• はてぶ
  • あとで
夏の香川を遊び尽くす!アクティブで欲張りな2泊3日プラン

「香川=讃岐うどん」は、もう古い!今回は夏に行きたい香川の魅力を、ぎゅーっと詰め込んだプランをご紹介します。ドライブが好きな方、旅行はアクティブに欲張りたい!という方にピッタリな旅の栞です♫香川の東から西まで遊び尽くして、弾ける夏をどうぞ。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

イイとこたくさん、香川

東西に広い香川県。観光する場所に合わせて、移動手段を決めておくとスムーズな旅ができますよ。1日目の小豆島では「バス一日乗車券」を買ってバス移動、2〜3日目にはレンタカーでの移動がおすすめです。便数が少ない地域も多いので、公共交通機関を利用する際は帰りの便の確認を忘れずに!それでは、盛り沢山な旅に出発です!

1日目:小豆島をまるっと満喫

【8:30】高松港

2泊3日の旅は、香川の中心・高松に位置する「高松港」からスタートです。高松駅から徒歩8分とアクセスも抜群。小豆島は香川県本土の南東に位置する島で、6つの港があります。今回は高松港から1時間で到着する「池田港」行きのチケットを購入!
フェリーには海の景色を眺めることのできる広い窓や、展望デッキが設置されています。だんだんと迫ってくる小豆島を見ていたら、わくわくが止まりませんね。デッキに出れば、涼しい風が夏の暑さを忘れさせてくれます。快適な船旅を楽しんで!

詳細情報

【10:00】道の駅 小豆島オリーブ公園

いよいよ小豆島に到着です。最初に訪れるのは、池田港からバスで15分「道の駅 小豆島オリーブ公園」です。この公園には、映画で使われたロケセットがそのまま残っているエリアがあるんです。アニメの世界を再現した様な可愛らしい仕掛けが、あちこちに散りばめられています。皆さんもキャラクターになりきって、魔法の箒(ほうき)に乗ってみませんか?
穏やかな瀬戸内気候の小豆島では、オリーブが特産品。この道の駅にも約2000本のオリーブの木が植えられていて、まるで地中海のような異国情緒あふれる雰囲気を愉しむことができます。「オリーブ サイダー」の様な珍しいお土産も買えちゃいますよ!

詳細情報

【12:00】なかぶ庵

香川旅行一発目の食事は「なかぶ庵」のそうめん!珍しい「生そうめん」がいただけるお店で、土日には行列ができるほど人気があるんです。お好みで薬味をかけて、ぷりぷり、もちもちの食感と、噛めば噛むほど口に広がる小麦の味を楽しんで。
こちらのお店では、手延べそうめん作りに挑戦できる体験教室も行っています。日本の食文化を感じることのできる貴重な機会、是非参加してみては?お食事・体験は事前予約制になっているので、足を運ぶ前に公式HPをチェックしてくださいね。

詳細情報

余裕があればおすすめ

時間に余裕のある方や、島でもレンタカーを借りている方に向けて、番外編をお伝えします。小豆島の真ん中に位置する「こまめ食堂」です。昔ながらのころっとしたおにぎりに惹かれ、紹介せずにはいられませんでした。ボリューム満点の日本食にほっこり。
実はこちらのお店、昭和初期の精米所をリノベーションしてできたお店なんです。そんな昔懐かしいレトロな雰囲気とは打って変わって、変わり種のメニューがいっぱい。「しそ」ソーダや「あまなつ」ジュースなど、一味違ったドリンクも見逃せません。

詳細情報

香川県小豆郡小豆島町中山1512-2

3.13 8154

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【13:30】二四の瞳映画村

お腹がいっぱいになったところで、再びバスに乗ること30分。「二四の瞳映画村」に到着です。映画『二十四の瞳』の撮影セットが改築されてできた観光スポットで、一歩足を踏み入れれば戦時下の昭和の世界に迷い込んだような感覚に包まれます。
昭和初期の日本を舞台に作られたこの映画村には、どこをとってもレトロな雰囲気が漂っています。中には昭和の給食を再現したメニューのあるカフェや、小豆島特産の醤油樽を使ったバス停など、自分好みに巡ることのできるスポットが満載。

詳細情報

【15:30】寒霞渓

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する