• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
未知の文明?解明されない海底遺跡が沖縄に存在した!

沖縄県与那国島の南部にある「与那国島海底地形(よなぐにじまかいていちけい)」と呼ばれる場所。海底に沈んだ古代の遺跡のように見えます・・・!その真相は?

このまとめ記事の目次

海底に遺跡が・・・!?

この海底にある遺跡のような場所、海外ではなく日本にある地形。
「与那国島海底地形(よなぐにじまかいていちけい)」と呼ばれる場所です。

ここは、沖縄県の与那国島南部で発見された地形で、人工的に加工されたとも考えられる巨石群から、海底遺跡と考える説もあり、「与那国海底遺跡(よなぐにかいていいせき)」と呼ばれることもあります。
出典:www.youtube.com

海底遺跡 - YouTube

とても自然に作られた地形には見えないのですが・・・。

超巨大!

なんとこの「海底遺跡」、大きさは東西に250メートル、南北に150メートルもあり、エジプトのピラミッドにも匹敵する大きさなんです!

遺跡なの?

実は、この「与那国海底地形」が遺跡かどうかは、まだはっきりとした結論が出ていないんです。
古代文明の一部だと言う人や、自然にできた地形だと主張する人。今なお議論が続いています。

古代遺跡派

かつて陸上にあった証拠として、「陸上にしかできない鍾乳洞が遺跡ポイントの近くにあること」をあげる人も。

出典:www.churashima.net

木村政昭教授は、この与那国島海底巨石遺構は、中・南米にみられる階段ピラミッドに似た遺跡であり、人口的建造物であると判断を下し、1998年、沖縄県の文化局に「遺跡発見届け」を提出する運びとなりました。

出典:21seikinokadai.blog15.fc2.com

ちゃんとした調査も行われているようです。

十字状に刻印のある石版が発見され、鑑定の結果、海底で貝などによって付けられた跡ではなく、意図的な刻印との結論でした。発見された石器も、人工物であると鑑定されました。

出典:www.edukeo.com

遺跡説が濃厚・・・?

自然地形派

地盤の傾斜にそって、床も階段も何もかも傾斜しているような建造物は考えにくい

出典:ameblo.jp

あれは「節理」と言って、自然にも結構あるものです。岩石は直線方向に”ひび”が入っていて、それに沿って割れる性質を持っており、実際の石切り場でもそれを応用して石を方形のブロックで切り出しています。そして、ひびの部分が脆くなっているために、他の箇所より侵食が早くなり、そのひび部分がくっきりと浮き出して人が積んだように見えるのです。

出典:ameblo.jp

ブリティッシュコロンビア大学教授のリチャード・ピアソン(Richard J. Pearson)は、与那国島では焚火跡、石器、土器を含む紀元前2500年-2000年の小規模な居住地の遺跡が発見されているが、その住民には石造記念物を建造する余力はなかったであろうとの見解

出典:ja.wikipedia.org

どちらが本当なのでしょうか・・・?

余談ですが、人間は科学的根拠をいくら示されても信じたくないものは信じないんだそうです。
あなたはこの海底地形、自然にできたものだと思いますか?それとも、古代文明の名残だと思いますか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する