• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ほっこり薬湯に癒されてみる?日帰りしたい鎌先温泉での楽しみ方

「キズに鎌先」、「薬湯」と謳われる鎌先温泉、それ故に元々湯治場だった宿もあり、ゆっくり落ち着く旅館ばかりです。歴史所縁の温泉でもあり、なかなか奥深い場所かもしれません。明日、日帰りでほっこり薬湯に癒されてみる?鎌先温泉らしい楽しみ方、紹介いたします。

このまとめ記事の目次

まずは鎌先温泉って?

600年以上も昔、里人が鎌の先で発見したと伝えられる鎌先温泉は、南蔵王不忘山麓の温泉郷です。奥羽の薬湯として知られ、神経痛、手術後の保養などに効果があり、「キズに鎌先」と言われています。

出典:www.shiroishi.ne.jp

開湯は正長元年(1428年)。鎌先温泉で一番古い宿が「湯主一條」。現在で20代目を数える。現在湯治を受け入れているのは1軒のみとなったが、1990年代までは湯治客も多かった。

出典:ja.wikipedia.org
宮城県白石市にある、開湯してから600年近くに経つ温泉です。「傷に鎌先」といわれる薬湯としても有名で、戦国武将・伊達政宗や片倉景綱も入湯したいう言い伝えもあります。それ故に昔から「湯治場」としても親しまれてきました。現在も1軒のみ、湯治場は存在しています。
【温泉名】鎌先温泉
【所在地】〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先
【泉質】塩化物泉
【期待できる効能】脚気、切創、火傷、打撲傷、神経痛、リューマチ、婦人病、胃腸病[、傷
【連絡先】0224-26-2042 白石駅観光案内所
※詳細は下記サイトをご参照ください。

鎌先温泉を楽しむには、日帰り入浴?

【日帰り温泉】にごり湯の宿 湯守 木村屋(白石市)

受付を済ますと上の展望風呂を案内され、エレベーターへ。内湯と露天風呂では泉質が違って売の濁り湯は外の方で、みんな最初に外に来る。温めなのでのんびりでき、おまけに音がしない静かな環境がいい。500円。

出典:onsen.nifty.com
JR東北新幹線白石蔵王駅からバスで20分、鎌先温泉下車すぐの場所にある人気温泉旅館です。露天風呂は元より、ミニ温泉テーマパークの如く内湯も充実しています。この宿のお湯の特徴は、ズバリ茶褐色の「にごり湯」です。にも拘らず、やさしいお湯なので妊婦にも安心です。
【旅館名】にごり湯の宿 湯守 木村屋(にごりゆのやど ゆもり きむらや)
【TEL¥】 0224-26-2161
【住所】〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
【定休日】無休
※日帰り入浴を行っていない時もあり、事前確認が必要です。
※詳細は下記サイトをご参照ください。

【日帰り温泉】鎌先温泉 最上屋旅館(白石市)

ここは内湯のみで、洗い場シャワーは3つ。5人サイズのタイル張りの湯舟には、(源泉が36℃だそうなので加温はされているが)42℃位の源泉が掛け流されていて、湯温は40℃位と温め。湯舟の底には茶色い湯の花が沈んでいる。

出典:onsen.nifty.com
「日本秘湯を守る会」に登録している、鎌先温泉街内で唯一湯治も可能な人気の温泉宿です。この宿のにごり湯は、鉄分を多く含んだ食塩泉です。 ぬるめではありますが湯上り後に大変温まります。日帰り入浴も可能、日帰り宴会プラン(10名以上)もあります。
【旅館名】鎌先温泉 最上屋旅館(かまさきおんせん もがみやりょかん)
【TEL】0224-26-2131
【住所】〒989-0231 宮城県白石市鎌先温泉1-35
【定休日】無休
【日帰り入浴プラン】※食事つきプランは予約推奨
※詳細は下記サイトをご参照ください。

【日帰り温泉】四季の宿 みちのく庵(白石市)

四季の宿 みちのく庵…檜の半露天風呂です。

食事付き日帰り入浴プランのみです。

吉永小百合さんが来て、大人の休日倶楽部のポスター撮影に使われた宿。 最上屋に宿泊し、湯めぐり手形で入浴させてもらった。 かなりの高台にあるので、鎌先温泉街から歩いて行くのは無理。

出典:onsen.nifty.com
鎌先温泉街にある、日帰り入浴(食事付きプランのみ)ができる温泉宿です。男女別の内湯(大浴場)と露天風呂があります。温泉も然ることながら、食事も美味しいとの事。温泉に入りグルメしたい時に、おすすめです。宿は高台にあるので、徒歩での移動の時は注意が必要です。
【旅館名】四季の宿 みちのく庵
【TEL・予約】0224-26-2111
【住所】〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字狸峯3-4-5
【定休日】無休
【日帰り入浴プラン】※ミニ懐石コース¥6000 他、用意しています。要確認。
※詳細は下記公式サイトをご参照ください。

鎌先温泉グルメを味わうには?

【そば】むらかみ(白石市)

白石を代表する蕎麦の名店と評される、人気の蕎麦専門店です。県外から食べにくる人もあり、いつも混んでいます。「押し返してくる食感」の蕎麦は見事!と評する人も多いです。蕎麦へのこだわりをかなり感じる事ができます。「鴨南蛮」や「鴨せいろ」もおすすめ。
【店名】むらかみ
【TEL】0224-24-4450
【住所】〒989-0254 宮城県白石市大川町2-1
【営業時間】11:00~14:30 17:30~20:30
【定休日】火曜・第2水曜
  • 宮城県白石市大川町2-1
  • 0224244450

【和菓子】仙加苑 白石バイパス本店(白石市福岡蔵本)

私は今栃木に住んでいるので足軽饅頭をたまに食べたくなるんですよ。あの醤油味?の饅頭の皮に甘いあんこ。あの美味しさは癖になってしまいます。帰省時は良く買いに行ってます。

出典:www.miyalabo.jp

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する