• はてぶ
  • あとで
【終了】音と光の魔法が踊り出す!大阪・ひらかたパークにて「光の遊園地」開催

大阪府枚方市にある、「ひらかたパーク」にて、イルミネーションイベント「光の遊園地」が2021年11月6日(土)から2022年4月10日(日)までの期間中の特定日に開催されています。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式サイトなどを事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「光の遊園地」開催

開催期間:2021年11月6日(土)~2022年4月10日(日)の特定日のみ

大阪府枚方市にある、「ひらかたパーク」にて、イルミネーションイベント「光の遊園地」が2021年11月6日(土)から2022年4月10日(日)までの期間中の特定日に開催されています。
高さ約10mのシンボルツリーでは、今年新たなストーリーを追加し、好評だった2020年バージョンと合わせて2種類のプログラムショーが見られます。空間全体が音と光の魔法にかけられたようなミステリアスでファンタスティックなプログラムショーを堪能ください。
シンボルツリーと光の柱が照らすカラフルなライトで空も地上も光溢れる空間が楽しめます。今年は例年の2倍楽しめる光のプログラムショー。楽しい時間旅行「タイムトラベルファンタジーレボリューション」バージョンと、ミステリアスでスリリングな「ミステリアスマジックナイト」バージョンを交互に繰り広げます。

タイムトラベルトンネル

丘陵地を色とりどりの光の花々が覆い、遊歩道を歩きながら光を感じられる「光の花園」は、まるでミュージカルの世界に入り込んだような壮大な光のショーに注目です。「タイムトラベルトンネル」は、眺める向きで色が変わる約50mの光のトンネル。不思議な時空間に迷い込んだようなミステリアスな光と音の空間演出が見どころです。天井から吊るされたランタンが温かく幻想的な光を灯します。

キャンドルナイトガーデン

こちらの「キャンドルナイトガーデン」は、アンティークなゴールドの光に包まれたエリア。大きなキャンドルをモチーフにした「光の神殿」。ロマンティックな空間で大切な人と過ごせますよ。
こちらは、「ランタンカーニバル広場」です。上空に浮かぶ約500灯のランタンが、ノスタルジックで暖かな光で広場を360度包みこみます。カラフルな光が踊りだすような音と光のショーは必見です。ランタンを飛ばしているような写真が撮れるフォトスポットも。
さらに、光とコラボレーションした20機種以上のナイトアトラクションも登場。割引価格の「ナイト入園」、「ナイトフリーパス」のチケットで、お得に楽しく光の遊園地を満喫できます。
そして毎年人気の「光るわたがし」などのイルミネーションフードも販売されています。見て、乗って、食べて楽しめる「光の遊園地」に、ぜひ訪れてみてくださいね。
いかがでしたか?毎年恒例のひらかたパークのイルミネーションが始まっています。デートでも友達とでも楽しめるコンテンツがそろっていますよ。ぜひ足を運んでみてくださいね。

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をお届けします。ぜひフォローしてみてくださいね。

詳細情報

開催期間:2021年11月6日(土)~2022年4月10日(日)の特定日のみ開催
※点灯時間は、17:00~閉園まで(1月15日(土)以降は17:30~閉園まで)
ナイト料金:おとな(中学生以上) ナイト入園+ナイトフリーパス:3、200円、ナイト入園:1,300円、ナイトフリーパス:1,900円
      こども(小学生) ナイト入園+ナイトフリーパス:2,600円、ナイト入園:700円、ナイトフリーパス:1,900円
      こども(2歳~未就学児) ナイト入園+ナイトフリーパス1,900円、ナイト入園:700円、ナイトフリーパス:1,200円

※ナイト料金のチケットはイルミネーション開催日の16:00からご使用いただけます。
※「ナイトフリーパス」は園内インフォメーションでも販売いたします。
※当日のチケットが完売するとご入園いただけませんのでご注意ください。
※有効期限内の購入済みのチケット、年間パスポート、株主優待券、招待券などはご使用いただけます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する