• はてぶ
  • あとで
お取り寄せラーメン戦争勃発。食べなきゃ損!おうちラーメン10選

最近、おうちでご飯を食べることが増えましたよね。おうちごはんが増えたならばおうちで食べるものを豪華な楽しみにできたら素敵ですね。外食はまだ少し不安があるという方や名店のラーメンが食べたいけれど行くには遠すぎると不便に思っている方。実はワンクリックで名店の味がお家で食べられます。「お取り寄せラーメン オブ・ザ・イヤー」が激白し、さらに賑わいを見せるお取り寄せラーメン界隈。今回は全国各地に店舗を構える人気ラーメン店のお取り寄せグルメをご紹介します。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 麵屋坂本01

最初にご紹介するのは、「麵屋坂本01」のラーメンセットです。こちらはラーメン好きなら一度は行きたいと思うほどの人気店で、魚介×国産鶏スープの絶妙なバランスが楽しめる”鶏中華そば”とさっぱりとした味わいの”鶏塩そば”が人気です。
1食1,000円以下でいただけるこちらのラーメンは、定番の鶏中華そばと鶏塩そばを2袋ずつの計4袋入って5,000円(税込5,400円)となっています。自宅で大人気のこちらのラーメンを楽しめるならば新潟県までの交通費を考えるとお取り寄せしたほうが断然お得かもしれません!

詳細情報

② ばんから

続いてご紹介するのは、日本国内に多く店舗を構える「ばんから」のラーメンセットです。ばんから独自の濃厚な豚骨醤油と味わい深く癖のないとんこつの2本の柱が、他にはない独自の味わいを作り出しています。ばんからの定番メニューである中華そば、東京豚骨、旭川味噌をはじめとする多種のラーメンをお取り寄せすることができます。
メニューの種類豊富なこちらのお店で味を迷っている方には”家ばんから 本格5食バラエティーセット”がおすすめです。定番の味を5種楽しむことができて、2,500円(税込)というコスパの良さに驚きます。お家で「ばんから」のラーメンを食べ比べするのも楽しいです。

詳細情報

activityjapanで見る

東京都豊島区南池袋1-17-3 第2南池袋I-Nビル 1階

3.05 03

③ 担々麺専門店 輝輝

続いてご紹介するのは「担々麺専門店 輝輝」の担々麺セットです。店主こだわりの辛めに仕立てたスープは奥が深い味わいです。4食セットでお値段はなんと3,672円(税込)というお手頃価格。担々麵専門店のこだわり抜かれたは数々は担々麺好きな方には絶対に刺さるはずです。
こちらの商品はお家で”担々麺”と”汁なし担々麺”の二種類をお好みで選び、作ることができます。4食あるので2食ずつ別の食べ方で頂くのがおすすめです。自家製の肉味噌と胡麻の風味がマッチした逸品のラーメンを自宅でご堪能ください!

詳細情報

青森県八戸市南類家2-25-11-2

3.06 01

④ なんつッ亭

続いてご紹介するのは「なんつッ亭」のラーメンセットです。なんつッ亭のラーメンは”秘伝黒マー油”を最大のこだわりとしていますがそれだけでなくスープ、麺、チャーシューのすべてに100%の力を注いでいます。
クリーミーなスープに合わせた麺とチャーシュー、ニンニクの風味を凝縮した秘伝黒マー油。すべてが合わさって最高のラーメンになります。お店と変わらない味わいを1袋から注文可能なので、ぜひお家でお楽しみください。

詳細情報

神奈川県秦野市松原町1−2

3.40 12

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ 博多だるま

続いてご紹介するのは、福岡では知らない人はいないとも言われている昭和38年創業の老舗「博多だるま」の豚骨ラーメンセットです。豚骨ラーメンはこってりしているほうが好きだという方必見のお取り寄せラーメンです。
こってりとした少し重めのスープは独自ブレンドの極細麺と相性抜群です。地元だけでなく、県外からもファンが訪れるほどの人気ぶりのこちらのラーメンを好きな時に家で食べることができるなんて最高ですよね。1食540円(税込)から注文できるのでぜひご自宅で味わってみてください。

詳細情報

⑥ 雷 本店

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する