• はてぶ
  • あとで
蔵前の楽しみ方を教えます!蔵前通の筆者が選んだ休日のお出かけスポット7選

東京都内で遊ぶ時にいつも遊ぶエリアがいっしょになってしまう…デートの時に行く場所が同じでマンネリしてしまう…そんな悩みを持っている人ってきっと多いのではないでしょうか?そんなそこのあなた必見!今回はちょっぴり知られざる魅力的なエリア、蔵前に足繁く通う蔵前通の筆者のおすすめスポット7選をご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. from afar

最初にご紹介するのは、平日も行列が絶えない人気カフェ、「from afar(フロムアファー)」です。実は蔵前、お洒落なカフェがひしめき合うカフェ激戦区。今回もいくつかカフェをご紹介しますが、その中でも蔵前を語るなら必ずと言っていいほど訪れてほしいスポットです。
店内はアンティークな雰囲気がお洒落で居心地の良い空間。季節のフルーツを使った、タルトが絶品で人気です。また、今の時期は季節限定で桃の果肉がまるごと入った桃ゼリーも倒叙しています。清涼感ある桃ゼリーがいただけるのは今だけです!

詳細情報

東京都台東区寿2-5−12

4.18 33439

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 菓子屋シノノメ

続いてご紹介するのは、蔵前に来たらおうち時間のためにぜひ訪れていただきたいテイクアウト専門店、「菓子屋シノノメ」です。二階建ての建物の1階にある焼き菓子屋さんで、2階は喫茶になっていてシュークリームやケーキがいただけるスペースになっています。
季節に合わせた果物や紅茶の茶葉を使用したパウンドケーキやクッキーがおすすめ。1つずつ個包装になっていて、少しずつおうち時間のお供に食べたい特別なお菓子です。ボックスで購入することもできるので、手土産として買うのにもぴったりです。

詳細情報

東京都台東区蔵前4-31-11

3.41 10123

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. Marked

続いてご紹介するのは、オープン当初から話題の食料雑貨店兼カフェの「Marked(マークト)」です。最近渋谷に別店舗がオープンしたことも話題になっていますよね!食料雑貨が売られているのでそれをみるもよし、カフェりようするもよしのスポットです。
人気のベーカリー、「パーラー江古田」監修のパンがいただけるのも嬉しいポイントのひとつ。そして、暑い今の時期にもぴったりのジェラートも登場していますよ。日向夏やプラムなど、産地にもこだわったフレッシュなジェラートは暑い時にもってこいです!

詳細情報

東京都墨田区本所1-1−10

3.29 06

4. レモンパイ洋菓子店

続いてご紹介するのは、1選目にご紹介した「from afar」のほど近くにあるお菓子屋さん、「レモンパイ洋菓子店」です。この明るいイエローの屋根がお店の目印の昔ながらの洋菓子屋さんで、どこか懐かしい雰囲気が漂います。
いちごのタルトやりんごのタルト、チョコレートのタルトなど、さまざまなケーキやタルトがショーケースにずらりと並びます。でもやっぱりレモンパイはこちらの看板の逸品で早い時間に売り切れてしまうほどの人気。軽いレモンクリームの甘さと酸味が絶妙な一度は食べたい絶品です。

詳細情報

東京都台東区寿2-4-6 洋菓子レモンパイ

3.34 463

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5. KAIKA / THE SHARE HOTELS

続いてご紹介するのは、最近話題のホカンスにもぴったりのスポット、「KAIKA / THE SHARE HOTELS(カイカザシェアホテルズ)」です。館内は無機質な扉を開けるとすぐにアート作品があるというアーティスティックな空間。
共有スペースにはキッチンやカトラリーも置いてあるので、食材を持ち込んでホームパーティー風にお部屋で楽しむのもおすすめ。シンプルなデザインが韓国っぽい雰囲気で、女子会のホカンスでぜひ利用したいホテルですね。

