• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
海のすぐ近く!晴れた日に行きたい「葛西臨海水族園」の楽しみ方10選

みなさんは水族館によく行きますか?都内にも多く水族館は点在していますが、中でも葛西臨海水族園は海が近いことで有名なスポットです。そんな立地を売りにした、みどころがたくさんあります! 葛西臨海水族園の楽しみ方を選りすぐった10選をご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

葛西臨海水族園とは?

マグロが飼育されていたり、100羽のペンギンがいたりと…とにかくスケールが桁違い!
そんな「葛西臨海水族園」の楽しみ方を一挙ご紹介します!
eparkMamakoeで見る
  • 東京都江戸川区臨海町6-2-3 葛西臨海水族園
  • 03-3869-5152

【楽しみ方1】大迫力の水槽でマグロの回遊!

葛西臨海水族園の園内で最初にある展示は、この『大洋の航海者』の巨大な水槽です。この水族園の最大の特徴といっても過言ではない、マグロの展示がされています!
ドーナツ型の水槽の中でマグロが生き生きと回遊してます。こんな姿、他の水族館では見ることができませんね。

【楽しみ方2】すごい種類のサメがお出迎え!

※画像はイメージ

マグロの大水槽の反対側にあるのが、サメの巨大水槽です。
見たこともないようないろんなサメがみなさんをお出迎えします。
サメとともに、たくさんのイワシなどが展示されています。サメに食べられないのが少し不思議ですね。

【楽しみ方3】海の生き物と触れ合える!

※画像はイメージ

※画像はイメージ

『渚の生物』のコーナーでは、実際に海の生き物に触れて遊べる「タッチフィーリング」が行われています。
ヒトデやウニなどを実際に触って体感してみましょう。無料で楽しめるアクティビティです。

【楽しみ方4】日本最大級のペンギンの展示!

『 ペンギンの生態』には、約100羽を超えるフンボルトペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギン、オウサマペンギンが飼育されています。
こんなに大規模なペンギンコーナーはなかなか見られません。
展示コーナーはとても広いため、のびのびと生活しているペンギンの姿を見ることができます。陸でのんびりする姿、プールで泳ぎまわる姿。どちらも愛らしくてたまりません!

【楽しみ方5】大規模な川の生き物の展示!

※画像はイメージ

※画像はイメージ

「水辺の自然」の展示は、水族園の建物からすこしはずれたところにあります。ここでは、淡水で生きる生物たちが展示されています。
水族館では海の生き物に目が行きがちですが、川で生きる面白い生物をじっくりみれるいい機会です!

【楽しみ方6】オシャレ&豊富なメニューのレストラン!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Chikake都内在住の大学生。
東京をうろうろしています。

このまとめ記事に関して報告する