• はてぶ
  • あとで
行くなら今!3月終了の「サウナタウン下北沢」で体感したい"ととのう"ポイントとは

待ち遠しい春を目前に、春直前だからこそ楽しめるスポットに行っておきませんか?東京のおしゃれな街の一つ・下北沢に2022年1月にオープンした"ととのいスポット"「サウナタウン下北沢」もその一つ。今回は、3月19日(土)までの期間限定で利用できる、こちらの施設の"ととのう"ポイントをギュッとまとめてご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

シモキタで話題の"空き地"に突如出現!アウトドア✕サウナ施設

多種多様な飲食店や古着屋が集まり、デートスポットとしても不動の人気を誇る下北沢。このエリアから近隣駅の東北沢駅・世田谷代田駅にかけて現在、絶賛"街づくり"中なんです。特に、この"街づくり"エリアの中でも昨今、おしゃれなスポットとして注目を集めているのが「下北線路街 空き地(しもきたせんろがい あきち)」。
飲食関係の常設スペースと2種のレンタルスペース(芝生エリア、イベントエリア)からなるこちらのスポットですが、芝生エリアにて2022年1月7日(金)〜3月19日(土)までの期間限定でオープンしているのが、移動式サウナプロジェクトの施設「サウナタウン下北沢」なんです。

新感覚の「移動式サウナ」プロジェクトとは

「サウナタウン下北沢」は、様々なサウナイベントやサウナの映像制作を行ってきた「NEWTOWN」(ニュータウン)とイベント企画会社「KIRINZI」(キリンジ)による共同プロジェクトの第2弾。2021年4月に都内で行ったイベントを皮切りに、「サウナのない場所に、サウナのある街を立ち上げる」テーマのもと、移動しながらオープンをしている新感覚のサウナ施設なんです。
また、「サウナをブームで終わらせず、カルチャーに」をモットーとして掲げているのも、この施設の注目ポイント。サウナ初心者から上級者まで、どなたでも親しみやすく、それぞれの楽しみ方でサウナに没頭できる空間を作り上げることで、ここでしか味わえない"都会✕屋外のサウナ体験"を提供しているんです。この思いは細部にも配され、例えば男湯・女湯それぞれの入口には、実際に銭湯で使用されていたのれんを使用するといった徹底っぷり。
ちなみに、こちらは屋外にあるサウナなので、利用する際は水着の着用が必須となっていますが、サウナ初心者の方や水着を持っていない方や、手ぶらでお越しになりたい方でも安心して利用できるよう水着の貸出を行っています♪さらに、サウナをより快適に楽しむための「サウナハット」や「サウナポンチョ」などのグッズも入り口近くでGETできるようになっていますよ(有料)。

移動型だからこそ実現できる「テントサウナ」に潜入!

サウナと聞くと、大きな温浴施設の一部に組み込まれているものや独立型のロッジのような建物をイメージする方も多いのでは?しかし、こちらの施設に用意されているのは「テントサウナ」という四角いテントの個室群(NOPPA sauna(ノッパ サウナ)社製、国産)。丸みを帯びて可愛らしいフォルムのテントは、入る前から期待で胸がいっぱいになりますよ!(ちなみに、貸切で利用できる大きめのテントサウナ(定員5名)もあります。)
テント別にテーマが決まっており、"サウナの聖地"と評される静岡県の人気サウナ「しきじ」を再現したテントと、お茶メーカー・伊藤園が提供する「日本茶」テントがあります。「しきじ」テントは、10種類以上の薬草をブレンドしたオリジナルの香りを譲り受け、再現。その香りと熱気は本物さながら!また、「日本茶」テントでは、日本茶・ほうじ茶・麦茶の香りを日替わりで楽しめ、リラックスできちゃうサウナです◎

本物の薪を焚べるオリジナルストーブで、しっかりロウリュ

「サウナタウン下北沢」のテントサウナ、最大の魅力は、各基にオリジナルのストーブが設置されていること!側面から、薪を焚べられる穴が空いており、スタッフの方が定期的に足してくださるので、テント内の熱さは常に保たれている状態なんです。(画像は許可を取って撮影しています。なお、熱さへの耐久機能が備わっていない電子機器のサウナ内での利用は、故障につながるため十分ご注意ください。)
テント内では自分でロウリュをすることが可能!ロウリュとは、ストーブの上に積み上げた石に水をかけ、一気に蒸発させること。ロウリュをすることで「熱波(ねっぱ)」という温かい空気がサウナ内に広がるため、体感温度がグッと上がり、新陳代謝を促しますよ。ぜひロウリュをしたら、手持ちのタオルで扇ぎ、熱波を拡散してみてくださいね。