詳細情報

東京都墨田区本所2-16-5

3.57 4107

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. safn

そして、5選目に紹介したホテルの1階に2022年オープンしたのが、「safn(サフン)」です。ホテルの1階のエントランススペースを利用したカフェで、オープンするやいなやSNSで話題となり、今蔵前で一番アツいスポットといえるほど!
おすすめは、抹茶を使ったメニュー。実際に筆者も訪れて頼んだのが、抹茶ソースをかけていただくアフォガートプリンと、メニューにはのっていない抹茶ラテ。どちらも甘すぎず、抹茶そのものの味がしっかりとする抹茶好きにおすすめの美味しさでした。

詳細情報

東京都墨田区本所2-16−5KAIKA東京byTHESHAREHOTELS1FSTORAGE1

3.58 440

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

まるで美術館で抹茶スイーツを楽しめるカフェ!

浅草、本所吾妻橋、蔵前の間にあり、各駅徒歩10分ほど。 美術倉庫ビルをリノベーションしたホテル「KAIKA TOKYO」内にある。 コンクリートの壁、中心にある金網がスペースを区切り、倉庫の面影がある雰囲気。 先に席を確保し、注文。キャッシュレスのみなので注意。 出来上がったら名前を呼ぶスタイル。大声で呼ばれるので恥ずかしい。 4人掛けテーブルがほとんど。中央に6人掛けテーブルと半個室のようなソファ席。 壁に大きな絵画やオブジェが飾られ、アートを眺めながらスイーツやコーヒーを楽しめる。 プリンアフォガード 抹茶ソース(850円) アフォガードとプリンの新感覚スイーツ。 カラメルなしの白プリン。大きめのバニラアイスの上にほんのり抹茶パウダー。 プリンは直径約7cmほどあり大きい。 弾力があってむっちり。たっぷりバニラビーンズが入り、卵感が強く、淡白な味。 抹茶は京都山政小山園の槇の白を使用。 アイスやプリンに濃厚な抹茶ソースをかけると甘さが控えめに。 アイスがとてもひんやりし、暑い日に最高。 抹茶ソースをかけるとプリンの味に負けず、しっかり抹茶も感じられる。 抹茶ティラミス(850円) マスカルポーネクリームの上にたっぷり抹茶パウダー。ころんとのったあんこ玉。 抹茶はプリンアフォガード同様 京都山政小山園の槇の白使用。 抹茶は鮮やかな緑でとても濃厚!しっかり苦味もあり、香り豊か。 マスカルポーネクリームは口溶けなめらか。 時間が経つと溶けてくるほどのクリーミーさ。 一口食べるとマスカルポーネが先に感じられ、徐々に抹茶の味が口いっぱいに広がる。 抹茶が染み込まれたスポンジの下にはいちごが入っていた。 いちごが甘酸っぱく、アクセント。 デザートは10時から販売され、数量限定。完売するとインスタのストーリーで告知される。

7. 自由丁

最後にご紹介するのはこれまでと少しテイストの違うスポット、「自由丁(じゆうちょう)」です。「未来の手紙カルチャーブランド」というコンセプトのお店で、素直な気持ちと日々を文字にすることで味わいを増させてくれる、そんな場所です。
ここの楽しみ方は人ぞれぞれ、自分なりです。1年後の自分に手紙を書いたり、ひと月を振り返ってみたり。詩を書いてみたりなど、とにかく文字にすることで自分と向き合うことができるので、ひとりで訪れるのもおすすめな場所です。

詳細情報

日本、東京都台東区蔵前4-11−2

3.02 07

ちょっぴりいつもと違う休日を

いかがでしたか?蔵前を訪れたことがある人もそうでない人も新しい魅力的なスポットがいくつかあったと思います。人混みを避けて休日のおでかけを楽しみたいという方にもオススメの蔵前、次の休日に訪れてみては。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する