• はてぶ
  • あとで
暑い夏を涼しく過ごそう!本当は教えたくない吉祥寺のおしゃれカフェ10選

吉祥寺=住みたい街ランキング上位!古着の街!自然の街!カフェの激戦区でもある吉祥でデートや女子会で使えるお店を探してる人も多いのでは?そこで今回は「暑い夏に行きたくなる吉祥寺カフェ」を紹介していきます。今年の夏は吉祥寺で思い出を残しませんか?(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① cafe Lumiere

まずは夏に食べたくなる少し変わった”かき氷”が食べられるカフェを紹介します。吉祥寺駅から徒歩約30秒。雑居ビルの4階に位置する「cafe Lumiere」。こちらで名物なのは目の前で炙られるかき氷(通称:焼き氷)です。インスタ映えすること間違いなし...!
夏の間は、かき氷が人気すぎて他のメニューはお休みしています。もちろん、焼かないかき氷もあります。焼かないかき氷の中では、あの信玄餅の味を再現した「信玄氷」がオススメです。友達や恋人と焼き氷とかき氷の2種類を頼んで、食べ比べをしてみるのも良いですね。

詳細

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2-2東山ビル4階

3.99 15258

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

吉祥寺で行列のできるかき氷専門店🍧

吉祥寺でかき氷といえばここ! メルヘンな可愛いかき氷が大人気のお店🍧 ⁡ 今月から新しくドーナツがスタートした ということでさっそく行ってきました🍩 ⁡ ⁡ ☑︎ 揚げたてドーナツ プレーン ¥250 ☑︎ 揚げたてドーナツ ラズベリー ¥280 ☑︎ アリスの薔薇の焼き氷 ¥1650 ☑︎ カワウソぼうやのもぎたてレモンパイ ¥1430 ☑︎ セットドリンク ¥396 ⁡ 15:00〜18:00 数量限定のドーナツは 注文を受けてから揚げる熱々ふわふわ! ⁡ ちぎってみると中が空洞になっていて びっくりするほど軽い食感😳 ⁡ プレーンには香ばしいキャラメルシュガー、 ラズベリーには甘酸っぱいラズベリーグレーズ がたっぷりかかっています🤤 ⁡ とにかく生地がふわもちで美味しいので 個人的にはシンプルにプレーンがおすすめ! ⁡ ⁡ そしてドーナツと一緒にもちろんかき氷も😊 ⁡ ルミエール名物の “焼き氷” は 外はふわふわのメレンゲ、中はしゃりしゃりの氷で 目の前でフランベして仕上げてくれます✨ ⁡氷の中にはマスカルポーネクリームや いちごシロップ、ラムレーズンなど いろいろ入っていてもはやパフェ💫 ⁡ もう一つは夏にぴったりなレモンパイのかき氷🍋 溶けたらレモネードみたいになって 美味しくてゴクゴク飲んじゃった🥰 上にのってる可愛いカワウソの クッキーも美味しかった〜♡ ⁡ ⁡ ちなみに休日に行ったら予約でいっぱいだった ので予約してから行くことをオススメします! ⁡ ⁡

② Ryumon coffee stand

吉祥寺駅から徒歩5分。日本なのに韓国!?な雰囲気が味わえちゃうカフェ「Ryumon coffee stand」。まったり空間が味わえる一軒家カフェなのも魅力。インスタ映えができるスポットもあります。かわいいインテリアの前でモデル気分を味わってみてくださいね。
モーニング(9〜11時まで)では、サクッとした食感を楽しめるトーストにバターの味が染み込んだバタートーストが人気。思わず、朝から「幸せ〜♡」と呟いてしまうほどです。インスタ映えする空間で、今年の夏の思い出づくりをしてみませんか?

詳細

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-14-9

4.05 14173

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ Surya Sajiro

次にご紹介するのは、吉祥寺駅から徒歩5分のところにあるチーズナンで人気の「surya sajiro」を紹介します。こちらは同じ吉祥寺にある「sajiro cafe」の系列となるお店。西荻窪・軽井沢にもあり、チーズナン好きの間では知る人ぞ知る場所ですよ。
「surya sajiro」は白を基調とした店内になっていて、デートにも最適スポット。こちらのメニューで定番なのがカレーセット。カレーの種類が豊富(チキン、マトン、ベジタブル、日替わり)なのでその日の気分でメニューを選べるのもポイントの一つ。一口食べれば、sajiroリピーターになってしまうほど。チーズナンでお腹を満たした後はラッシーでお口直し。あなたも「sajiro」のトリコになってみませんか?

