【体験レポ】暮らすように旅する。北海道の新スポット「砂川エリア」を体験してみた。

札幌から1時間程度で行ける「砂川市」をご存知ですか?砂川市は人口17,000人ほどの市ですが、新しい観光スポットが続々とできている話題のエリアです。人気カフェやホテル、アクティビティも増えていて北海道を暮らすように旅することができる魅力的なエリアになっています。今回は北海道初心者から上級者まで楽しめる砂川市を公式アンバサダーと一緒にご紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

砂川市ってどこにあるの?

砂川には札幌駅から特急で約50分、レンタカーなら1時間20分程度で到着。石狩平野を見ながらあっという間に到着してしまいます。北海道の大自然の中にある地域ですので、旅の移動にはレンタカーがオススメ。旭川側からも立ち寄ることができますよ。
今回は札幌から電車で到着。北海道砂川市と周辺地域の事業者が集まって、この地域の魅力を域内外に発信するプロジェクト「Oasis Republic(オアシス リパブリック)」の公式アンバサダーである根津ちえりさんと森川ユカさんと砂川エリアを巡っていきます。
提供:オアシスリパブリック

魅力① オアシスパーク周辺のアクティビティが満載

提供:砂川市
まるでお城のようなこの建物、実は砂川市のシンボルでもある、オアシスパークの管理塔なんです。旧石狩川の跡地を利用して造成された水辺のレクリエーションエリアであるオアシスパークでは春夏秋冬、様々なアクティビティが楽しめます。冬の時期以外はサイクリングやカヌー、ウインドサーフィンを楽しむことができるんです。
そして真冬になると、湖面が全面凍るので「ワカサギ釣り」が体験できちゃうんです。こちらのオアシスパークは国が管理している施設のため初心者でも簡単にワカサギ釣りを楽しむことができるんです。
アンバサダーの二人も座ってわずか3分ほどでワカサギGET!その後もコツを掴んでたくさん釣り上げ大興奮!釣ったワカサギはその場で天ぷらにしていただきます。小さい魚と侮るなかれ、甘みのある超新鮮な天ぷらは旅の忘れられない味になりました。

魅力② スイーツが美味しすぎる。

あの「北菓楼」の本店がある!

北海道好きなら必ずお土産で食べたことがある「北菓楼」の本店が実は砂川市にあるんです。本店では定番のお土産だけでなく喫茶スペースも併設。ここでしか味わえない素敵なスイーツが待っていますよ。
※現在はコロナ感染症予防の観点から休止中。詳しくは店舗にお問い合わせください。

街ナカにも名店あり!

街ナカにも地元民に愛される名店がたくさんありますが、中でも「ナカヤのアップルパイ」は大人気スイーツのひとつ。店内に入るとアップルパイの焼ける香りにノックアウト。アンバサダーの二人も買わずには帰れず、大量購入しちゃいました。

魅力③ あの話題のホテルが進出!

砂川市から少し離れたところには、「芦別温泉」という温泉があります。もともとは普通のホテルだったのですが、リニューアルしてできたのが「おふろcafé星遊館」。このおふろcaféは埼玉で超人気施設となった話題の宿泊スポットで、ただ宿泊するだけでなく、たくさんの本、漫画、雑誌が読み放題。さらに温泉も入り放題なので、まるで本屋に泊まっているかのよう。
寝室となるお部屋はもちろんあるのですが、宿泊者と温泉利用者が使えるリラックススペースが◎!こたつの中やテントの中で過ごすこともできちゃいます。また朝食ビュッフェも豪華で、朝から海鮮丼が好きなだけ食べられちゃいます。

魅力④ 北海道グルメも満喫

砂川市の地元民にも人気のカネイ池内では、北海道の魚介を使った海鮮丼やばらちらしが食べられます。店舗が混んでいるときはテイクアウトも◎これでもか!と載った具材はどれも新鮮で北海道の魅力が詰まっています。
提供:すながわトリップ
今回は時間の関係で立ち寄れませんでしたが、北海道といえばラーメンも抑えたいところ。「麺屋たっか」は道産小麦を使った麺と無化調のスーブが抜群の人気店で、あのミシュランガイド北海道 2017特別版でも掲載された店舗なんです。

魅力⑤ おしゃれカフェも複数あり!

砂川市にはおしゃれカフェもたくさん点在しています。北海道らしい景色が楽しめる「ファームレストラン リヴィスタ」では自家製のモッツァレラや牛乳を使ったピザやパスタなどのカフェ飯が人気!
「SHIRO 砂川本店」はあの化粧品ブランド「SHIRO」が手掛けたカフェ。砂川本店は全国のSHIROの中でもカフェ併設1号店として有名なんです。おしゃれなパンケーキやドリンクメニューはもちろん、筆者も頂いた「ゴロゴロ野菜の焼きカレー」は絶品です。
砂川中央市場内にできた「ESPRESSO STAND PLATS」はエスプレッソを気軽に楽しめるお店です。かわいいお土産も売っているのでフラッと立ち寄るカフェとしてオススメです。アンバサダーも大満足の様子。

知らないなんてもったいない!

提供:オアシスリパブリック
いかがでしたか?今回は北海道砂川市の魅力を5つご紹介しました。札幌や旭川などの定番エリアも素晴らしいですが、北海道には一歩踏み込むとまだまだ魅力的なエリアがたくさんあります。今度の旅行は砂川市で北海道を暮らすように旅してみては?

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

yklab旅するリモートワーカー

このまとめ記事に関して報告する