• はてぶ
  • あとで
加賀百万石の文化を体験。「界 加賀」にて「山中塗の木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう体験」開催

「界 加賀」では、2022年9月1日から2023年2月28日までの期間、「山中塗の木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう体験」が開催されます。漆器製品の企画から製造・販売を手掛ける「株式会社 西本」の代表・西本 浩一氏と、山中塗の特徴ともいわれる木をろくろで削り出して器に仕立てる挽物木地の技を見学します。その後、木地師に酒器をあつらえてもらい、無垢の木の酒器で日本酒を味わう体験となっているので、ぜひ参加してみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

「界 加賀」にて「山中塗の木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう体験」開催

提供:星野リゾート
「界 加賀」では、2022年9月1日から2023年2月28日までの期間、「山中塗の木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう体験」が開催されます。今回は木地師の工房とその手業を見ることができます。2種類の形の中から好きな形を選んでろくろで削り、形を作っていきます。その時の木を削る音、見る間に形が変わっていく様子はダイナミックで思い出に残る体験となるはずです。
提供:星野リゾート
本来は出来上がったばかりの器を木のまま使うことはできないのですが、今回は特別に木の香りが残る素朴な器を夕食の乾杯に使用できます!出来上がったばかりの器で飲むドリンクは格別ですので、ぜひ体験してみて下さい。

特徴① 木地師が酒器を削り出す技を目前で見学

提供:星野リゾート
宿泊当日、実際に挽物木地の工房にて、まず、西本氏より山中塗の歴史や同じ石川県の「輪島塗」や「金沢塗」との違いや特徴を伺います。その後、2種類の酒器の形から好きな形を選び、その場で木地師がろくろを回しながら酒器あつらえる工程を見学します。ろくろで木を削る工程では、一面にふわっと木の香りが広がり、木目模様を生かした自然な風合いの酒器になります。

特徴② 夕食時、木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう

提供:星野リゾート
通常の工程だと挽物木地の酒器に、拭漆の工程を行い、漆器として完成しますが、特別に無垢の酒器を夕食の乾杯に使用します。木地師があつらえた無垢の木の香りが残る酒器でたのしむ日本酒は格別です。日本酒は、舌触りや、口当たり、香りの華やかさ、しっかりとした味わいをたのしむことができます。

特徴③ 酒器は漆で自分好みに仕上げてもらう

提供:星野リゾート
夕食で木の香りや質感を楽しんだ酒器は拭漆の工程を行うため、一度日本酒を味わった後の酒器を当館のスタッフが預かります。酒器は、職人さんが、茶色・朱色・黒色のいずれかの色の漆で丁寧に仕上げます。仕上がった酒器は界 加賀のスタッフが後日発送。職人さんに自分好みに仕上げてもらった酒器を家でも堪能できます。

滞在スケジュール例

<1日目>
13:00 木地師が酒器を削り出す技を目の前で見学
15:00 チェックイン
16:00 入浴
17:30 山中塗や九谷焼で提供する会席料理とともに、木地師があつらえた無垢の酒器で日本酒を味わう

<2日目>
8:00 朝食
12:00 チェックアウト

詳細情報

期間:2022年9月1日~2023年2月28日の平日 *年末年始に除外日あり
時間:チェックイン初日 11:00~12:30/13:00~14:30/15:00~16:30 のいずれか
場所:工房なかじま(現地集合解散)
料金:1名 12,000円(税込、宿泊費別)
定員:1日 2組(1組あたり 1名~4名)
予約:公式サイトにて7日前までに要予約 *事前に宿泊予約が必要です。
備考:完成した器は後日郵送されます。(約1か月後発送)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する