• はてぶ
  • あとで
北海道の魅力、新発見!上富良野町のクラフトビール『まるごとかみふらの』とは?

北海道には、生産数がわずかでなかなか味わえないもの、特定の地域・お店でしか味わえないもの、特定の季節しか味わえないものなど、まだまだ知られざる魅力的な食材があります。そして、その食材の背景には、情熱をもって育てている生産者がいます。そんな商品や生産者を見つけて紹介するプロジェクトが「シンコウプロジェクト」です。第5回目は、上富良野町、サッポロビールの『まるごとかみふらの』を紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

クラフトビール『まるごとかみふらのプレミアムビール』とは?

シンコウプロジェクト
国内で唯一、主原料となるホップとビール麦の両方を生産しているのが上富良野町。その地域特性を活かし、毎年6月から8月にかけ、夏の風物詩として上富良野町内でのみ販売されているレアなビールが『まるごとかみふらのプレミアムビール』です。「上富良野町で、上富良野産のビールを飲む」をテーマに作られた逸品は、新鮮で芳醇なホップの香りが心地いい、すっきりと喉越しもさわやかな味わいです。

“かみふらの”とビールの結びつき

上富良野町内のホップ畑 シンコウプロジェクト

上富良野町内のホップ畑

上富良野でのホップの栽培は大正時代にまで遡ります。当時の大日本麦酒株式会社(現・サッポロビール)がホップの契約栽培地として道内各地を調査。その結果、収量や品質など、総合的に最適地として選ばれたのが上富良野でした。古くからホップの生産が盛んだった歴史もあり、町内では日常的にビールを飲む習慣がいまなお根付いています。

『まるごとかみふらの』の誕生

シンコウプロジェクト
2008年、地域のイベントで提供用として、上富良野町の有志とサッポロビールとで実験的につくられたのが「プレミアム四季彩ビール」でした。外国産の原材料で醸造されるビールが多い中、上富良野産の素材で醸造し、大好評だったこのビールは、『まるごとかみふらのプレミアムビール』と名称を変え、数年後に瓶商品として販売。
シンコウプロジェクト
ラベルには町内にアトリエを構える、日本画家・後藤純男氏の絵をデザインに採用するなど、まさに“オールかみふらの”です。ホップが香るビールがまだ珍しかった当時はその味わいに驚く人も多く、毎年ビールのレシピも変更していたため、「今年はどんなビールになるのかな」と、地元でも話題になっていたそう。

良質なホップとビール麦は上富良野産

シンコウプロジェクト
『まるごとかみふらの』には「フラノスペシャル」と「フラノビューティー」の2種類を使用し、醸造家こだわりの比率でブレンドしています。ホップを生産する農家は町内に4戸と少数精鋭で、醸造家とともに日々研究を重ねています。丹生込めて良質なホップを生産するのはもちろんのこと、ビールの銘柄に生産者の名前を取り入れたり、PRにも協力してもらったりすることで、地域振興にも一役買っています。
シンコウプロジェクト
また2020年以降、大麦は新品種「きたのほし®」を採用。ビールの風味や泡立ちを損ねる酸化の原因となっていた、酵素LOX-1を持たない性質の品種を約1万種類の中から探し出し、従来品種の「りょうふう」と交配。LOXレスで、美味しさが長持ちするのが特徴です。
※「きたのほし®」は、サッポロビール株式会社の登録商標です。

上富良野とビールのこれから

シンコウプロジェクト
2023年は上富良野とサッポロビールがともに歩んで100周年を迎えます。上富良野は『まるごとかみふらの』をはじめとするビール文化が盛んなほか、「豚サガリ」などの名物グルメも盛んな地域。ぜひ上富良野へ訪れて、美しい景観やグルメ、温泉と一緒に『まるごとかみふらの』を心ゆくまで味わってみて。
※アルコール類の購入には、年齢制限があります。
※20歳未満の購入や飲酒は、法律で禁止されています。

『まるごとかみふらの』が買えるお店

シンコウプロジェクト
2022年6月17日解禁~無くなり次第終了
※オープン価格

≪上富良野町内店舗≫
・深山峠アートパーク
・かみふらの十勝岳観光協会
・後藤純男美術館
・吉澤商店
・きくや雑貨店
・ローソン上富良野店
・ローソン上富良野大町店
・セブンイレブン栄町店
・セブンイレブン東町店
・リカー&フーズはやし
・リカーショップかまだ
・Cafe YAMAICHI
・スーパー♥一色
・若佐商店
・スーパーふじ上富良野店
・セイコーマート上富良野店

「シンコウプロジェクト北海道」とは?

シンコウプロジェクト
北海道には、生産数がわずかでなかなか味わえないもの、特定の地域・お店でしか味わえないもの、特定の季節しか味わえないものなど、まだまだ知られざる魅力的な食材があります。そして、その食材の背景には、情熱をもって育てている生産者がいます。

このプロジェクトは、そんな北海道の知られざる食材を”深耕”し、その食材を通して人と人との“親交”を生み出し、北海道とその地域、そして食の魅力で地域の“振興”につなげたい

という思いから始まった、大丸札幌店、ジェイアール東日本企画、O’ton(あるた出版)、poroco(えんれいしゃ)RETRIP(trippiece)による地域振興を目的とした合同プロジェクトです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する