• はてぶ
  • あとで
夏の京都は暑いからって避けてない?涼しく回れる理想的1泊2日プランを伝授します

日本国内でも大人気な観光地、京都。夏は蒸し暑いことでも有名ですよね。ですが、そんな京都にも涼し気なスポットがたくさんあるんです。今回は、そんな涼し気なスポットへ、屋内のスポットをめぐる京都1泊2日プランをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。(※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【12:00】京都の夏の風物詩「川床」でランチ

京都についたらまずランチにしましょう。「貴船 水源の森 天山」は、2021年7月1日にリニューアルオープンしたお店です。ランチメニューは、「貴船御前」と「牛まぶし御膳」の2種類があり、「貴船御膳」には京都の夏には欠かせない「鱧(はも)」も入っていますよ。
お店は京都らしい店構えとなっていて、店内からは鮮やかな緑と澄んだ川を見渡すことができます。ランチの御膳のメニューは、京都の旬の食材を使ったものなどが揃っています。涼しげな川床で、京都らしい繊細な和食を頂いてみてください。

詳細情報

京都府京都市左京区鞍馬貴船町18-2

3.07 19

【14:00】夏ならではの貴船神社へ

京都の鉄板観光スポットとしても有名な「貴船神社」。ランチをした場所からはタクシーで2分ほどです。貴船神社では、夏ならではの青もみじの絶景を見ることができます。朱色の灯籠と、美しい緑色のコントラストは、暑さを忘れさせてくれるような爽やかさです。
2021年7月1日から8月15日までは七夕飾りも設置されています。ただでさえ鮮やかな緑色の景色に、さらに色を足してくれますよ。本宮、結社、奥宮の3つの社があり、特に結社は縁結びの神様として有名です。境内は涼しげな景色が広がっていて、夏も涼しく過ごすことができそうです。

詳細情報

【16:30】可愛すぎるショッピングモールでお土産購入

貴船神社からタクシーで30分ほどで京都の中心部に着きます。「京都BAL(バル)」は現代アートを取り入れたショッピングモールで、2021年の夏は「スイカ」をキービジュアルとした内装になっています。ポップで可愛らしいショッピングモールでお土産探しをしてみてはいかがでしょうか。
こちらのショッピングモールには、京都発のオーガニックスキンケアブランド「KOTOSHINA(コトシナ)」などが入っていて、大人女子向けのお土産にもおすすめです。また、こちらにあるスターバックスには、80点以上ものアート作品が並んでいるんです。都道府県限定のフラペチーノをこちらで飲むのもありですね。

詳細情報

【18:30】インスタ映えな京都ディナー

①かもしぎん

夜ご飯は、京都BALから歩いて7分ほどの場所にある「京鴨ひつまぶし かもしぎん」で頂きましょう。こちらでは、京鴨を贅沢に使ったメニューの数々をいただくことができます。夜は、京鴨のしゃぶしゃぶのコースなどもありますよ。
こちらのお店のメニューでひときわ人気なのが「京鴨ひつまぶし」というメニュー。しっとりと柔らかい鴨肉を、濃厚な卵黄とからめていただきます。だし茶漬けなどとして食べることができるのもひつまぶしの醍醐味ですよね。(※7月9日現在、夜は休業しているのでご注意ください。)

②K36

京都でオシャレディナーをしたい人におすすめなのが東山にある「K36」。ホテル青龍の最上階にあるルーフトップバーで、ホテル宿泊客以外も利用することができます。バーだけでなく、レストランとしても利用することができ、ピザやパスタをいただくことができます。
こちらからは、八坂の塔や京都タワーなど、京都の街並みを見渡すことができるんです。お酒は種類豊富でオシャレなものが多く、大人っぽい優雅な夜を過ごすことができそうです。フードは、パスタやピザ以外にも、夏限定のバーベキューメニューもありますよ。

詳細情報

京都府京都市中京区上大阪町517−1

3.14 02

京都府京都市東山区清水2-204−2 4F TheHotelSeiryu

3.35 18

【21:00】京都を感じる最新ホテルへ

①hotel tou nishinotoin kyoto

「hotel tou nishinotoin kyoto(ホテル トウ ニシノトウイン キョウト)」は2021年4月にオープンした最新ホテル。「奥」をコンセプトにしたこちらのホテルは、京都の「奥」に触れることができる非日常的なホテルです。客室は、落ち着きに満ちた和の空間になっています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する