• はてぶ
  • あとで
【終了】東京の"新"風物詩!光の祭典「TOKYO LIGHTS 2022」開催

2022年9月17日(土)〜9月19日(月・祝)に、明治神宮外苑にて「TOKYO LIGHTS 2022-プロジェクションマッピング国際大会-」が開催されます。今年で2回目となる東京の新しい風物詩で、未来へのメッセージを発信する“光の祭典”であるこちらのイベントは要チェックですよ。(なお、情報は記事公開時点のものです。詳しくは事前に公式ホームページなどで確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

光の祭典「TOKYO LIGHTS 2022」開催

開催期間:2022年9月17日(土)〜9月19日(月・祝)

2022年9月17日(土)〜9月19日(月・祝)に、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館 及び 明治神宮外苑 総合球技場軟式球場にて「TOKYO LIGHTS 2022-プロジェクションマッピング国際大会-」が開催されます。世界最大級のプロジェクションマッピング国際大会を軸とし、先進のエンターテインメントパフォーマンス、そして鮮やかな光のアートなどを体験できますよ。
光の祭典エリアは、演出家・潤間大仁が手掛けるレーザーと最先端のファイバービームを融合させた光の3D体験など、光や音楽を用いたデジタルサウンドアートと、リアルパフォーマンスを組み合わせた没入型のエンターテイメント空間となっています。
序章 光のPORTAL(光のアーチ、TOKYO LIGHTSロゴオブジェ)

序章 光のPORTAL(光のアーチ、TOKYO LIGHTSロゴオブジェ)

第1章 海 -AWAKEN THE SENSES‐(光のレーザートンネル)

第1章 海 -AWAKEN THE SENSES‐(光のレーザートンネル)

第2章 森 –FEEL THE VOICES‐

第2章 森 –FEEL THE VOICES‐

第3章 空 –CONNECT WITH THE WORLD‐

第3章 空 –CONNECT WITH THE WORLD‐

今回は、「CIRCLE OF LIFE」をコンセプトに、陸海空の3つの世界を巡る光の旅を演出します。また新たに、プロジェクションマッピング国際大会のパブリックビューイングを観覧しながら、フードやドリンクが楽しめる飲食スペースも登場予定だそうですよ。
また、1minute Projection Mapping Competitionは世界各国から集まるハイレベルで個性豊かな作品を、同じ会場で一度に見ることができる唯一無二のプロジェクションマッピング国際大会です。世界55の国と地域から集まった241組のエントリーより選ばれたファイナリストによる、1分台という短いプロジェクションマッピング作品が、重要文化財の聖徳記念絵画館のスクリーンにイベント期間中投影されます。最終日には授賞式を実施し、グランプリ他、優秀作品を表彰し、その様子を全世界へLIVE配信も実施しますよ。
いかがでしたか?2021年より始まり、東京の新しい風物詩として未来へのメッセージを発信する光の祭典である『TOKYO LIGHTS』。光のアートや先進的なエンターテインメントコンテンツにより非日常的な体験ができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳細情報

■TOKYO LIGHTS 2022-プロジェクションマッピング国際大会-
開催期間:2022年9月17日(土)〜9月19日(月・祝)
会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館 及び 明治神宮外苑 総合球技場軟式球場
時間:18:00開場/21:00閉場
9月17日〜18日/国際大会(2回公演) 第1部 18:30〜19:20 第2部 20:00〜20:50
9月19日/国際大会(1回公演)・授賞式 19:00〜20:50
公式サイト:https://tokyolights.jp
※入場の際は事前にチケット(無料)の予約が必要です。
チケット受付期間:二次申込(先着)9月2日(金)17:00〜
※申込上限に達し次第、受付は終了となります。
チケット申込み:https://t.livepocket.jp/t/tokyolights2022

東京都新宿区霞ヶ丘町2-3

- 114

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する