風情溢れる街並みが千葉にもあった!佐原付近の観光スポット10選

江戸の雰囲気や、小江戸と聞けば想像すると浅草や川越が思いつくと思います。しかし、千葉にも佐原という小江戸があるのをご存じですか?今回はそんな佐原を全身で感じるような観光スポットを10選紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

① 小江戸さわら舟めぐり

最初に紹介するのは、小江戸さわら舟めぐりです。関東地方で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された小野川沿岸からの小江戸の風景を約30分楽しめ、船頭さんがゆっくりと説明してくれるので佐原について少し学ぶこともできます。
また、線路の下を通ることもあるため、電車が通ることもあります。なんだかハラハラドキドキしますね。4月から9月までは午前10時~午後16時30分まで、9月から3月までは午前10時~午後15時が営業時間です。ハイシーズンは混雑するそうなのでお早めに体験してみてくださいね。

詳細情報

② 伊能忠敬記念館

次に紹介するのは伊能忠敬記念館です。ここでは、歴史上の人物として教科書に載っている伊能忠敬の描いた精巧な地図を見たり、伊能忠敬の人生について年代順で知ることができます。伊能忠敬は50歳を超えてから自分の足幅で測量したことで有名ですが、その測量当時に使われていた道具も展示されています。
今の地図と伊能忠敬の作成した地図を見比べてみると面白いと思います。3.5万キロメートル歩いたと言われている伊能忠敬の凄さをぜひ肌で感じてみてください。入館料は大人1人500円です。月曜日は休館しているので間違えてしまわないように気を付けてくださいね。

詳細情報

伊能忠敬記念館

千葉県香取市佐原イ1722-1

3.11 349
伊能忠敬翁の測量の素晴らしさがわかる 伊能図の驚きの完成度と美しさ

江戸時代に、日本全国をまわって、初めて実測による日本地図を完成させた偉人、伊能忠敬(いのうただたか)翁。 17才で香取市佐原で酒造業や金融業を営む伊能家の当主となり、商売を盛り返して成果を上げたのち、49才で隠居し、天文学を学ぶために江戸に出たそうです。 今でも佐原の小野川に架かる樋橋(ジャージャー橋)近くに、「伊能忠敬旧宅」が保存され、その対岸には「伊能忠敬記念館」があり、伊能忠敬翁の測量の道具や作成された地図が展示されています。 地図の完成度の高さには驚くばかりです。 日本全国を測量して歩き、わが国で最初の実測日本地図を作り上げた伊能忠敬翁の人生を、香取市佐原での商人として成功した50才までの前半生と、江戸に出て天文学を学び全国測量を成し遂げた隠居後の後半生、そしてその集大成である伊能図を展示する施設「伊能忠敬記念館」。 第一展示室中央のビデオシアターでは、お子さんでも分かりやすく伊能忠敬翁の生涯をまとめたビデオが上映されていてよかったです。 国宝に指定された忠敬翁の測量器具類の展示と、測量術を合わせて紹介する企画展や、伊能家のおひなさま・佐原張子のひな人形、伊能家の婚礼用打掛なども展示されていました。 入場料は大人500円、水郷佐原山車会館との共通券が大人800円となります。

③ 道の駅 水の郷さわら

次に紹介するのは、道の駅水の郷さわらです。朝採れたばかりの野菜や果物、美味しい水郷のお米を買うことができます。中にはフードコートもあるため、佐原の味を先に試してみることもできます。和食からピザ、ラーメンやうどんなどの麺類まで種類豊富なので迷ってしまいます。
更に、道の駅水の郷さわらでは午前9時~午後17時(貸し出しは16時)まで1回500円のレンタサイクルも行っています。利根川沿いはサイクリングロードが整備されているため、快適な観光をするための大きな手助けになります。こちらも月曜日は休館しているので、要チェックです。

詳細情報

道の駅 水の郷さわら

千葉県香取市佐原イ3981-2

3.30 7155

④ 水郷佐原あやめパーク

続いて紹介するのは水郷佐原あやめパークです。毎年5月下旬から6月下旬の間は水郷佐原あやめ祭りが行われているそうです。期間中はあやめだけでなく、佐原囃子の演奏と手踊りなども催されます。アクセスは佐原駅から車で約25分かかりますが、あやめ祭りの期間中は有料の臨時バスが出ているのでぜひ利用しましょう!
また、毎年8月には水郷佐原ハス祭りも開催されており、千葉の花である大賀ハスや千弁蓮など珍しい花を見ることができます。ハス祭りのイベントの1つとして、今は毎日園内船めぐりが行われています。1人500円でハスを同じ目線で楽しめます。

詳細情報

⑤ 佐原三菱館

5つ目に紹介するのは、佐原三菱館です。こちらは2022年4月9日に11年ぶりの一般公開を始めました。煉瓦造りの2階建てで、明治時代を感じさせることが特徴です。2011年の東日本大震災の影響で公開を見合わせていましたが、当時の設計図をもとに当時のままの復活を遂げました。
その重厚感は私たちをタイムスリップさせて明治、大正に行ってしまったような気になります。地域の景観のシンボルともなっているため、千葉県の有形文化財に指定されています。入館料は無料で、営業時間は午前10時~17時で、第2月曜日が休館日です。

詳細情報

佐原三菱館

千葉県香取市佐原イ1903-1

- 01

⑥ 水郷佐原 山車会館

次に紹介するのは水郷佐原山車会館です。写真は会館内ではありませんが、会館に展示されている山車たちです。実際に大祭で使われているため、夏と秋には山車の入れ替えが行われます。とても迫力があって、突然出てきたらびっくりしてしまいそうですね。
1階の展示室には三面の大きなビデオシアターがあり、佐原の大祭の紹介が行われています。実際に祭りを体験したことがない人でも祭りの雰囲気や山車の様子を観ることができるので、同じ知識量で鑑賞が楽しめます。また、小さいころ神輿の上に乗って景色を眺めたいと思ったことはありませんか?2階の展示室からは山車を高い位置から眺められ、下をのぞけば山車からの目線を感じることができます。

詳細情報

水郷佐原山車会館

千葉県香取市佐原イ3368

3.40 227

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する