• はてぶ
  • あとで
【終了】幻の創作カクテルがリバイバル!琵琶湖ホテルで美しい「百人一首カクテル」が登場

琵琶湖ホテルは、2022年1月1日(土・祝)から3月4日(金)までの期間、2階「バー ベルラーゴ」にて、2021年に創作した「百人一首カクテル」シリーズのオリジナルカクテル2点を再販売しています。つのる恋心や早春の情景を色鮮やかなカクテルで表現しました。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

琵琶湖ホテルにて「百人一首カクテル」シリーズが再登場

販売期間:2022年1月1日(土・祝)~3月4日(金)

琵琶湖ホテルではこれまで「百人一首カクテル」シリーズの販売や百人一首をテーマにした“アフタヌーンティー”など、百人一首と食の融合という「かるたの聖地・大津」ならではのユニークな楽しみを提案し続けてきました。今回はバーテンダーが心をこめて創作した2021年のカクテルの中から、特におすすめの2点をリバイバルしました。

「百人一首カクテル」メニュー

(1) 男女川(みなのがわ)¥1,400-
「つくばねの 峰よりおつる みなの川 こひぞつもりて 淵となりぬる」

だんだんとつのる恋心を、色とりどりのリキュールの重なりで表現しました。境目の繊細な色合いが、恋する気持ちの複雑さを思わせます。美しい色の層を作り上げるバーテンダーの技が見ものの一杯です。
(2) 逢坂(おうさか)の関 ¥1,800-
「これやこの 行くも帰るも わかれては 知るも知らぬも あふ坂の関」

大津と京都の境である逢坂の関のそばに、作者の蝉丸は庵を結んでいたと伝えられています。まろやかな緑色で早春の山道を、傘のガーニッシュで行き交う旅人をイメージ。出会いと別れの季節に捧げるカクテルです。
またRETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をお届けします。ぜひ、フォローしてみてくださいね。
bookingで見る

