• はてぶ
  • あとで
イマドキ女子は東北をこう遊べ。東北ビギナーズ2泊3日映えプラン

東北って意外と何があるかわからない...アクセスが大変そう...今回はそんなあなたに捧ぐ、東北ビギナーズプランをご紹介します。今回は、SNSでも人気の絶対にハズレのないスポットをご紹介しているので、ぜひおすすめしたいです。イマドキ女子よ、東北をこう遊べ。(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目:青森

【11:00】陸奥湾の海鮮が、東北旅の始まり。

東京を出発し、東北新幹線で三時間弱。八戸駅へ到着です。東北の観光スポットは点々としているので、それぞれ駅周辺でレンタカーを借りることをおすすめします。八戸駅に着いたら、八戸と言えば!の海鮮です。今回は、ランチの候補を二つご紹介します。

南類家 呑み食い屋 纏

まず、ランチ一つ目の候補は、駅周辺から車で15分ちょっとのところにある「南類家 呑み食い屋 纏」です。こちらは、八戸の和食屋でもかなり人気のお店で、夜は予約制のコースがいただけます。お昼は、コスパよく豪華なランチがいただけることから観光客から地元の方まで愛されるお店です。
特におすすめは、ヅケ丼と軍鶏ラーメンのthe・青森セット!八戸の超新鮮な魚介をいただけるのはもちろん、纏の軍鶏ラーメンは美味すぎることから圧倒的人気。ラーメンも海鮮も欲張りたいあなたにおすすめ。ランチも余裕があれば、事前予約をおすすめします。

詳細情報

青森県八戸市南類家3-1-16

3.05 02

小舟渡

続いてのランチ候補は、小舟渡です。こちらは、八戸駅から車で30分弱のところにあるお店で、先ほどの纏の先の海側に位置しています。海のすぐ近くに面したこちらのお店は、小屋のような外観。店内から景色を眺めることができるので、八戸の海の幸をまるごといただいているかのような気分を味わえます。
こちらのランチは、贅沢かつシンプルがポイント。おすすめは、ボタンエビや帆立焼きなどがついた“刺身定食”か、うに好きにおすすめの“二色生ウニ丼”。昼から贅沢に海鮮と景色を満喫したいあなたにおすすめ。待ち時間があることも多いので、要注意です。

詳細情報

【13:00】蕪島神社へ

ご飯を食べたら続いて国の天然記念物に指定されている「蕪島神社」へ向かいましょう。先ほどのランチスポットからは、それぞれ車で〜15分のところにあるのでアクセスも抜群。蕪島神社は、漁業安全、商売繁盛の守り神として信仰されてきた有名なスポットです。
なんといっても蕪島の特徴は、島を埋め尽くすほどのウミネコ!ここでしか見ることのできない貴重な光景ですよ。特に夏は、青い空×赤い鳥居のコントラストがとっても綺麗なんです。神社は、一度全焼してしまい、現在は再建された新しい社殿なので、ぜひ参拝しにいってみてくださいね。

詳細情報

【14:00】絶景写真が撮れる葦毛崎展望台へ

蕪島神社を参拝した後は、同じく種差海岸沿いにある「葦毛崎(あしげさき)展望台」へ向かいます。こちらは、車で5分ほどで到着。種差海岸遊歩道の起点となっているこちらでは、太平洋を一望でき、まるで海外のような絶景写真が撮れることからSNSで話題になったスポット。
こちらの展望台は、現在は、一般公開されていますが、もともと旧日本軍が軍事施設として使用していた貴重な場所なんです。まるで、アニメや映画に登場しそうな、太平洋を一望できる不思議な光景はここでしか楽しめません。ぜひ、広大な自然を背景に写真におさめてみて。

詳細情報

青森県八戸市鮫町日蔭沢 葦毛崎展望台

3.43 338

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【16:00】青森の星野リゾートを満喫!

1日目は、移動も多かったので早めに宿へ向かいましょう!1日目のホテルは、展望台から車で約40分のところにある「星野リゾート 青森屋」です。ここ、青森屋は、ねぶた祭りの雰囲気を一年中楽しめることからも人気。館内はとっても綺麗で、自然に囲まれた露天風呂が最高なんです。
また、特に女子におすすめしたいのが、浴衣のレンタル!祭り気分がもっと盛り上がること間違いなしです。お部屋も居心地がよく、種類豊富なビュッフェレストランでは、地元の食材もたっぷり。移動の疲れを癒しながら、思いっきり青森を満喫しちゃいましょう!

詳細情報

2日目:山形

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する