• はてぶ
  • あとで
【終了】ネモフィラやマリーゴールドなどが満開に。赤レンガ倉庫『フラワーガーデン2022』

20周年を迎える横浜赤レンガ倉庫では、アニバーサリー企画『FLOWER GARDEN 2022』が開催されます。テーマは“BRIGHT”(輝き)で、 約20種類23,000鉢の花々が場内を彩ります。未来にむけたサステナブル企画も新たに開始し、専用エリアも設置されます。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは公式サイトなどを事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

横浜赤レンガ倉庫「フラワー ガーデン 2022」

開催期間:2022年3月31日(木)~4月24日(日)

@Prtimes
横浜赤レンガ倉庫は今年で20周年を迎え、16回目の開催となる 『FLOWER GARDEN』が2022年3月31日(木)~4月24日(日)の期間で始まります。今年のテーマは“BRIGHT”。閉塞した日々が続く中でも、横浜港を臨む開放的な空間と色とりどりの草花を通じて、晴れやかな明るい気分になってほしい、未来が明るく開けたものになってほしいという想いいが込められています。
@Prtimes
ペチュニアやネモフィラ、マリーゴールドなど約20種類23,000鉢の明るく鮮やかな春の花が、華やかな空間を演出しますよ。
@Prtimes
4月19日(火)より、横浜赤レンガ倉庫1号館内で開催予定の「サンリオ展」とのコラボレーションも行います。セーラールックに身を包んだ横浜限定デザインのハローキティを色とりどりの花で描いた、直径4mの「サンリオガーデン」が登場します。
@Prtimes
また海側に広がる赤レンガパークには、『FLOWER GARDEN』としては初めてのドッグランを期間限定で設置。ベイエリアを一望できる開放的な空間で、春の訪れを感じながら思う存分ワンちゃんが駆け回ることができますよ。
@Prtimes
またガーデンの一部には、サステナブルをテーマにしたエリアを設置。廃自動車や廃タイヤを花でディスプレイしたエリアや、履けなくなったジーンズに土を詰めて花を植え込んだジーンズディスプレイ、古木材を利用したテラス風ガーデンなど、廃材やスクラップに新たな命を吹き込むことで、資材の循環利用を推進するそう。また最終日には、『FLOWER GARDEN』の一部エリアの花をお客様に無料で配布するイベントも実施されます。
@Prtimes
場内には軽食を楽しめるキッチンカーもあるので、小腹が空いた時にも最適です。ぜひ、色とりどりの花で迎える春の始まりをお楽しみください。
また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新スポットのオープン情報をお届けします。ぜひフォローしてみてくださいね。

詳細情報

■『FLOWER GARDEN 2022』
期間:2022年3月31日(木)~4月24日(日) 計25日間 ※ライトアップ 17:30~20:00(イベント最終日のみ~18:00)
入場料:無料(飲食・物販代は別途)
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク

公式サイトはこちら

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する