐような寛ぎの滞在が楽しめます。

1泊2名約7,000円〜

こちらのホテルで見逃せないのがこのおしゃれすぎる朝食。特製のスープやパンの付いた朝食を、お部屋のベッドの上でキャンプ気分を味わいながらいただくことができるんです。他にも、無料で夕方にワインがいただけたり、ルーフトップテラスで焚火を楽しめたり、とコスパが良いのにサービスが充実しているのもポイントです◎

詳細情報

jalanで見る

北海道札幌市中央区南8条西5-289

3.13 13

2. HOTEL POTMUM / 札幌

人気カフェとのタイアップで生まれたハイセンス空間

札幌にある「HOTEL POTMUM (ポットマム)」は、北海道の人気カフェである「MORIHICO.」とタイアップして誕生したお宿。1Fの部分は、2,000冊以上の本が並ぶおしゃれなカフェスペースになっており、こだわりのコーヒーをいただきながらのんびりと過ごすことができます。

1泊2名約9,000円〜

お部屋は白を基調としたシンプルなデザインで、住みたくなってしまうほど居心地抜群。また、お部屋の中にはMORIHICO.のコーヒー豆とドリップセットが備え付けられており、自由に自分たちでコーヒーを淹れてお部屋で楽しむこともできるんです。人気カフェの美味しいコーヒーをいただきながら目覚める、そんな優雅な朝はいかがですか?

詳細情報

北海道札幌市白石区菊水1条1-3−17

3.04 13

3. WE HOTEL Toya / 洞爺

美術館と錯覚するアーティスティック空間

洞爺湖のほとりに佇む「WE HOTEL Toya(ウィー ホテル トウヤ)」は、著名な建築家である隈研吾氏がデザインを務めたリゾートホテル。ホテルの中には、和とモダンを組み合わせたまるで美術館のようにオシャレな空間が広がっていて、映え重視の女子なら外せない宿となっています。

1泊2名約30,000円〜

お部屋は全室が洞爺湖を望むレイクビュー。さらに檜の露天風呂までついていて、自然に癒される贅沢な旅になるはずです。酒造をモチーフにしたこれまたおしゃれすぎるバーや、洞爺湖との一体感を感じながら入浴できるインフィニティ温泉もあり、ホテルの中にいるだけでも充実した時間が過ごせます。

詳細情報

rakutenで見る

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町293-1

3.09 03

4. フェニックス富良野 / 富良野

人気観光地へのアクセス◎なラグジュアリーホテル

夏はラベンダーの絶景、冬はスキーで人気の観光地、富良野。そんな富良野に2020年オープンしたコンドミニアム型の宿泊施設が「フェニックス富良野」です。十勝連峰を望む大自然の中にありながらも、共用部分やお部屋はラグジュアリー感に溢れ、非日常ステイが楽しめますよ。

1泊2名約20,000円〜

お部屋にはキッチンもついており、まるで別荘にいるかのような自由な滞在が楽しめます。ラベンダー畑で有名な「ファーム富田」まで車で約20分、カラフルなお花畑を鑑賞できる「四季彩の丘」まで約40分と人気観光地へのアクセスも抜群なので、北海道らしい風景を楽しみつつ宿泊してみてくださいね。

詳細情報

北海道富良野市北の峰町19−10

3.03 02

5. HakoBA / 函館

銀行&美術館をリノベしたモダンなホテル

「HakoBA(ハコバ)」は、もともと銀行と美術館であった2つの建物をリノベーションして作られたホテル。金森赤レンガ倉庫のすぐ近くという観光に便利な立地にあり、値段もリーズナブル、それでいてイマドキ感溢れるオシャレ空間に泊まれるので、コスパが最強です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する