水風呂or外気浴or内気浴?好みのスタイルで休めるアウトドア空間

サウナでたくさん汗をかいたら、さらなる代謝を促すため、定期的にテントを出て身体の熱を冷ましますが、こちらでは「水風呂」「外気浴(がいきよく)」「内気浴(ないきよく)」の3種類の冷まし方が利用できますよ。水風呂は、施設内で提供しているオリジナルドリンク(後述)との連動で、"ビタミン"色になっているんです。水温はその日の天気に合った自然の温度。そのため、時には極寒の冷たさになっていることもあるのだとか…!
水風呂で一気に身体を冷ますのも良いですが、2〜3月は外気も程よく冷たいので、テントの外のリラックススペースで外気浴をするのもおすすめ。テントを囲む芝生にはキャンプ用のチェアなどが設置されているので、ゆったり腰掛けながらくつろげますよ。また、室内で冷ます内気浴用のミニハウス(小屋、「ねば杉」使用)もありますよ◎プライベート感もあるお家で本をめくってみるのもいいかも。

代謝が良くなるとお腹が空く…方におすすめの「サウナ飯」♡

サウナで"ととのい"はじめると、身体の巡りが良くなって、いつしかお腹も空いてきちゃいますよね。そんな時にいただける「サウナ飯」も用意されていますよ!メニューは「唐揚げ」や「フレンチフライ」といった軽食から、「サウナタウン名物 とん汁」「ジュージュー しょうが焼き」「糖質オフなのに食べ応え抜群!『ひき肉とナスのドライカレー』」といったガッツリ系まで。ちなみに、しょうが焼きやドライカレーのお米は、特殊な製法で糖質をカットしたもの(「みらいのごはん」提供)。

ヘルシーでアツアツの食事を一口頬張れば、食べる手が止まらなくなってしまいます♡
また、こちらの施設でぜひいただきたいのが、オリジナルドリンクの「ビタミンビクス」!伊藤園の栄養機能食品「ビタミンパワーGO!」とフィットネスサポート飲料「アクアビクス」を合わせた、サウナでの発汗後の水分補給に最適&最強すぎるドリンクなんです♪程よい甘さとビタミンの酸っぱさを炭酸が引き立て、熱冷ましタイムをより一層爽やかにしてくれますよ◎

帰りの身支度をゆったりと。上質シャワー&パウダースペース完備

※許可を取って撮影しています。

施設内でサウナや食事を楽しめるのは基本90分(延長可能、10分毎に追加料金有)。たっぷり代謝した汗をしっかり流して、身支度を整えてからチェックアウトできるよう、脱衣所にはシャワー&パウダースペースが完備されています。シャワーブースに設置されているシャワーのヘッドは浄水機能付き。柔らかい水流と清らかな水で汗をすっきり流せますよ!

※許可を取って撮影しています。

パウダースペースには、顔周りを均等に明るく照らしてくれる鏡が設置されているので、しっかりメイクをすることも可能♪また、パウダースペースとは別にドライヤーが使えるエリアがあるので、席が空くのを待たずに効率よく準備ができるのも嬉しいところです♡ちなみに、濡れた水着やタオルを入れるためのビニールも自由に利用できるようになっているので、ビニールを忘れてしまっても安心ですよ◎

サウナだけでは終わらない!関連グッズや遊びスペースにも注目◎

めいっぱいサウナを楽しんだあとは、なんだか名残惜しい気分になったり…。そんな方は、入り口前の踊り場にあるグッズコーナーに立ち寄ってみて◎Tシャツ、パーカー、タオル、ステッカー、キーホルダーなどのオリジナルグッズや、サウナ関連の書籍などが手に入りますよ。
また、隣接する飲食エリアとの間には、内気浴の小屋にも利用されている「ねば杉」で作った巨大なオセロや将棋が!また、外に停めてあるキッチンカーでは、施設内でもいただけたサウナ飯をテイクアウトすることも可能◎またお腹が空いてしまった方、気になっていたメニューがまだある方はぜひ食してから帰るべし!

終了間近の「サウナタウン下北沢」へ急げ!

いかがでしたか?今回は、今年の3月19日(土)で終了してしまう移動型サウナプロジェクトの第2弾「サウナタウン下北沢」についてご紹介しました。本記事執筆に際し実際に体験取材に伺いましたが、想像以上にリラックスできるスポットで、ぜひ期間内にもう一度…第3弾もあれば"ととのいたい"…と感じました。プライベート感もあるスポットなので、お一人や少人数での利用におすすめですよ。ご興味のある方は下記のリンクから施設をチェックしてみてくださいね♪

詳細情報

東京都世田谷区北沢2-33−番12号

- 022

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

redvegmochi画像は中禅寺湖の朝です

このまとめ記事に関して報告する