• はてぶ
  • あとで
2021ラスト、どう過ごす?年末おこもり&おでかけプランをご紹介

12月が始まり、2021の終わりも近づいてきていますね。クリスマスが終わるまでは、イルミネーションなどお出かけスポットが目白押しですが、そのあとの遊びの予定は決まっていますか?今回は年末におすすめなおこもり女子会プラント、アートを楽しむおでかけプランをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。(※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

池袋で日中ホテルステイ

【10:00】ホテルステイ用の買い出しへ

ホテルステイで欠かせないのが、おいしいグルメやスイーツ。池袋は駅に大型デパートも多くあり、買い出しには困りません。そんな中おすすめなのが、池袋駅から徒歩6分ほどの場所にある「Racines Bread & Salada(ラシーヌ ブレッド & サラダ)」です。
こちらでは、毎日25種類1,000個ものドーナツが焼きあがるほか、ランチにぴったりなお惣菜系のパン、栄養満点のサラダなどもあります。サラダにかけるドレッシングも種類豊富で、どれもこだわりがつまっているんです。ぜひ、フレッシュなサラダと見た目も可愛らしいドーナツをテイクアウトしてみてください。

詳細情報

東京都豊島区南池袋2-12-12

3.04 017

【11:00】真っ白ホテルのデイユースプランでのんびり

池袋にある「Hotel Siro(ホテル シロ)」では、お得なデイユースプランを楽しむことができます。デイユースプランは二つあり、朝10時から26時までの間で最大7時間利用可能なプランがおすすめです。1人あたり1,990円から利用可能で、とてもお得なんです。
お部屋は、どの部屋も白で統一されているので、女子会にぴったり。ホテルに行く前に買ったグルメやスイーツを並べて映え写真も撮れちゃいます。年末だからこそ、ホテルのゆったり空間で今年一年を振り返ってのんびりおしゃべりしてみては?

詳細情報

東京と豊島区池袋2-12-12

3.28 04

【18:30】コスパ◎ディナー

7時間のホテルステイを楽しんだら、池袋で夜ご飯を食べましょう。おすすめは、大衆イタリアン酒場の「ハトノーユ」。こちらは、コスパ抜群のお店で、上の写真の前菜盛り合わせはこのボリュームでなんと780円!色々な種類の前菜を楽しめるので満足感もバッチリです。
他にも、新鮮な魚のカルパッチョや、無花果とリコッタチーズを使ったイタリアのパン料理「クロスチーニ」、自家製のスパイス塩で味付けされたフライドポテトなど、おしゃれでリーズナブルなメニューがそろっています。お酒を飲みながら、グルメなひとときを過ごしてみてください。

詳細情報

都内アート巡り

【11:00】想像力を刺激する美術館へ

2021年「美術館巡り」はお出かけの定番ともなりましたね。そんな2021年の最後にぜひ行ってほしいのが、清澄白河駅から徒歩10分ほどの場所にある「東京都現代美術館」。12月28日からは年末年始休館になりますが、それまでは3つの雰囲気の異なる展覧会が開催されています。
3つの展覧会は、日本初公開のヴィデオ彫刻などを見ることができる「Viva Video! 久保田成子展」、アートと音楽の交差点から生み出された作品を展示する「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」、新進気鋭のアーティストが手がける「ユージーン・スタジオ 新しい海」となっています。ぜひ足を運んでみてください。

詳細情報

3.88 8405

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【14:00】休憩がてら清澄白河の最新カフェへ

2021年11月15日にオープンした「POSH(ポッシュ)」は、身体に優しいフルーツタルトを提供するカフェ。タルトは、グルテンフリー、デイリーフリー、添加物フリー、そしてヴィーガンで、”焼かずに”作られているんです。
タルトに使われているフルーツは、フルーツサンドで有名な「ダイワ」のものを使っていて、ドリンクは同じく清澄白河にある姉妹店「hagan organic coffee(ヘイガン オーガニック コーヒー)で焙煎したものになっています。店内・外装もとてもかわいらしく、インスタ映え間違いなしです。

詳細情報

東京都江東区常盤1-3-7 ラフィーヴィル清澄白河EAST 1階

3.08 06

【16:00】ワタリウム美術館へ

表参道駅や外苑前駅から歩いていくことができる「ワタリウム美術館」では、現在「梅津庸一展 ポリネーター」が開催されています。タイトルにある「ポリネーター」とは、「植物の花粉を運んで受粉させる媒介者」という意味を持ち、「アートを世界中に運んでいく者」という梅津庸一の立ち位置をたとえて選んだ言葉なんだとか。
梅津庸一は、細密画のようなドローイングや点描画のような絵画作品、自身を素材としたパフォーマンス映像、陶芸作品などを手がけ、その領域は多岐にわたっています。日本の現代美術を先駆ける様々なアート作品を見ることができますよ。

詳細情報

東京都渋谷区神宮前3-7-6

3.51 232

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【18:00】2021を締めくくるアート体験を

アート巡りの最後に訪れたいのが「Artbar Tokyo(アートバー トーキョー)」です。こちらは、ワインとおつまみを楽しみながらアート体験を楽しめるスポットです。世界的に有名なゴッホのように絵を描いてみたり、アクションペインティングをしてみたり、日によって様々なプログラムが用意されています。
年末には、雪景色の日本庭園を描くことができるセッションや、モネの「睡蓮」のセッションが用意されています。事前予約が必要なので、ぜひ下記のホームページから予約をしてみてください。完成した作品は、基本的に当日に持って帰ることができるので、ぜひお部屋に飾ってみてください。

詳細情報

東京都渋谷区代官山町 7-2

3.24 017

2021最後の思い出を!

いかがでしたか?ホテルのデイユースプランを使ったおこもりプランと、美術館を巡るアートなおでかけプランをご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する