詳細

日本、東京都武蔵野市吉祥寺本町4-7−2

3.19 231

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ HATTIFNATT 吉祥寺のおうち

続いて紹介するのは、吉祥寺駅から徒歩5分。「HATTIFNATT 吉祥寺のおうち」です。小さな扉をくぐり抜けると、そこはまるで絵本の世界のような可愛くて癒される空間に思わず癒されてしまう人続出。子供連れにも人気のお店です!
そんな「HATTIFNATT 吉祥寺のおうち」ではタコライスがオススメ。タコライスを食べた後は、夏にピッタリのクリームソーダを味わってみてくださいね。可愛い上に美味しいと大人気のメニューです。「HATTIFNATT 吉祥寺のおうち」は、バースデープレートの提供も行っているので、大切な人の特別な日をお祝いするのにもピッタリです。

詳細

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-22-1

4.18 37431

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤武蔵野珈琲店

吉祥寺駅から徒歩2分のところにある、吉祥寺で40年も愛され続ける純喫茶「武蔵野珈琲店」。なんと、大人気小説のモデルにもなった喫茶店です。「美味しさ」が沁みたこだわりのコーヒーをマイセンなどの素敵な器で堪能することができます。
マスターのこだわりが詰まった純喫茶は、どこもかしこも魅力が満載。飾られているお花は毎週変わるので、喫茶店に居ながら四季折々の風情を楽しむことができます。どこか懐かしい雰囲気に包まれながら、食べる本物のバニラビーンズを使用したプリンとコーヒーの組み合わせは絶品です。

詳細

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-11 2階

3.49 328
武蔵野珈琲店(吉祥寺)井の頭公園に向かうにぎにぎしい雑踏の中に現れる隠れ家のような喫茶店で、さくらんぼのケーキとブレンドコーヒー

吉祥寺へお出かけした際に、歩き疲れてひと休憩で訪問したのが武蔵野珈琲店さん🚶‍♀️ 吉祥寺駅から井の頭公園に向かう方向の途中、古着屋だったり雑貨屋だったりご飯屋さんでにぎにぎしている通りの2階にあるお店ですが、恐縮ながらこれまでノーマークでした😳 入ってみたら薄暗い雰囲気がとてもよくて、素敵な喫茶だった☺️ お店のある通りの雰囲気とは一変して、大人がひとりでも、誰かとでも静かに過ごせる、月並みな表現ですが隠れ家のような喫茶店。 夕飯前でしたが、この日は日中頭も身体もフル稼働だったので糖分を欲しており、さくらんぼのケーキを🍒 表面から察するに、ホールの状態だとストライプ柄なのかな? 製菓には通じておらずなんとなくのイメージですが、さくらんぼって日本ではあまりケーキに使わないですよね💭 どちらかといえば、桜餅とか、桜の花びらの塩漬けとか、実ではない部分の方がお菓子に使われているような気がします。 逆に欧米(アメリカかな)だとアメリカンチェリーのパイとかイメージにある🍒🥧 こちらはフィナンシェ。 白い貝殻のようなお皿がかわいいし、さりげなくこちらにもさくらんぼが🍒 ケーキのお皿とおそろいのコーヒーカップでブレンドを☕ 小さめのカップだったので、ちびりちびりといただきながらのんびりしました。 通りに面した席だったのですが、壁には絵が飾られていたり カウンター席には季節のお花も飾られていました💐 どうしても花に目が行ってしまうので、カウンターの奥の店員さんとしょっちゅう目が合ってしまって、特に御用はないですよ~のアクションを何度もしてしまった…💭 カウンターの奥にある食器類も、今度じっくり眺めてみたいなあ👀 メニューにはバッハの「おしゃべりはやめて、お静かに」…この一説、ほかの喫茶でもメニューか伝票の裏か忘れてしまったけど引用していますよね? それとも把握していないだけで、喫茶店あるあるなのかなあ💭 おしゃべりはやめて、お静かに(独:Schweigt stille, plaudert nicht、別名:コーヒー・カンタータ、BWV 211)は、J. S. バッハの世俗カンタータ。1732年から1734年にかけて作曲されたカンタータであり、小喜歌劇である。 18世紀当時、本作の初演地のライプツィヒではコーヒー依存症が喫緊の社会問題となっており、本作はこれを題材とした喜劇である。 作詞はピカンダー(英語版)によるもので、「日に3度のコーヒーを欠かせば、苦しさのあまり、干からびた山羊肉のように萎んでしまう」といった歌詞が特徴。本作の初演は、ゲオルク・フィリップ・テレマンが1702年に設立したコレギウム・ムジクムによって、ライプツィヒのツィンマーマンのコーヒーハウスで執り行われた。 Wikipedia 大好き、そのお店だけのオリジナル伝票☺️ ブレンドのおかわりは350円みたいですね☕ ビルの二階にある喫茶店だけど、外観にちょこっとレンガの部分があったり、通りの延長みたい☺️ ドアのてっぺんがアーチ型なのも、大きなガラス窓も、おばあちゃん家にありそうな飾りも(?)何もかもが愛おしい◎ 営業時間、今は22:00まで(ラストオーダー21:30)になっているみたいですね! この絶妙なフォントもお店の雰囲気にしっくりくる😌 すごく静かで落ち着いた空間だなあと思っていたら、お子様の入店がNGみたいですね。 そして紅茶もおいしいですと言われてしまったからには、次回いただくしかない🫖 吉祥寺のぶらり散歩中のひと休憩に、ぜひ武蔵野珈琲店さんへ!

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する