この春行きたいのはここ!RETRIP日本の2月のいいね数ランキング

みなさん、RETRIPがインスタグラムをやっていることはご存じですか?「@retrip_nippon」というアカウントでは、国内旅行をするならチェックしたい今話題の絶景を紹介しています。今回はその「RETRIP日本」のアカウントで投稿された写真の中からいいね!数が多かったものを、TOP9のランキング形式でご紹介します。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。お出かけの際は必ず事前に情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【第9位】鹿島神宮 / 茨城

いいね!1.1万件

今回ご紹介するのは、茨城県にある「鹿島神宮」です。こちらは武道の神様である「武甕槌大神」を祀り、神武天皇の時代からの歴史を誇る由緒正しき神社。境内の広さは東京ドーム15個分にも及び、神聖な雰囲気を感じることができます。
そんな鹿島神宮には、「御手洗池」という湧水で満たされた池があり、その光景が神秘的でフォトジェニックだと話題を集めているんです。以前は参拝前にここで禊も行われてたそうで、独特の雰囲気に浸ることができますよ。

詳細情報

【第8位】伊根の舟屋 / 京都

今回ご紹介するのは京都にある「伊根の舟屋」です。こちらは、日本で最も海に近いと言われている町。伊根湾沿いに約230もの舟屋という建物がずらりと並ぶフォトジェニックな光景が見られます。
冬の雪の降る日には、幻想的な景色を見ることができます。舟屋の中には内部を見学することができるものもあるので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。なお、舟屋は現在も使われている建物ですので、マナーを守って見学するように心がけてください。

詳細情報

伊根の舟屋

京都府与謝郡伊根町字平田 伊根の舟屋

3.15 23603

【第7位】瀧神社 / 岐阜

今回ご紹介するのは岐阜県美濃市にある「瀧神社」です。ミズハノメ、セオリツヒメを祀っているこちらの神社は、境内に苔がむしており、神秘的な雰囲気を感じることができます。
苔の深い緑色が見られる夏も素敵ですが、冬の雪が積もった姿も見事なものです。参道にも雪が積もり、異世界への入り口かのような独特の世界観を感じることができますよ。

詳細情報

瀧神社

日本、岐阜県美濃市乙狩2218

- 019

【第6位】清洲城 / 愛知

いいね!1.4万件

今回ご紹介するのは愛知県清須市にある「清洲城」です。こちらは、1405年に下津城の別邸として建てられたお城。現在のお城は、1989年に再建されたもので、内部には清洲の歴史に関する展示が行われています。
赤い橋の先に黒い天守閣のお城が佇む姿は、まるでアニメの世界から出てきたかのよう。清洲城は、織田信長が天下を統一する際にも重要な役割を担ったお城と言われており、歴史好きの方には特におすすめしたいスポットです。

詳細情報

【第5位】ハルニレの木 / 北海道

いいね!1.6万件

今回ご紹介するのは北海道の豊頃町にある「はるにれの木」です。こちらは、大小2つの木が一体化して一つの大きな木のように見えるユニークなスポット。有名なCMなどにも使われており、その樹齢は150年にも及びます。
そんなはるにれの木では冬になるとあたり一面に雪が降り積り、幻想的な風景を見ることができます。特に夕暮れ時や夜は、周りに何もないので神秘的な雰囲気に包まれ、ここにしかない絶景に出会えますよ。

詳細情報

【第4位】岡本桟橋 / 千葉

いいね!1.7万件

ご紹介するのは、千葉県にある「岡本桟橋」です。南房総市にあり、全国でも珍しい木製の桟橋が海へと続く絶景スポットです。ノスタルジックな雰囲気で、テレビCMやロケ地にもなっていて人気となっています。
また、「岡本桟橋」が正式名称ですが、原岡海水浴場にあることから〝原岡桟橋〟とも呼ばれています。晴れた日には、対岸の富士山と桟橋のコラボレーションがとても美しいです。夕陽を見に行くのも素敵なのでおすすめです。是非訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

原岡海岸 岡本桟橋

日本、千葉県南房総市富浦町原岡210−1

3.12 8162

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する