• はてぶ
  • あとで
お店に入るまでの時間も、思い出に。東京の隠れ家すぎるお店まとめ

「ここ、本当に合ってる?」今日は、そんな声が聞こえてきそうなお店をご紹介します。謎を解かないと入れないバーに、看板も目印もない料亭、そして隠し扉を見つけないと入れない居酒屋さん。東京には、そんな遊び心が溢れる素敵なお店があるんです。恋人や仲の良い友達と、キョロキョロしながら入口を探してみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① CoSTUME NATIONAL WALL / 青山

最初にご紹介するのは、青山の「CoSTUME NATIONAL WALL」。こちらのお店には看板や目印がありません。スタイリッシュでモードな雰囲気の中、白一面の壁の真ん中に、扉が出現。初めて来る友人や恋人を連れて、その反応を見るのも楽しいかも。扉を見つけたら、わくわくしながら入店です。
一歩足を踏み入ると、なんと、壁一面が緑で溢れるリゾート空間が広がります。無機質な雰囲気の外観からは想像できないような、癒し空間です。開放感あふれる居心地の良い店内で、素敵なカクテルはいかが?

詳細情報

東京都港区南青山5-4-30 CoSTUME NATIONAL Aoyama Complex1階

3.83 552

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

② Janai coffee / 恵比寿

続いてご紹介するのは、恵比寿の「Janai Coffee」。こちらのお店、表向きは暖かな雰囲気のコーヒースタンド、裏の顔は薄暗いバー、そんな二つの顔を持っています。公式サイトの謎を解いて、店員さんに提示をすると、隠れ家バーに入ることができますよ。
緑あふれる店内では、コーヒーベースのカクテルを堪能することができます。「コーヒーレモンサワー」や「オトナコーヒーギュウニュウ」など、コーヒースタンドの一面も残した、なんとも粋なお店。少し得意げな顔をして、今日はオトナなひとときを過ごしましょ。

詳細情報

東京都渋谷区恵比寿南2-3−13山燃ビルB1階

3.47 220

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ THESE / 西麻布

続いてご紹介するのは、東京は西麻布に位置するバー、「THESE(テーゼ)」です。住宅地の一角にあるため、初めて訪れた方は「本当にここがお店?」と疑ってしまうほど。「深夜の図書館風サロン」という謳い文句で、少し背伸びした贅沢な時間をあなたに。
フレッシュなフルーツを使ったカクテルや、THESE自慢のカレーライスが人気。日替わりのフルーツがふんだんに入ったカゴから、好きなものを選んでオリジナルカクテルを作ってもらえます。図書館をモチーフにしているだけあって、可愛らしい西洋の絵本がメニューになっていますよ。遊び心のある隠れ家バーはいかが?

詳細情報

東京都港区西麻布2-15-12 カルテットビル1階

3.77 240

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ 米ル / 恵比寿

続いてご紹介するのは恵比寿の料亭「米ル」です。ビルの地下にあるこちらのお店、看板がないため、知らない人はまず見逃してしまいます。疑いながら扉を開けると、高級感溢れる空間が広がります。ランチ・ディナーどちらのシーンでも、「お米」を主役にした和食を味わうことができますよ。
自慢はこのつやつやのお米。コース料理の場合は、産地や銘柄が異なる様々なお米の中から、好きなものを選びます。その美味しさを存分に引き出す、土鍋ご飯にうっとり。外食となると、つい洋食のお店を探してしまう、そんなあなたに。地下の扉の奥には、いつもと違った、非日常が待っています。

詳細情報

東京都渋谷区恵比寿西1-16-7 HAGIWARA BLDG.7 B1階

3.37 155

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ ARBOL / 神楽坂

続いてご紹介するのは、神楽坂の路地裏にひっそりと佇む「ARBOL」。一見普通の一軒家、ドアを開けるのには勇気がいるお店。それもそのはず、こちらはお家をリノベーションしてできたレストラン。一度中に入れば、明るい雰囲気と店員さんの朗らかさにホッとします。こじんまりとした佇まいも、魅力の一つ。
コース料理は5000円からとお手軽。多彩なバリエーションの前菜が魅力で、ワイン片手についつい頼んでしまいます。他にも、産地やブランドにこだわったお肉をつかったメインに、自家製生パスタが自慢。居心地の良い席で、心も体もほくほくの大満足ディナーを是非。

詳細情報

東京都新宿区神楽坂4-7

3.43 124

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ 汁べゑ / 渋谷

続いてご紹介するのは、渋谷のビルの奥の奥にありました!「汁ベゑ」。ビルの入り口から、お店の扉までがまるで秘密基地へ続く道のよう。目印がなく途中で不安になっても、信じて突き進んでくださいね。「道しるべ」やお店からのヒントが現れるはず。屈まなくては入れない、そんな低い木の扉が見えたら冒険終了です。
扉を開ければ、絶品のお魚料理が味わえる庶民的な居酒屋さんが登場です。看板メニューは、目の前で炙ってくれる「〆さば」。迷いつつ、険しい道のりを越えてでも辿り着きたいお店。まさに雰囲気も味もコスパも最高な隠れ家なんです。人気店ですので、予約はお忘れなく。

詳細情報

⑦ 居酒屋 なっぱごちそう / 五反田

最後にご紹介するのは、五反田にある「なっぱごちそう」。上の写真のどこかに、入り口が隠れていますよ。よーく目を凝らして…。真ん中の本棚が怪しいと思った方、正解です。こちらのお店の入り口は、遊び心満載の「本棚」なんです。
こちらのお店は、「平均滞在時間3時間40分」とされるほど、居心地が良いのが魅力。お客さんの空間を何よりも大切にしてくれる、お店側の心配りがその理由だとか。落ち着いた雰囲気の中、しっぽりと素敵な夜を過ごしてくださいね。

詳細情報

東京都品川区上大崎2-26-5メグロードB1階

3.08 021

遊び心に酔いしれて

今回は、隠れ家的なお店7選をご紹介しました。あなたの周りにも、連れてきた恋人、友人についつい自慢したくなってしまう、そんなお店がまだまだ隠れているかもしれません。美味しいお酒と料理だけでなく、せっかくなら、心躍る体験をしたいから。お店を見つけるまでの時間も、大事な思い出になるはずです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する