• はてぶ
  • あとで
アート系カップル必見♡愛知で叶える、秋のほっこり日帰りデートプランとは

秋の空気に満たされてきた今日この頃。大切なあの人と出かけるなら、愛知県内をドライブで楽しむ、日帰りデートしてみるのはいかが?今回は、県内にあるまったりデートが叶うスポットと、話題の最新おでかけスポット『ジブリパーク』も満喫しちゃう、日帰りドライブプランをご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【9時】名古屋駅で集合!

出発地は名古屋駅付近。電車でのデートもいいけれど、大事な人との時間は一分一秒さえも無駄にしたくないし、せっかく過ごしやすくなった秋の季節を存分に感じたいから、今回はドライブでのデートをチョイス。駅の近くで待ち合わせて車に乗ったら、早速デートへ出発しましょう。

【10時】『愛知県陶磁美術館』で絵付け体験

RETRIP
本日まずはじめに向かうのは、国内屈指の陶磁器専門美術館である『愛知県陶磁美術館』。コレクション総数は8,000点におよび(2022年3月末現在)、その中には重要文化財が3点もあるのだとか。さまざまな特別展・企画展・テーマ展を開催しているだけでなく、イベントの開催や陶芸・絵付け体験も実施しているんですよ。
RETRIP
体験は事前予約無しで参加できます。本格的な焼物作りをしてみたい方は「陶芸」体験を、気軽に陶芸の楽しさに触れてみたい方は「絵付け」体験がおすすめ◎絵付けでは、黒い絵の具(ごす)と赤い絵の具(べんがら)を用いて好きな絵を描くことができます◎なお、焼くと黒は青色に、赤は黒色になりますよ。

※愛知県陶磁美術館は改修工事のため、2023年6月中旬から2025年3月末まで休館する予定です(2022年10月現在)。
※絵付けをした陶磁器は約2週間後に、"焼き"などの作業を経て完成した状態で、希望住所宛に届きます。

【13時】ランチタイムは話題の御うどん屋さんへ♪

RETRIP
見学や体験をして段々お腹が空いてきたなら、そろそろランチタイムにしましょう。本日伺うのは『御うどん 光史』。イタリアンやフレンチ、高級旅館など様々なジャンルで修業を重ねられた店主が提供する御うどんは、創意工夫が詰まっていて、どれを食べようか迷ってしまうラインアップ♪地元でも評判のお店で、TVでも取り上げられているのだとか!
RETRIP
今回選んだのは「トマトと香味野菜のポタージュうどん」と、ベジタリアン対応メニューの「自家製ジェノベーゼの冷たいうどん」(季節限定)。料理のジャンルを超えた、店主の独創的で繊細な味付けに、一口食べれば病みつきになってしまいます♡メニューは豊富にありますので、ぜひ気になったものを選んでみて!(地元で採れたお野菜を取り入れているメニューもあるため、提供時期が限定されるメニューもあります。)

ちなみに、お子さま用セットメニューの用意もあり、セットの中にお子さまが苦手なものがあれば内容の一部変更の相談にも応じていただけるそうです。

【14時半】2022年11月オープン『ジブリパーク』へ♪

RETRIP
おいしいランチでお腹を満たしたら、『愛・地球博記念公園』へ。公園の駐車場に車を停め公園内を進むと、ジブリパークの入り口となる『エレベーター塔』がありますよ。19世紀末の空想科学的なデザインが『ハウルの動く城』っぽい!パークへの期待感で、すでにテンションはMAX♪

『青春の丘』

RETRIP
『エレベーター塔』を出てすぐの階段を登っていくと、まず到着するのが『青春の丘』。雫(しずく)と聖司(せいじ)、二人が出会い、次第に心を通わせていく青春ラブストーリー『耳をすませば』の舞台となるアンティークショップ『地球屋』の建物が目印です。主人公たちの目線で物語の甘酸っぱいシーンを追体験できちゃうエリアですよ♡
RETRIP
バルコニーからは、公園内が眺められ、作品の世界観と現実がリンクする不思議な感覚も感じられちゃうかも。雫と聖司のやりとりを頭の中で思い出しながら、大切な人と訪れてみるのも楽しいかもしれませんよ。

『ジブリの大倉庫』

RETRIP
次に向かったのは、もともと温水プールだった建物を利用して作られたという『ジブリの大倉庫』。ジブリの秘密がぎゅっと詰め込まれた、夢いっぱいのエリアなんです♪エリア内には『まっくろくろすけ』のタイルが隠れているのだそうですよ。
RETRIP
展示されている内容は『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『借りぐらしのアリエッティ』に関するものなど。ちなみに『借りぐらしのアリエッティ』の部屋では、あらゆるものが大きく作られ、自分が小さくなったかのような体験もできちゃいますよ♪

『どんどこ森』

RETRIP
続いて訪れたのは『どんどこ森』。木のアーチを抜けた先に、トトロを模した木製玩具『どんどこ堂』が現れるこちらのエリア。エリア内には、『となりのトトロ』の舞台の一つ『サツキとメイの家』があり、昭和30年代の暮らしを表現したお家の中に入れるんですよ!
RETRIP
『サツキとメイの家』は、2005年に開催された『愛・地球博』のパビリオンのひとつとして建てられた建物。しかも、木造建築の専門家や大工職人たちが丹精込めて建てた"本物の家"だから、床下も天井裏も確かな工法でしっかり建てられているんです。また窓枠には、昭和初期を彷彿とさせる「波打ったガラス」がはめ込まれ、映画を見ているだけでは読み取り切れない"作品のリアルな空気感"を肌身で感じられますよ。
◉ジブリパークには見どころがたくさん!
こちらの記事・特集にもジブリパークの情報や関連情報を掲載しています。もっとジブリパークを楽しみたい方は是非一緒にお読みください。

あわせてこちらの記事もお読みください!

【18時】ネオンが"おもカッコいい"お店で夕食を。

RETRIP
『ジブリパーク』を存分に楽しんだ後は、冷めやらぬ興奮をそのままにディナーのお店へ。今回訪れたのは『新世界酒場 メシランド』。2022年4月にオープンしたばかりで、見た目も鮮やか&味も満足!どことなく懐かしい気分が漂っているけれど、見たことのない度肝を抜く新しさがクセになると、若者の好奇心をくすぐりまくっているスポットなのだとか。
RETRIP
こちらでぜひ注文したいものはたくさんありますが、なかでも外せないのがこちら→「瓶がささっているアレ」「豚バウムクーヘン」「ロッシーニ風ハンバーグ」「こぼれチーズ麻婆豆腐」「究極の出汁巻きサンド」。ひとクセもふたクセもあるアイデアメニューは、ミシュラン一つ星レストラン出身のシェフが考案!見た目からは想像しきれない味わいは病みつきに♡日帰りデートの1日を締めくくるのにぴったりです♡

この秋は愛知でまったり日帰りデートへ♪

RETRIP
いかがでしたか?陶芸・絵付け体験や人気の御うどん、ジブリの世界をお散歩、目も舌も満足な居酒屋など、盛りだくさんに満喫できる愛知の秋。ぜひこのドライブプランを参考にして、これからのデートプランを組んでみてはいかがでしょうか?

関連するリンクこの記事に関連するリンク