滋賀県大津市浜町2-40

3.64 795
英国気分の優雅なスイーツオーダービュッフェ

琵琶湖ホテルでは、2022 年1月 15 日(土) 「いちごの日」から、レストラン ザ・ガーデンにて、いちごスイーツオーダービュッフェ“Strawberry Garden”を開催されています。⁣ ⁣ 趣向を凝らした美しいウェルカムプレート&ドリンクから始まるスイーツビュッフェは、いちごをふん だんに使用した 12 種類のスイーツと、8 種類のセイボリー、15 種類のドリンクを着席したままのオーダービュッフェスタイルで思う存分楽しめるデラックスなラインナップ。⁣ ⁣ さらに、開催期間の前半と後半で異なる各2種類の期間限定スイーツや、88 周年を象徴する「88 cmいちごロールホワイト」も登場。⁣ 英国のガーデンパーティーをイメージした装飾に彩られたエントランス、そしてフォトブースも設けられ開放感あふれる琵琶湖の眺望と共に⁣ 楽しむスイーツビュッフェです。⁣ ⁣ ⁣ ⁣ ビュッフェは安全・安心に配慮したオーダー形式で、お料理はスタッフさんによりお客様のテーブルまで届けてくださるシステムとなり、お客様自身のスマートフォンをオーダー端末として使用するセルフオーダーシステムを導入。⁣ お席を立つ事なく着席したまま腰を据えてゆったりといただけ、配膳・下膳をサポート するロボットも活用することで、人との接触を減らす工夫が行われています。⁣ ⁣ =========⁣ ⁣ =========⁣ ⁣ おすすめをピックアップしてご紹介致します。⁣ ⁣ まずは「花咲くピスタチオデザート ~庭園風~」がお席へウエルカムプレートとして登場。⁣ ⁣ こちらはいちごが 実り花が香る庭をイメージされておりラブリーな植木鉢のようなスイーツで、添えているスプーンはクッキー。⁣ 素材そのもののフレッシュな味を楽しめる「いちご3 種の食べ比べ」品種は提供日により異なり、どんな種類が登場するかもお楽しみのひとつです。⁣ ドリンクにはオリジナルのノンアルコールスパークリング「ストロベリーシャワー」が提供され、スイーツとのペアリングを楽しめ、今までのビュッフェでは味わえないサプライズをもたらすプレミア感ある演出に気分の高揚が止まりません。⁣ ⁣ ⁣ 苺のザッハトルテはチョコレートケーキを滑らかないちごチョコレートでコーティングした濃厚なショコラ感と苺の酸味のマリアージュを楽しめるアイテム。⁣ ⁣ 苺のフィナンシェはクマの形を模した可愛さ極めたビジュアル。⁣ しっかりとした歯応えと穏やかなストロベリーフレーバーを楽しめる焼き菓子です。⁣ ⁣ 苺チョコファッジはアミューズスプーンでスタイリッシュに登場する、西洋のキャンディの一種で、濃厚な味わいはミニサイズでもパーフェクトの満足感です。⁣ ⁣ 苺のグラスショートケーキは上品な甘さのクリームといちごをレイヤードした、断面の美しさにも注目の一品。⁣ ⁣ 苺のロリポップは苺を模したパステルピンクのカラーリングがフォトジェニックなキュートさ満点のアイテム。⁣ ⁣ 苺のパンナコッタはぷるんとした滑らかなババロアはいちごの芳醇な香りと、とろける口溶けで、まさに至福の味わいです。⁣ ⁣ 苺ロールホワイトは出来上がり時の長さ88cmの超ロングサイズ!⁣ ⁣ スタッフさんにより丁寧に切り分けられ我々の元へ提供されます。⁣ ロールケーキは真っ白な生地に赤が生える麗しいビジュアルでしっとりきめ細やかなスポンジ生地とクリームの一体感を楽しめる技冴え渡るハイクオリティな逸品です。⁣ こちらはタイムサービスドリンクは英国ブランドのユニークなステ ィック状の紅茶「T-stick of London」のストロベリー ティーとのマリアージュも楽しめ、紅茶はかき混ぜるごとに、奥深い紅茶の香りと甘酸っ ぱいいちごの香りがハーモニーを奏でる優雅な味わいです。⁣ ⁣ ⁣ いちごのビクトリアスポンジケーキは生地に軽いスポンジを使用されてオーソドックスなビクトリアケーキよりエアリーでライトな食感!⁣ 上品な甘さがクセになる和洋折衷の味わいを楽しめる伝統菓子です。⁣ ⁣ ラムレーズンポテトとメープルナッツはレーズンの穏やかな甘さとメープルナッツの食感がアクセント。⁣ ⁣ オニオンフライ&ポテトフライ 滋賀県産漬物入りタルタルソースはタルタルソースにお漬物を入れた滋賀県ならではの斬新な一品です。⁣ ⁣ ドリンクはコーヒー、いちごラテ、ハーブティーなどバリエーションも豊富にラインナップ。⁣ コーヒー、紅茶はアイスでも注文可能で両者共に癖のないクリアな味わいはスイーツの美味しさを引き立てます。⁣ ⁣ ==========⁣ ⁣ 琵琶湖のランドマークとも言える琵琶湖ホテル2階に位置する「レストラン ザ・ガーデン」⁣ ⁣ ⁣ 明るい陽射しの降り注ぐスペーシーな店内は、ホワイトベースのシンプルモダンなインテリア。⁣ 窓からは雄大な琵琶湖、比叡山、大津港、花噴水が一望できる絶好のロケーション。⁣ ⁣ 高い天井と開放感に満ち溢れた、カジュアルながらも洗練された空気感に包まれます。⁣ お席もゆったりレイアウトされソーシャルディスタンスを意識した空間作りがなされており、ビュッフェ台では手袋、マスクの着用の徹底と安心安全の元お食事を楽しむことができます。⁣ ⁣ 入店時には検温と手指のアルコール消毒の徹底。⁣ 各テーブルにはマスクケースがスタンバイされ、ソーシャルディスタンスを意識したレイアウトや、立席時のマスク着用の徹底と万全の対策が取られています。⁣ ⁣ ==========⁣ ⁣ フルコンプリートしたくなるスペシャルな内容、そしてテーブルオーダー制で安心感と共に心ゆくまで贅を尽くしたホテルグルメを堪能できることはやはりビュッフェの醍醐味です。⁣ スタッフさんの細やかでスマートなサービス、来客に寄り添うような柔らかなホスピタリティはリピート必至のポイントの一つです。⁣ ⁣ 充実のフードメニューは豪華なランチとしても楽しめ、ゆったりとしたダイニング空間は大切なご友人やご家族、はやまた恋人とスイートなひとときをお過ごすのもおすすめです。⁣ ⁣ そして2022 年は琵琶湖ホテルが 88 周年を迎えるアニバーサリーイヤーということもあり、⁣ 料金は 88 周年の感謝を込めた 3,988 (サンキュー88)円とリーズナブルに楽しめるgood Chanceです。⁣ ⁣ ⁣ ホテル特有の気品と高級感を享受しながら堪能する贅沢なスイーツタイム。⁣ 異国情緒たっぷりの贅沢なスイーツやセイボリーで優雅な午後の昼下がりを過ごしてみてはいかがでしょうか?⁣

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

詳細情報

「百人一首カクテル」販売概要
提供期間:2022年1月1日(土・祝)~3月4日(金)
提供時間:18:00~22:00(L.O.21:30)
提供場所:琵琶湖ホテル2階 「バー ベルラーゴ」
料  金:¥1,400(男女川)、¥1,800(逢坂の関)

公式サイトはこちら

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する