• はてぶ
  • あとで
【終了】京都にてカワイイ”インク”が大集結!「愛でる、楽しむ、愛しのインクフェア」開催

京都岡崎 蔦屋書店にて、「愛でる、楽しむ、愛しのインクフェア」を2022年2月16日(水)~3月20日(日)の期間、開催しています。注目のインク、ガラスペンのほか、インクブレンドのワークショップも行われるそうです。(なお、情報は記事公開時点のものです。事前に公式サイトなどを確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

「愛でる、楽しむ、愛しのインクフェア」開催

開催期間:2022年2月16日(水)~3月20日(日)

京都岡崎 蔦屋書店にて、「愛でる、楽しむ、愛しのインクフェア」を2022年2月16日(水)~3月20日(日)の期間、開催しています。注目のインク、ガラスペンのほか、インクブレンドのワークショップも行われるそうです。

Dominant Industry (ドミナント インダストリー)

今回は、韓国のインクやTAG STATIONERYのインク、また紙物が好きな方にはたまらない啓文社印刷の活版マッチ箱などが登場します。自然に宿る豊かな彩りを伝統的な染色の技で表現した「文染」や平安時代から使われる日本の伝統ある色味を現代の技法で解釈した「京の音」といった京都や日本らしい色味のインクが集結しますよ。

3・OYSTERS(スリー オイスターズ)

京都では初の販売となる、鮮やかな色味の変化やラメ入りインクを提案する韓国発のインクブランド「Dominant Industry」(ドミナント インダストリー)と「3・OYSTERS」(スリー オイスターズ)もお披露目!ラメ入りインクや香り付きのインクなど、韓国の名所や自然をモチーフにした全59色の中から特に人気の色が販売されます。

TAG STATIONERY 京の音シリーズ

TAG STATIONERYから出ている“京の音”は、平安時代から使われる日本伝統の和色を現代の技法、解釈で再現した筆記用インクのシリーズです。色それぞれの独特な名前とストーリーが特徴なんだとか。

TAG STATIONERY 文染シリーズ

同じくTAG STATIONERYから出ている”文染”は、透明度の高い色彩を、染料入りの墨で表現しています。従来の固形墨よりも色鮮やかで染料ならではの濃淡、透き通る色合いが特徴です。鈴鹿墨進誠堂と共同で開発した染料と膠、ふのりで製墨した色墨です。

啓文社印刷 活版マッチ箱シリーズ

こちらは人気の「活版マッチ箱シリーズ」。「記憶に残る印刷物」を合言葉に、神戸の工場で様々な印刷技法と高い技術と豊富なアイディアで、ときめきを形にする啓文社印刷の、活版印刷ならではの凸凹の風合いと、愛らしいデザインを楽しめる活版マッチ箱。箱の中にはメモが入っています。
いかがでしたか?おうち時間が増えたことで、新たな趣味としてイラストを始めた人も多いのでは?ぜひ、お気に入りのインクを見つけてみてくださいね。

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をお届けします。ぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

■愛でる、楽しむ、愛しのインクフェア
日時|2022年2月16日(水)~3月20日(日)
場所|京都岡崎 蔦屋書店 くらし フェア台
主催|京都岡崎 蔦屋書店
問い合わせ|075-754-0008(営業時間内8:00-20:00)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する