• はてぶ
  • あとで
花とSLと日帰り温泉…次はコレ?咲花温泉ならではの楽しみ方のススメ

サクラ、チューリップ、SL、花火大会、河床…おまけに「駅チカ」。この地を楽しむコンテンツが、かなり充実している新潟にある温泉地「咲花温泉」。ここまでいろいろと揃っているのも珍しいのではないでしょうか?あなたは、どのような咲花温泉の楽しみ方を選ぶ?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

どこにあるの?咲花温泉?

R磐越西線咲花駅、読んで字の如く知る人ぞ知る桜の駅で有名
土日一部祭日には「SLばんえつ物語号」が走行し停車駅です
県内外のSLフアンにはここしかない撮影ポイントですよ

出典:www.naviu.net

その昔、湯の花が咲いていた所から名付けられた咲花温泉。景勝・阿賀野川ラインのほとりにあり、毎分2,000リットルもの湯が湧き出る、新潟県下有数の名湯です。

出典:www.niigata-kankou.or.jp
数ある温泉地の中でもかなり珍しい、 新潟県五泉市にある「駅チカ」温泉地です。サクラの名所でもありSLが走る温泉地としても有名です。イベント等も豊富に開催されています。共同浴場はないですが、全8軒の温泉宿が日帰り入浴が可能との事です。
【温泉名】咲花温泉(さきはなおんせん)
【所在地】〒959-1615 新潟県五泉市佐取
【泉質】硫黄泉 ※硫酸塩泉の基準も満たしている。
【期待できる効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性疲労回復、健康増進
【連絡先】0250-43-3911 五泉市役所
※詳細は下記サイトをご参照ください。

日帰り咲花温泉するには?

【温泉旅館】いろりの宿 ホテル 平左ェ門(五泉市佐取)

浴室入り口に、無料のロッカーがありました。 梅雨により満水の阿賀野川を望む内湯には、半円形の浴槽に、とても綺麗なエメラルドグリーンのお湯が掛け流されていました。

出典:onsen.nifty.com
JR咲花駅下車徒歩3分の場所にある温泉宿です。男女別の内湯と露天風呂があります。特徴は、何と言ってもこの「エメラルドグリーン」の色をしたお湯です。日帰り入浴の時間ですが、状況によっては開始時間がバラバラの時もあり、入浴希望の場合は事前確認が必要です。
【旅館名】いろりの宿 ホテル 平左ェ門(いろりのさと へいざえもん)
【TEL】0250-47-2321
【住所】〒959-1615 新潟県五泉市佐取 咲花温泉
【定休日】無休
【その他】日帰り入浴実施時間に関しては、事前確認をおすすめします。
※詳細は下記公式サイトをご参照ください。

【温泉旅館】咲花温泉 湯元館(五泉市佐取)

内湯のみで、タイル張り・木の縁取りの浴槽は4畳サイズ。槽内はややあつ42強~43℃といった感じ。 灰色の湯の花あり、縁取りや床には硫化物と思われる黄白色の析出が見られます。

出典:onsen.nifty.com
阿賀野川沿いにある人気の温泉宿です。源泉かけ流し、男女別の内湯のみです。別途、貸切風呂もあります。他の温泉宿のお湯と同様、エメラルドグリーンの色をしたお湯が特徴です。食事付き日帰り入浴プランも充実。
【旅館名】咲花温泉 湯元館 (さきはなおんせん ゆもとかん)
【TEL】0250-47-2131
【住所】〒959-1615 新潟県五泉市佐取3049-1
【定休日】無休
【その他】※食事付き日帰り入浴プランは予約必須です。
※詳細は下記公式サイトをご参照ください。

【温泉旅館】咲花温泉 一水荘(五泉市佐取)

咲花温泉 一水荘…露天風呂です。

入浴料:大人¥600 小学生¥400 3-5歳¥300 (受付時間:11:00-20:00)

硫黄泉ですが、成分的に硫酸塩泉と塩化物泉の条件も満足している非常に珍しいバランスが良いお湯です。包み込まれるような優しい感覚はバランスがいいからです。弱酸性で美肌効果あり。

出典:www.issuisou.com
JR咲花駅下車徒歩3分、目の前をSL「ばんえつ物語号」が走るロケーションという、人気の温泉宿です。男女別の内湯と貸切のみの露天風呂があります。貸切露天風呂は日帰り温泉でも利用が可能ですが、人数限定です。食事付き日帰り入浴プランもあります、
【旅館名】咲花温泉 一水荘(さきはなおんせん いっすいそう)
【TEL】0250-47-2231 
【住所】〒959-1615 新潟県五泉市佐取7209番地
【定休日】無休
【その他】※食事付き日帰り入浴プランは予約必須。
      ※日帰り入浴についてのお問合せは、入浴予定の当日のみです。
※詳細は下記公式サイトをご参照ください。

【温泉旅館】ぬくもりの宿 翠玉の湯 佐取館(五泉市佐取)

露天へ出ると、6人サイズの浴槽があります。
こちらは確実に硫黄の香りがあり、お湯はエメラルドグリーンをしています。露天とは言っても周囲を壁に囲まれているのですが、阿賀野川の眺めが良いです。

出典:www.tetsuonsen.net
JR咲花駅下車徒歩5分の場所にある温泉宿です。男女入れ替え制での「花鏡」「水鏡」と呼ばれるの内湯(大浴場)と、人気露天風呂があります。特徴はやはり「エメラルドグリーン」の温泉、と、充実した食事付き日帰り入浴プランではないでしょうか?宴会にもおすすめです。
【旅館名】翠玉の湯 佐取館(ひぎょくのゆ さとりかん)
【TEL】0250-47-2211
【住所】〒959-1615 新潟県五泉市佐取 3008
【定休日】不定休(月2回臨時休あり)
【その他】※食事付き日帰り入浴は要予約です。貸切風呂もあります。
※詳細は下記公式サイトをご参照ください。

グルメな咲花温泉は?

【うどん・軽食】阿賀野川サービスエリア・上り(東蒲原郡阿賀町)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する