• はてぶ
  • あとで
五感でコーヒーを楽しむ。「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」が気になる

2021年7月24日(土)に、ブルーボトルコーヒーの関西6号店目としてオープンした「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」。こちらのカフェでは、味覚や嗅覚だけではなく、聴覚や触覚、視覚を含めた五感でスペシャルティコーヒーを体感できるよう様々な工夫が詰まっているんです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」オープン

オープン日:2021年 7月24日(土)

2021年7月24日(土)に、ブルーボトルコーヒーの関西6号店目としてオープンした「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」。こちらのカフェでは、味覚や嗅覚だけではなく、聴覚や触覚、視覚を含めた五感でスペシャルティコーヒーを体感できるよう様々な工夫が詰まっているんです。
カフェの二階フロアの中央に位置する「Sense Lounge」は、ブルーボトルコーヒーとして世界で初めて設置する体験型のラウンジスペースです。天井に設置されたスクリーンから降り注ぐ映像と音、それと連携する席の心地よい振動を感じながら、美味しいコーヒーと向き合いじっくりと楽しむことができますよ。
二階へと続く階段を上ると、大阪のガラス工房fresco(フレスコ)が製作したコーヒー色の球体ガラスを使用したシャンデリアが、吹き抜け全体に広がります。全工程を手作業で作り、抜け絶妙なブラウンカラーで仕上げた球体ガラスをなんと全部で168個使用しており、これから楽しむコーヒーへの気分を一層盛り上げます。

注目のメニューをご紹介

ワッフルプレート パイナップル & パッションクリーム 756円/770円 (テイクアウト/イートイン)

梅田茶屋町カフェ・京都カフェ・渋谷カフェ 限定発売メニューの「ワッフルプレート パイナップル & パッションクリーム」。注文受けてから焼き上げるリエージュワッフルに、さっと炙ったパイナップルとパッションフルーツを盛り付けています。フルーツとも相性抜群な、バニラやクローブの香りを楽しめるパッションキャラメルソースをかけてお楽しみください。

コールドブリュー ブルーベリー フィズ 594円/605円 (テイクアウト/イートイン)

梅田茶屋町カフェで先行発売される「コールドブリュー ブルーベリー フィズ」は、夏らしい爽快感のあるドリンク。ブルーボトルコーヒー カフェで定番人気の「コールドブリュー」と、ブルーベリーのフルーツシュラブ(フルーツやハーブを混ぜて作るビネガー入りシロップ)、そして炭酸水を組み合わせています。

ティラミス 748円 ※店内のご提供のみ

そして、梅田茶屋町カフェでしか頼めないこちらのスイーツをご紹介。清澄白河フラッグシップカフェでも好評のスイーツを監修した、後藤裕一と仲村和浩によるパティシエユニット Tangentes(タンジェント)をアドバイザーに迎え開発されたティラミスは、ブルーボトルのコーヒーを染み込ませた生地と、手作りのマスカルポーネクリームを層にし、香り豊かなアマゾンカカオを振りかけた滑らかな口溶けが特徴です。

新しいコーヒーの楽しみ方

いかがでしたか?他のブルーボトルコーヒーの店舗にはない体験型ラウンジなどを通じて“五感で”コーヒーを楽しむことができるこちらのカフェ。ぜひ足を運んでみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

■ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ
所在地:大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町 A棟
営業時間:8:00~22:00 (初日は午前10時にオープン予定)
※政府、自治体からの指針や発表、出店させていただいております施設の方針などの状況を考慮し、当面の間は営業時間を変更を致します。
店舗面積:345.81㎡
店内席数:49席
アクセス:阪急「大阪梅田駅」徒歩4分 JR「大阪駅」徒歩9分 / 大阪メトロ御堂筋線「中津駅」徒歩7分

大阪府大阪市北区茶屋町15−22アーバンテラスA棟

- 04

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する