• はてぶ
  • あとで
小樽を満喫するならここ!北海道・小樽で行くべき観光スポット15選

おしゃれで、ロマンチックで、見どころたくさんの小樽です。夏のイベント、冬のイベント、数々の名所に足を運ぶのもまた楽しいです。少し足をのばせば、絶景に出会えます!地図とにらめっこしながら、日程と相談しながら。ぜひ旅のプランの参考にしてみてください。(※掲載されている情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①小樽運河

最初にご紹介するのは、小樽観光のド定番、小樽運河と港をぐるりと廻る人気のクルージングです。約40分ほどかけて廻るゆったりとしたクルージングを楽しむことができるます。デイクルーズからナイトクルーズまで、爽やかな夏も雪景色の冬も、さまざまな季節、時間帯で楽しめますよ。

詳細情報

②北一ホール

続いてご紹介するのは、多くのランプに照らされるカフェ「北一ホール」です。天上や壁にかかったランプは幻想的で、落ち着いた美しい空間となっています。タイムスリップしたかのような非日常的な空間に魅了されること間違いなしです。また、ランプが点灯される開店してすぐの時間が狙い時です。

詳細情報

③三角市場

続いてご紹介するのは、小樽駅よりスグの「三角市場」。新鮮な魚介を食べるなら立ち寄りたい場所ですね!お食事も、お土産も、とりあえずココに来れば間違いなく、いいモノに出会えます。新鮮な魚を使った海鮮丼は、絶品ですよ。

詳細情報

④ルタオ本店

グルメを楽しんだ後は、スイーツが食べたくなりますよね。メルヘン交差点のところにある「ルタオ本店」は、小樽の代表的なスイーツです。なかでも人気メニューは、ドゥーブルフロマージュ。とろけるような柔らかさが人気です。本店は、カフェが付いているのでその場で味わうことが出来ますよ。

詳細情報

北海道小樽市堺町7-16

4.09 45255

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤小樽オルゴール堂

続いてご紹介するのは、雰囲気のある外観から印象的な「小樽オルゴール堂」です。こちらの本館では、お手頃な価格のオルゴールから高級なオルゴールまでずらりと並べられています。お土産に喜ばれそうですよ。また、本館から少し離れた「遊工房」では自分だけのオルゴールが作れる体験ができるそうですよ。

詳細情報

⑥小樽天狗山

続いてご紹介するのは、小樽市内より車で15分ほどで行けて、北海道三大夜景の一つとして名所となっている「天狗山」です。小樽市内が一望でき、息をのむほど美しいのです。昼間ももちろん素敵ですが、有名な夜景も見る価値ありです!

詳細情報

北海道小樽市天狗山

3.81 1364

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦小樽雪あかりの路

続いてご紹介するのは、小樽の街がロウソクの灯りで埋め尽くされる人気のイベント「小樽雪あかりの路」です。つぎは、2020年2月9日(日)〜16日(日)に開催されます。運河や街が温かな光に包まれとても幻想的!極寒の2月だけれど、一度は見るべき、感動の灯りです。綺麗なキャンドルの灯りが揺らめいています。

詳細情報

北海道小樽市色内1-7-1

3.33 344

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑧小樽硝子の灯 彩や

続いてご紹介するのは「小樽硝子の灯 彩や(いろどりや)」です。ガラス屋さんがたくさんある小樽は、ガラスの街として有名です。とんぼ玉、吹きガラス、フュージングなど、さまざまな体験ができます。大人も子どもも楽しめますよ。特別なひとつを作ってお土産にぜひ!

詳細情報

asoviewで見る

北海道小樽市堺町1-18

3.06 013

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する