• はてぶ
  • あとで
あなたは知っていた?静岡に行ったら食べたいおススメグルメ8選

温暖な気候で知られる静岡県。2013年に富士山が世界遺産に登録された際に、静岡県の三保松原も構成資産として登録され話題となりました。また、駿府城や浜松城、久能山東照宮など、徳川家康にゆかりのある地でもあります。今回は、静岡でおすすめのお店を8つ紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 炭焼きレストラン「さわやか」/ 静岡 など

静岡人に「おすすめのお店は?」と聞いた時に、全員が答えると言っても過言ではないのがこの「さわやか」というお店。県内に約30店舗展開しています。
おすすめは、何といってもげんこつハンバーグ!
「げんこつ」の名にふさわしい250gの大きなハンバーグは、レアの状態でテーブルまで運ばれます。店員さんが目の前で切り分けてくれるのが魅力の一つです。
ソースはオニオンソースとデミグラスソースの2種類。
どちらか選べない!なんて人も大丈夫。店員さんに頼めば同じ料金で両方のソースを注文することができます。

2. 石松餃子 / 浜松

栃木・宇都宮とともに餃子で有名な浜松市。
浜松餃子の特徴は、円盤焼きといわれる焼き方と、その中央に添えられるもやしだと言われています。


浜松市内には餃子の専門店が多数ありますが、その中でも美味しいと評判なのが、この「石松餃子」というお店。口コミサイトでも上位にランクインしており、多くのメディアで紹介されています。
具材は豚肉とキャベツで、あっさりしながらもジューシーな味。
ニンニクが控えめなので、女性の方でも臭いを気にすることなく食べることができます。

詳細情報

◆電話番号 053-586-8522
◆住所 静岡県浜松市浜北区小松1145-1
◆営業時間 11:00~14:00,16:30~21:00(ラストオーダー 20:30)
◆定休日 定休日 : 毎週水曜日、木曜日

3. 浜のかきあげや / 静岡市清水区

静岡の名物の一つである「桜えび」。
静岡市清水区由比にあるこの「浜のかきあげや」というお店では、由比港でとれた桜えびをふんだんに使ったメニューが味わえます。
こちらの「かきあげ丼」(700円)は、ご飯の上に桜えびのかき揚げが2枚乗っています。桜えびをふんだんに使ったかき揚げは、甘さ・うまさを味わうのにうってつけの一品です。
また、毎年5月3日には、由比港漁港で桜えび祭りが開かれます。
桜えびだけではなく、しらすや地酒など、様々な食を各ブースで楽しむことができます。

詳細情報

◆電話番号 054-377-1111
◆住所 静岡県静岡市清水区由比今宿浜1127
◆営業時間 10:00~15:00
◆定休日 月曜・祝日の翌日・年末年始
(桜えび休漁期間中は金・土・日のみの営業)

4. さの食堂 / 富士宮市

「B-1グランプリ」で2006年、2007年に金賞を受賞した「富士宮焼きそば」。

老舗の一つである「さの食堂」では、昔ながらの富士宮焼きそばを味わうことができます。
独特の食感の麺と、その麺に加えられるラードを絞った後の肉カス、そして静岡おでんにも添えられる鰹の削り粉が上にかかっているのが特徴です。

値段が普通もので500円、大盛りでも650円と、驚きの安さなのも魅力。

詳細情報

◆電話番号 0544-26-5869
◆住所 静岡県富士宮市大宮町21-1
◆営業時間 
[月~金] 11:30~15:00 / 17:00~20:00
[土・日・祝] 11:30~16:00 / 17:00~20:30
◆定休日 水曜日

静岡県富士宮市大宮町21-1

3.08 02

5. 青葉横丁 / 静岡市葵区

画像はイメージです

地元の人に「しぞーかおでん」と呼ばれる静岡おでん。
静岡市葵区には「青葉横丁」というおでん街があり、はしご酒ならぬ「はしごおでん」が楽しめます。
濃口醤油と鶏ガラや牛スジでだしをとった真っ黒なスープが特徴で、鰹の削り節をかけていただく静岡おでん。
牛スジやイワシのすり身などでできた黒はんぺんなどの具は、すべて串にささっています。

静岡おでんで「はんぺん」と注文すると、出てくるのは「黒はんぺん」なのでご注意を!

6. 小川港魚河岸食堂 / 焼津市

マグロの水揚げ量日本一を誇る焼津市。
「小川港魚河岸食堂」では、マグロをはじめとした海の幸が味わえるメニューが多数用意されています。こちらは焼津市魚仲水産加工業協同組合が運営する食堂ということもあり、味の保証はばっちり。

休日には観光客も多数訪れるということから、人気の高さがうかがえます。

詳細情報

◆電話番号 054-624-6868
◆住所 静岡県焼津市小川3392-9
◆営業時間 [月~金・日・祝] 7:00~14:00 [土] 10:00~14:00
◆定休日 無休(年末年始・夏季を除く)

静岡県焼津市小川3392-9

3.46 31

7. ななや / 藤枝市

静岡はお食事だけではなく、スイーツも豊富。

藤枝市にある「ななや」の抹茶ジェラートは、藤枝産の抹茶が使用されています。
こちらのジェラートは、1~7段階の濃さが用意されており、最も濃いLv.7のジェラートはなんと世界一の濃さ!

Lv.3がレギュラーの濃さということで、ダブルで注文して濃さを比べてみては?
また、店頭では同じ抹茶を使用したお菓子や、お茶も販売されているのでそちらもおすすめです。

詳細情報

◆電話番号 054-646-7783
◆住所 藤枝市内瀬戸141-1
◆営業時間 10:00~18:00
◆定休日 水曜日(祝日の場合は営業)

8. 石部屋 / 静岡市葵区

きな粉をまぶしたお餅に、白砂糖をかけていただく「安倍川もち」。
その名の由来である安倍川のほとりにある「石部屋」は、1804年(文化元年)創業という老舗のお店。

安倍川もち(600円)は、甘さが控えめの安倍川もちと餡ころ餅が一皿になっています。
淹れたての熱いお茶がセットになっているのも、静岡ならでは。

詳細情報

◆電話番号 054-252-5698
◆住所 静岡県静岡市葵区弥勒2-5-24
◆営業時間 10:00~17:00
◆定休日 木曜日 祝日の場合は前日

あなたも静岡のグルメを食べてみませんか?

いかがでしたか?
東京からも新幹線で1時間半と、日帰りで行くことができる静岡県。お出かけの際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。
今回は静岡でおすすめのグルメをご紹介いたしました。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

がるちゃん食べることと寝ることが好きです

このまとめ記事に関して報告する