• はてぶ
  • あとで
予想を裏切る旅を!カラフルな街並みが可愛い“ロシア”の観光スポット15選

ロシアと聞くと、あまり良い印象がある人は多くないのでは…と思います。しかし、そんな行かず嫌いはもったいない!ロシアは歩くだけでも楽しい、ロシア正教会のポップ(外観)で荘厳(内部)な建物や、カラフルな色遣いが素敵なかわいらしい国なんです!もちろん、その大国ならではの歴史的観光スポットや、バレエなどの芸術大国としての一面もあり、見所に欠きません。行かず嫌いの人には是非おすすめしたい、予想を良い意味で裏切る旅になると思いますよ。今日はそんなロシアのおすすめ観光スポット15を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①クレムリン

モスクワ最大の観光スポットであるクレムリンの内部には、大統領府などの政治関係の建物の他、いくつもの聖堂や武器庫(博物館)など、ロシアでもおすすめの見どころが詰まっています。
荘厳な雰囲気の聖堂内、特に数々のイコン画は見るものを圧倒する美しさです。
特にウスペンスキー大聖堂は、かつてのロシア帝国の国教大聖堂であり、堂内のイコン画と、銀のシャンデリアは必見です。シャンデリアは、ナポレオン軍が盗み出した300kgの金と5kgの銀を奪い返して作ったと言われています。
ロシアに来たら、ここを見ずして帰ることはできない、おすすめの観光スポットです。
【住所】Kremlin, Sobornaya Ploshad, 109012 Moscow
【営業時間】9時30分~18時30分
【料金】共通入場券350P
【休日】木曜日

福井県坂井市春江町江留上新町1-1

写真を投稿する
3.00 00

②赤の広場

おそらく、モスクワを訪れる観光客の大半がまず向かう場所がこの観光スポットではないでしょうか。
クレムリンの正面に位置し、目の前にはポクロフスキー聖堂やグム百貨店が位置するこの広場には、ソ連時代には必ずパレードが行われる場所でした。
「赤い」というのはロシア語訳で、古代スラブ語では「美しい」意味だったため、本来の名前は「美しい広場」であったと言われています。
モスクワの観光名所を四方に迎え、記念撮影スポットとしてもおすすめです。
【住所】Krasnaya ploshchad, Moscow
【アクセス】アホートヌイ・リャト駅下車すぐ

Krasnaya ploshad, Moskva, Russian Federation

3.48 480

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ボリショイ劇場

ロシアが誇る、世界的オペラ・バレエ劇場です。
建物の自体の美しさもおすすめで、アポロン神殿のような外観の円柱の高さは15m、建物全体の高さは40mにもなります。
内部は赤を基調とした装飾で、客席数はおよそ1700も存在します。
帝政時代から現在にいたるまで、オペラ・バレエ界の最高峰として君臨し、「芸術の国」ロシアの象徴となっている観光スポットです。
本場を訪れたからには、是非その目で鑑賞することをおすすめします。
【住所】1 Teatralnyy proyezd, Moscow
【営業時間】カッサ12時~16時、18時~20時
【料金】演目により異なる
【休日】要確認

Theatre Square, Moskva, Russian Federation

写真を投稿する
3.00 00

④レーニン廟

赤の広場の真正面に位置し、ロシア元大統領レーニンを永久保存する記念堂です。
1924年に没したレーニンは、家族の反対にもかかわらず、永久保存されることが決定し、1931年に完成した花こう岩作りの現在の建物内で眠っています。
観光スポットへの立ち入りは厳重に管理されており、観光できる曜日や時間も限定されているため、常に行列が絶えません。列の途中で終了してしまったという人も多いため、早めの時間に訪れることをおすすめします。
【住所】Krasnaya Ploshad , Moscow
【営業時間】10時~13時
【料金】無料
【休日】月曜日、金曜日

Red Square, Moskva, Russian Federation

3.00 02

⑤グム百貨店

何も知らずに行くと、これが百貨店だとは気付かないのではないでしょうか。そのぐらい荘厳で立派な建物の観光スポットです。
モスクワ最大の百貨店であり、赤の広場に面して建っています。1921年にレーニンによって開設され、内部は吹き抜け構造の3アーケードが並んでいます。
かつては食料品や日用品が売られていましたが、現在では外資系高級ブランドや、お土産物屋が並んでおり、観光スポットとして生まれ変わっています。
館内各所にカフェがありますので、休憩にもおすすめです。
【住所】Red Square, 3 | Metro Ploshchad Revolyutsii, Moscow
【営業時間】10時~22時
【休日】無休

Red Square, 3, Moskva, Russian Federation

3.08 327

⑥ポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院)

数あるロシアの聖堂の中でも、最も有名な聖堂と言えるのが、この観光スポットです。
赤の広場に面して建っている大聖堂で、対モンゴルの戦勝を祈念して建てられました。
中央の高さ46mの塔をはじめとする塔の先端に、合わせて9つの玉ねぎのようなドームが取り付けられています。独特の形と、派手な外観が一際目立ちますが、創造当時はもう少し地味だったとか。
ひとたび中に入れば荘厳な雰囲気でフレスコ画がとても美しく描かれています。外観だけで満足せず、是非内部まで見学することをおすすめします。
【住所】Red Square 2 , Moscow
【営業時間】10時~18時
【料金】250P
【休日】第一水曜日

ポクロフスキー聖堂

3.00 14

⑦国立歴史博物館

赤の広場に面して建っている、モスクワを代表する博物館です。1872年に設立され、1883年のアレクサンドル3世の戴冠式に合わせて開館したという歴史を持つ観光スポットでもあります。
所蔵点数は450万点と大規模で、時間のない人はこの博物館とワシリー寺院を観光するだけでも十分楽しめると言われているほどおすすめです。
特におすすめは皇帝の玉座で、ロシアらしい、ふんだんに金銀宝石を使った作りに、目がくらむほどです。
【住所】Red Square, 1, Moscow
【営業時間】10時~18時
【料金】300P
【休日】火曜日、第一月曜日

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する